無料電話相談


、日本の大手企業は相次いで海外市場に目を向けています。

ハンバーガーチェーン「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは25日、
海外店舗が26日で200店に達すると発表した。台湾・台北市の新店舗が200店目となる。
 同社は、91年の台湾を皮切りに海外展開を進め、
現在は、台湾の154店のほか、シンガポール(24店)、香港(11店)、
タイ(7店)、インドネシア(3店)の計5カ国・地域に店舗を構えている。
毎日新聞 2009年8月26日 東京朝刊より抜粋

高知県を代表する伝統産品の土佐和紙が今、
欧州を中心とした海外の古文書や絵画の修復で世界中から注目されている。
高知県高岡郡日高村にある「ひだか和紙」は
2008年にジェトロの仲介でサウジアラビアとも取引を始めた。
2009年05月08日 ジェトロ記事より抜粋

景気低迷や少子化による国内市場縮小を受けて、
ハウス食品やキッコーマン、味の素などの国内の食品メーカーが海外に活路を見いだそうとしている。
「日本発」の味や技術を武器に新しい市場を創出して、売り上げ増を狙う。
四国新聞 2009年6月27日記事より抜粋

大手企業が相次いで有望な海外市場に目を向ける中、
身近な中小企業の出足が遅いように実感しています。
しかし実は地域企業・中小企業の方が成功する確率が非常に高いと私は感じています。

原因は単純なこと。
・英語が理解できない。
・前例がない。
・トラブルなど不安だ。

これだけ物流が発達した世の中です。
モノは世界中を駆け巡り、インターネットを使えば国内のみならず
世界市場でもあなたの会社は充分に通用する実力を備えています。

私の場合、日本での国内向けネットショップのモデルを基礎として
既に海外市場で成果を上げています。

国内市場と海外市場をセットで考え、
今こそ真剣にグローバルなインターネット市場を開拓したいと思われるなら
無料電話相談にお申込みください。

私が今まで経験してきたことは、主に
・インターネットで利益を倍増させる方法
・日本の66倍の市場規模を持つ海外市場に進出する方法
・100名以上のコンサルティングを行ってきた私の成功事例
これらを中小企業様向けに無料でご相談に応じます。

先見の明をお持ちの会社経営者、起業家の方、
真剣な方のみお電話もしくはスカイプでお話しをさせていただきたいと思います。
私に出来ることを、あなたにアドバイスさせてください。

期間・募集人数は限定させていただいております。
無料電話相談のお申込みはこちらから


The following two tabs change content below.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。