価格差の見つけ方が分からない!?んなアホな!


「吉田さん、その価格差の探し方が分からないんです!」

昨日の記事でそんな感想をいただきました。
私には、その感覚が理解できません。

価格差はあらゆるところにあります。
スーパーで缶コーヒーを買えば70円。
自販機で買えば130円です。

飲食店でコーラを飲めば300円。
ホテルのラウンジでコーヒーを
飲めば1000円です。

価格差を見つけるのが難しいと
思ってるから見つからないだけで、
価格差なんて、せどりなんて、
転売なんてありきたりだと思うから
探そうとしてないだけです。

それは出かける時に「あれ財布どこやったかな?」
って考える想像力とよく似てます。

地球上のあらゆる場所に
あなたの財布は存在する可能性があります。

130528_Potential-thumb-640x360

「無い」と思うと見つからなくて
「ある」と思うと絶対見つかる。

アフリカには絶対ない。
親戚のおばちゃんトコにも絶対ない。
財布のスイカ使って最寄り駅を降りたから
家の中には絶対あるはず。

カバンの中か、テーブルの上か、
どっちかしかない。

あった!さ、出かけよう。

きっとこのような予測動作は
きっと誰しもがしてるはず。

価格差も同じで、「無い」と思うから見つからず、
「ある」と思って絞り込むから見つかるんです。

財布を探したいという衝動(やりたいこと)
どこにあるかを見つけ出す(ニーズの根拠)
これがマッチした時、価格差は自ずと見えてくる。

私が自分の殻に閉じこもり、
「答えは自分の中にある」
と言ってるのはそういうこと。

自分の中に財布を探したい、
これを売りたい、という気持ちがなければ
探したいという情熱が沸きません。

次に、短絡的に始めてから考えるのではなく、
ニーズがあるのかを調査して、マッチする
データをしっかり分析するから
始める前に売れることがわかるんです。

そしてそれは「ある」と
思って探せば必ずある。

星の数ほど取引があって、
一個も無いなんてありえない。
ありえないでしょ??

ではなぜみんな儲からない仕事をするんだろ?

みんな自滅していくんだろう。
本気で私にはそれが分かりませんでした。

人は「もらった仕事をやっちゃう本能がある。」

これだなと。

ほとんどの人が、自分から見つけに行くよりも、
誰かに見つけてもらったことをやるんです。
その方が「一見、ありがたい」から。
目先のことばっかり一所懸命やってるんです。

昨日の供給連鎖の話しを思い出してください。
誰かが損するビジネスは長続きしません。

ところが、目先の儲け話には食いつきます。

国が儲からないのに補助金が
出るビジネスはどうでしょう。

例えば太陽光発電は固定買取制度で
なんと早期に設置をしていれば
20年間、国から買取保証がついています。

要するに一度、山をボウズにしてパネル置いときゃ、
20年間国が売上を保証してくれるというもの。
visual_kaitori
tinyurl.com…

例えば平成24年は10kw以上の電力を
売電する場合の1kwh当たりの
売電価格が42円でした。

141223

これが売上となります。

電力を産み出すための仕入(売電設備導入コスト)が
例えば800平方メートルの田んぼだとします。

141223

いつもサイトを見させて頂いております。
大変に勉強になることばかりで売電設備導入にあたり非常に参考になっております。
見積金額についてご意見を頂けないでしょうか。
私は農地に太陽光パネルを設置しようと考えております。
土地は約800平方メートルの田んぼです。
造成工事等を行いコンクリートの基礎を作って架台を建てることになります。
また、防犯等のためフェンスも設置予定です。
費用の方ですが、以下のとおりです。
・パネル ソーラーフロンティア SF165-S 324枚  約53kW(申請は49kW)
・インバータ・保護装置 ソーラーフロンティア KP55MJ4SS 9台
・その他部材としてソーラーフロンティア専用配線部材、4段10度架台、設置工事費、その他材料費
ここまでで費用は1650万円
この費用に土地の造成費用として
・埋め立て費用
・コンクリート基礎
・型枠組
・重機費用
・防草シート敷設費用
・仮設工事費用
・フェンス工事
などで約300万円の費用です。
合計しますと約1950万円の見積もりです。
複数社見積もりを頂きまして、今のところ上記金額が一番安価でした。
土地の造成等費用は除くとして、特にソーラーフロンティアのパネルやパワコン等の費用として今日現在の相場と比較し、妥当であるかどうかについてご意見をいただけないでしょうか。
また、年間予想発電量ですが、シミュレーションによりますと62000kWh弱との積算だったのですが、この数値についても妥当でしょうか。
長文で大変失礼いたしました。
お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

