イスカンダル計画の実体を知る


シンガポールから陸路でマレーシアに入り、
入国手続きを終えて人混みをかき分け、
SIMをゲットしてタクシーに乗り込み、
目的地の家に到着。

英語勉強している人あるあるで、
自分では全く成長してる実感がない。

だけど

Dear Sir, we found the room you booked
with cigarette smell , it caused by previous
customer. So that we would like to upgrade you
to another homestay with bigger size than you
booked. The location is nearby the homestay
you booked. Do you accept our propose ? Or
you don’t mind to stay at the room with
cigarette smell?

みたいなwhat’s appのメッセージをサクッと理解して
じゃ、アップグレードしといてとか言うのは
今までしてこなかったかも。

最近ちょっと儀式にしてるのが
自分のテリトリーの確認。
着いてすぐ共有スペースに乗り込んでみたり、
ロッジに腰掛けてみたりする。

何が良くて何が悪いかが最初に分かっていれば
その後は快適に過ごせる。
周りの人への挨拶もこの時済ませてしまうこと。

そういえば洗濯物あったなと思って
洗濯機を回し、コーヒー淹れて仕事を済ます。

何事も先手を打った方がその後が楽。
以前はとにかく人の目を避けて、
何事もありませんようにと祈るだけだった。

そのままタクシーに乗って近くの繁華街へ。

ジョホールバルではイスカンダル計画
というのが進行中で、4、5年前ぐらいに
日本でも投資ブームが巻き起こりましたが、
現在は見たところ供給過多の状況です。

ショッピングモールなんかガラーンとしてて
かなり持て余してる感じですね。

ただ国際都市を目指してるだけあって
英語を話せる人が多いです。

たった運河1つ隔てただけの近所なのに、
なんでこんなに格差があるんだろうと、
むしろそっちの方が気になりました。

やっぱ政治とかリーダーシップとか
教育って国を成長させる上で
とっても大きなことなんだなーと。

企業も同じなんだろうな。
教育は企業や個人の地力を底上げする。
語学力なんか正にそうです。

シンガポールはマレーシアに見捨てられて
独立したという経緯があります。
このとても小さな国がどうやって成長したのか、
なんか興味が湧いて来ましたね。

それにしても目立つのが中国人。
以前はしょっちゅうジャパニーズ?と
聞かれましたが、今は普通に
中国語で話しかけられます。

看板やメニューも中国語が多い。
英語よりも中国語の方が
通じるんじゃないかと思うぐらい。

尖閣諸島云々よりも、こういう文化の侵食の方が
脅威ではなかろうかと感じてます。

もっと色んなことを知りたいな。
稼いで、学んで、遊ぶ。

この良い循環を、どんどん広げて行きたい。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)