本日投票日。大阪都構想を見てあなたはどう行動するべきか。


確かに住所も二重だよなあと思ってた。

私は大阪には5年住んでたことがあって、
「『大阪市』が抜けてんで」とよく指摘された。

東京の場合は東京都港区、
大阪の場合は大阪府大阪市住之江区、
と「府」と「区」の間に市が入る。

これがまさしく二重行政を象徴しています。
住所の文字数だけ見れば、スリムになるよね。

本日が大阪の住民投票の日。

私は今まで政治には全く興味がありませんでした。
自分の力で変えられるもの以外に関心を持つ
意味をあまり感じられなかったからです。

ところが、この前の政権交代で円安や規制改革の
動きが加速するなど私のビジネスにも大きく
影響が出たので、今はかなり関心を持っています。

つまり、政治の潮目の変わり際には
間違いなくチャンスが眠っているということ。

今回は大阪都構想に賛成か反対かという
とてもシンプルな住民投票です。

私は大阪市民じゃないですけど、
独断と偏見でこの問題をざっくりまとめますね。

会社と同じで、大阪という街も
売上から経費を引いた利益で成り立ってます。

高度経済成長期の大阪は儲かってました。
売上が大きくなれば付き合いも増えます。

あなたもFacebookやLINEのグループを
持っていませんか?

交流を増やせば色んなグループに招待されたり
グループの中で仲良くなった人とまた別の
グループを作ったりもすることでしょう。

んで、グループが増えすぎてワケわかんなくなった。
だからスリムにしようよってのが
私が考える大阪都構想の第一段階ですね。

グループを再編したとしても、
付き合う人の数はあんまり変わりません。
人間関係を少し整理するぐらいでしょう。

整理した分、余裕ができるので、
それが終わってから新しい友達作ろう!

ということで、今回の大阪都構想の焦点は
人間関係の整理や経費節減の話しが中心です。

つまり、収入は変わっていないし、
整理してから増やしていこうということです。

じゃあどうやって増やすのか。

具体的には2期地区の再開発で梅田駅の裏側にも
人が回るようになって人の流れを活発化させる。

高速道路や鉄道を繋げて交通の巡りを良くする。

んで、色々議論のあるカジノ構想です。
付随して観光産業への注目があります。

シリコンバレー最強のベンチャーキャピタリストの
ベン・ホロウィッツという人物がいます。

著作「HARD THINGS」をキンドルで読んでるんですけど
彼は経営を2種類に分けて考えてます。

それが「平時のCEOと戦時のCEO」です。

高度成長期の場合は右肩上がりなので
問題解決も、ぬるりとかわすことができます。

慌てても良いことがないので、時を待つ。
みんなが色めき立ってるのを抑えるのが中心。
それが平時のCEOの役割です。

私は最近おっとりしてますけど、
別にボケてるワケじゃないですからね(笑)

平時のCEOは温厚じゃなきゃいけない。
時代に合わせて性格も変えられなきゃいけないんです。

ところが、会社の存在そのものが脅かされるような
とんでもない事態が訪れることがあります。

大阪などの行政の場合はよく出来た組織だし、
規模が大きいので、一瞬で消滅することはないけど
中小企業の場合は十分そういうこともありえますよね。

そんな時「やべえ!」と立ち上がるのが戦時のCEO。
ああ思い出すだけで胃がキリキリ痛む(笑)

こういう時は、のんびり構えてても仕方ない。
黙って倒産するぐらいなら、後で後悔しないように
やるだけのことをやり切るって覚悟で挑みます。

泣いたって誰も助けてくれないから自分でやろうと。
つまり、ここで必要なのはリーダーシップなんですね。

オオカミ少年の話じゃないけど、ある日突然
1人で騒いだってみんなポカンとしてたりします。

平和な時代が長く続いた時ほど、
なんとかしなければという危機感を伝播させるためには
気合と情熱と手数をこなす以外に方法はありません。

どれだけ失敗して批判を受けても前進しようという気持ち。
その戦時のリーダーを、応援するかどうかの話しです。

ということで、つまりはこの住民投票は、
橋下徹さんに賭けるかどうかだと。

橋下さんが、好きか嫌いかだと。
そういう話しだと私は考えてます。

大阪は戦時なのか、平時なのかを
見極める判断基準にもなります。

で、どっちでも良い意見は無いのと同じ。
だからここは橋下さんの1000分の1ぐらい
批判を受ける覚悟で言うと、私の判断は賛成ですね。

さて、戦時になると面白くなります。

曹操は一言でいうと、悪知恵の働く悪いヤツだった。
「天下が乱れる時に彼のような人物が必要だ」と
大尉の橋玄は曹操を高く評価しました。

ここから三国志の物語は始まります。

この機に乗じて乱世の奸雄が、大阪に降り立つか。
都構想時代の英雄は、あなたかもしれません。

sidufhgs


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。