ご質問ありがとうございます。
「田んぼを農地転用してソーラーフロンティアを設置するときの価格は妥当か?」
とのご相談ですね。
まず、金額は適正だと思います。
発電量予測につきましては場所がどこかわからないので何ともいえないのですが、全国で一番日射量が多い山梨県で計算すると真南向きの10度であれば63,000kWhを超えます。
でも仮に東京の八王子で計算すると56,000kWh位に同条件でなります。
農地転用がちゃんとできるといいですね。

上記の例のように、
造成工事のコンクリートの基礎を作り、
埋め立て費用や重機の費用、防草シート、
防犯のフェンスも設置にコストがかかります。
見積もりを出すと約1950万円。

南向きにパネルを揃え、角度を30度に保ち、
日射量を最大化させたとして、
年間予想発電量は62000kwhの予想。

62000kwhX42円=260万4000円。
約260万円X20年=5200万円。

田んぼをソーラー発電設備に変えたとすると、
8年で元が取れて、その後12年間利益が出ます。

5200万ー1950万=3250万円。
20年で3250万円儲かる計算です。

これが価格差をリサーチするということ。
そして、リサーチを終えたら、
「どうやったらできるのか?」を
出来ると思って考えるということです。

20年間売上が確定してんですよ。
そんなボロい商売ないでしょ。
あとはやるだけ。

空き缶を役所に持ってったら20年間ずっと
1個100円あげますって言われてんのと一緒です。

毎日スーパーで缶コーヒー山ほど買って、
みんなにもたらふく飲んでもらって
空き缶役所に持ってくだけで稼げます。
みんなめちゃめちゃ喜ぶでしょう。

差益30円で満足するならそれでもいいし、
日本中の自販機の缶ゴミ拾えばもっと儲かります。
そのくらいのレベルの話しです。

山の買上やパネルなどの
設備費にカネがかかります。
あなたには元手がないかもしれない。

しかし、補助金が出ると知ってるので
銀行が喜んでカネを貸します。
土地所有者が喜んで土地を貸します。

みんな信用がなきゃ
カネ借りれないと思ってる。
だから諦める。

アホかと。

利益出る証拠があれば、
担保ナシでも銀行はカネを貸しますよ。
親でも友達でも一緒です。

ざっくり言って10年で返済できるので、
残り10年が利益です。
これは誰でも出来るビジネスです。

やってる人は全員左うちわです。
書くなと言われたので書きませんでしたが。

で、やるかと言われたので私はやりませんでした。
やらない理由が分からない人は本当に
昨日の記事を目に穴が空くほど読んでください。

私から見ると、あっったり前の話しです。
物販やる人は当然に同じ考えだと思ってた。
でも大半の人が違うみたい。

では、なぜやらなかったのか。

それは太陽光発電は国が「儲からない」からです。
補助金をもらう企業は儲かるかもしれません。
不動産の売買や機械の据付業者も儲かるでしょう。

しかし国が儲かりません。
太陽光発電は再生可能エネルギーとしては
聞こえは良いかもしれませんが、
儲からないビジネスなんです。

ということで、今回も買取制度の見直しが行われました。
141223
tinyurl.com…

具体的には電気の買取期間と
買取価格が下がりました。
3年連続で下がっています。

経済産業省は企業が太陽光発電でつくった電気について、電力会社が買い取る際の価格を引き下げる。来年1月から第三者委員会が価格の決定に向けた議論を始め、2015年度は初めて1キロワット時あたり20円台になる見通しだ。3年連続の引き下げで、再生エネルギーの普及が太陽光に偏らないようにする。一方、九州電力と東北電力は来月から太陽光の買い取り手続きを再開する。

