ちょっと羽伸ばす感覚で国境越えれたバンザイ


んーなんとなく分かったのが、
シンガポールは日本の港区みたいなもんで、
マレーシアは埼玉県とか群馬県に近い感覚。

国境越えてジョホールバルからシンガポールに
通勤する人も多く、相当に混雑しています。
日本の埼京線とかの満員電車に近い感覚かも。

物価はシンガポールの半分以下だけど、
4・5年前と比べると相当発展した印象。

以前のジョホールバルと言えば山賊が出るとか
財布を盗るのに腕を切り落とされたとか、
危ないから行かない方がいいってみんな言ってて、
街も墓地みたいな更地と赤い屋根が広がってただけ。

それが今となってはビルが立ち並び、
人がいっぱい住んでるんだからびっくり。

国が発展するのってあっという間ですね。
この勢いって果たして日本にあるだろうか。

とりあえず行くだけ行ってみようとagodaで
宿を予約して、バス亭で3.3ドル払って乗ってみた。

翌朝メールがいっぱい来てるなと思ったら、
予約したホテルのオーナーからで、
予約したのはホテルじゃなくて一軒家だった。

agodaやbooking.comも民泊の部屋が
リスティング出来るので最近こういう部屋増えたなあ。

バスに乗りながら相手の指示に従う。
なに、What’s appでやりとりしよう?めんどくさー。

前のゲストが部屋でタバコを吸ったから
アップグレードするよとか、ごちゃごちゃと
英語でやり取りをしてる間にイミグレへ到着。

カードが到着するまでの間は書類を見せるようにと
シンガポールの役所で言われたので、その通りにする。
こちら側はあっさりと通してくれた。

そこからもっかいバスに乗って
橋を渡り、マレーシア側のイミグレへ。

ここでは入国理由とか、その書類は
何だとか、何日居るのかとか色々聞かれた。

ちょっと前は「サイトシーイング!(観光)」
としか言えなかったので、まあ慣れたかなという。

3時間ぐらいかかってようやくマレーシアへ入国。
すぐ出た所でインフォメーションのお姉さんに
ATMがどこか聞いてお金を下ろした。

次にシンガポールのSIMを外して、
マレーシアのSIMを売ってる所に行く。

1週間1ギガ分で、20リンギット=450円。
まあいっかということで、深く考えずに購入。

APNの設定がいるだろうから
モタつくのを覚悟してたら、あっさり繋がった。
あれ?じゃあもう言うことない。

行き先を告げるのが面倒だったので
Uber呼ぼうかと思ったら、1.8倍の設定。

ちょっと歩いて位置ずらすのも面倒だし
そのままタクシーに乗り込んで場所を教える。

ずっとGoogle Mapの音声案内を英語にしてたので
そのまま真似してTurn right、Turn leftとか
しゃべったら普通に道案内できた(笑)

そんなに遠くに行ってないんだけど、
私の泊まった所は風呂、トイレ付きで
1泊1500円。やっすー。安いとこ好きー。

宿泊者は白人ばっかり。
ずるいなー英語圏の人は。
どこでも行けるじゃん。

ネット回線の速度は3Mbps~5Mbpsぐらい。
速くはないけど、LINEで普通にテレビ電話できた。

のんびりテラスでこの記事書いて、
メールの返信だけしちゃって、ご飯食べに行く。

日本食のレストランあるよって言われた。
500mぐらい歩いたところ。
安全?って聞いたら大丈夫だって。

もう山賊なんてこの辺りにはいないのか。
ちょっと残念。さんきゅー。

結構テンプレ化してきたな、うん。
どこの国でも行ける気がする。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)