stickyimage

Menu

ゴミの山から宝を見つける中国輸入


こだわりのコーヒーが飲める
お店に連れて行ってもらった時。

私がコーヒーを飲んでいる間、
店主はコーヒー豆を作業台に広げて
丁寧に1粒ずつより分けをしていってた。

アフリカのキリマンジャロにコーヒーを飲みに行った時。
眼下に広がるキリマンジャロ山脈を眺めながら、
飲んだコーヒーは、意外と粉っぽくて
日本で飲んだキリマンジャロコーヒーのが美味しかった。

「やっぱコーヒーって手間の仕事なんですね。」

って言ったら店主は嬉しそうに、
「そうそう!」って頷いてた。

例えば中国から商品を仕入れる時。
傷がついた豆のごとく、たくさんのゴミ商品に出会うでしょう。

日本で普通に買っている商品が
既に選り分けられたものだと知って
購入している人はほとんどいません。

レベルの高いセラーは最初から
不良率を確認してから仕入を行っています。

初心者の人は、不良ゼロのサイトを知りたがるけど、
それなら国内のメーカーの品を扱うべきです。

メーカーの仕事は選り分けなので。
ノーブランド品は少なからずゴミが混ざります。

そのお仕事を深く知りたいと思うほど、
根本から仕入れたくなります。

そうすると、アレこんなはずじゃなかったと
ガッカリすることになるわけです。

作業台にコーヒー豆を並べて
選り分けをしている作業を知らないからですね。

そんな感じで、アリババやネッシーから仕入れると
そういう商品にたくさん出会います。

なんでそんなサイトをオススメだと言って
紹介するんだ!とつい先日お叱りを受けました。

こういうサイトには、少なからずゴミが混じります。
タオバオが最も多く、
中国版アリババは多く、
英語版アリババやネッシーはやや多い程度。

コーヒー豆も、100%使える豆はありません。
生豆をピンセットで選り分け、
焙煎してピンセット選り分け、
ようやく売り物になる豆がお客様に届きます。

「美味い。」

お客様は美味いと感じるコーヒーの味だけ知ってる。
しかし実はアフリカまで飲みに行ってはじめて、
職人の手仕事の違いを実感するのです。

だから、中国輸入をする時は、
ゴミの山から宝を見つける作業をすることが必要です。

まず仕入れて、選り分ける。
そして自社のロゴを入れて、品質の証とするのです。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)

4か月 ago by in タオバオ. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved