海外1人旅で分かった常識はずれの利益率とは?


140720
私は外貨を稼ぐモデルで
主に英語圏のお客様を相手に
ビジネスを展開しています。

まずポリシーとして
自分の地に足がついている場所で
仕入れを行い、それを他国に売るという
とてもシンプルな方法を貫いています。

今回は諸国巡業ということで
主に新興国を中心に回っていますが、
元々目的のない旅っていうのが
苦手なので、テーマがありました。

日本という国はとても完成された国なので
何でも手に入れることができるんですが、
結果、潔癖症レベルの法律やシステムに
守られているので元々の仕入値も高いんです。

日本から海外へ販売するために
培ったスキームをどうやって他国で
進めて行けばよいのかということを
中心に今回は考えてみることにしました。

もっと深く掘り下げると価格差というのは
マイナーとメジャーの間に発生しやすいです。

日本語というマイナーな言語から
英語というメジャーな言語へも
大きく見て価格差は発生しやすい。

タガログ語、タイ語、ベトナム語などから
英語圏への価格差も同様に発生しています。

言葉は違ってもやることは一緒。
安く買って、高く売る。
できるでしょ?商材が違うだけで。

実際に来てみると、宝の宝庫でしたね。
久しぶりに興奮しました。

体感的には日本で100万円で
始めるビジネスがこちらだと
10万円で始められるという点と、
投資の回収期間が3倍早くなることが
簡易的なリサーチをした時点で分かりました。

日本で会社として行うレベルのビジネスが、
新興国だと副業レベルの自己資金で始められる。
改めて魅力を感じましたね。

あとは生活のことなんですが、
ツアーでも団体でもない1人旅のため、
土地勘が全くないという難点がありました。

フィリピンは以前も来たことがあるので
初めてではないということもあって
なんとかなるだろうと甘えてた部分もありました。

外でネットに繋ぐために課金することを
日本ではチャージ、シンガポールでは
トップアップ、フィリピンではロードって
言いますが初日は店員さんの言ってる意味が
全然分からず繋がらないまま過ごし途方に暮れました。

言葉が分からなくてもGoogleで調べれば
ある程度現地の情報なんて簡単に手に入ります。

やっつけで行って店員さんに話し聞く前に
まずググったのかよ、と自分で反省しました。

飛行機も2日遅れて痛い目見たし、
滞在先も夜は人通りが少なかったため
天候や治安、食べ物と移動手段ぐらいは
ちゃんと確認してから行くべきでしたね。

こんな難しそうなビジネスを
「誰でも出来る方法を考える」と昔から
染み付いた考え方は今も変わりません。

日本にいながら世界を操れるようになる。
全世界戦略が具体化してきました。

【あとがき1】

次はカンボジアかタイかマレーシアに
行こうと考えてるんですが、
現地在住かもしくは拠点をお持ちの
日本人の方がいらっしゃったら
個別にメッセージをいただけませんか?
お待ちしております。
tinyurl.com…

私の読者は海外在住の方も多いみたいですが
異国の地で住んで暮らすなんて
本当に尊敬します。

ご連絡、お待ちしております!


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)