 経産省は18日、認定済みの再生エネを電力会社がより多く受け入れられるようにするため、太陽光などの発電を制限しやすくする新ルールを発表した。無補償で制限できる対象を500キロワット未満に広げ、時間単位で制限できるようにする。

発電制限を頻繁に求められると事業の採算が合わなくなる可能性があり、参入にリスクを伴う。九州電力管内で太陽光発電を手掛ける再生エネ事業者は「現状ではやむを得ない」とため息をつく。福島県の再生エネ事業者は「仮に2カ月の間制限されたら利益がなくなる。稼働率を勝手に電力会社に決められたら売電益を見通せなくなる」と憤った。

 ソフトバンクも今後の制度の運用について「むやみな制限につながらないよう、事業者側がデータを確認できる情報公開の仕組みを整えてほしい」と求めた。http://tinyurl.com/p2u7fxn

しかし、申請が早かった人はそのままです。
じゃあ、早く動いた人はラッキーだったのか?

いやいや、今後20年で日本が
のっぴきならないトコまで来たら
事情も変わるでしょう。

のっぴきならない事情とは何か。
具体的には国家の「緊縮政策」です。

t1larg.protest.afp.gi

緊縮政策を取ると一部約束が破られます。
なぜ破る必要があるのか?

それは太陽光発電という
エネルギーに「価格差が存在しない」から。

国がこの制度を続けてて儲かるのかどうか。
私が調査したのは唯一そこだけです。

再エネ6900万kWの負担は38兆円!太陽光のFIT認定は一時的に停止を

img_81534350e4f78126089f03bed9dfcfe040075

新エネ小委で示された資料によれば、3月末までに資源エネルギー庁に認定された再エネの設備は既に6900万kWに達している。今後の賦課金水準は、これら認定設備のうち実際に運転開始(運開)する設備量に依存するが、仮にこれが全て運転開始(運開)すると年間賦課金総額は1.9兆円である。買取期間は10~20年間続くため総額38兆円の国民負担による売電収入を再エネ発電事業者に既に保証してしまったことを意味する。これは国民一人当たり38万円の負担である。http://wedge.ismedia.jp/articles/-/3962

我が国の固定価格買取制度に
関する費用負担見通しとその抑制策の検討
141223
tinyurl.com…

全員が儲からない
ビジネスは早晩崩壊する。

国以外の人が全員儲かっていたとしても、
国も儲からなきゃ無くなるんです。
「全員」というところが非常に重要です。

関わるヒト・モノ・カネが大きすぎて
潰せないからギリギリまでは持ちこたえます。

Too big to failモデルです。

破綻させると経済が大混乱に陥るから救済せざるを得なかったというのが救済の論理である、言い換えれば、これらの銀行は破綻させるには大きすぎる、「Too big to fail」であると。http://www.dir.co.jp/library/column/090729.html

価格差がない事業は補助金もらえて
手堅そうな事業でも私はやりません。

真に価格差が取れて国も企業も個人も儲かる
Win x Win x Winなビジネスを探しだす。

価格差を徹底的にリサーチすること。

これで8割が決まります。
これが見つかれば残りの2割なんてテキトーでいい。

もっとインパクトのある言葉を使うと、
価格差さえ見つかれば、仕事なんて
三勤二休(週3日、出勤2日休み、2日定休日)
でいいってことなんです。

儲かる場所に、例えば人集まる渋谷の
スクランブル交差点の角地にでも店出せば、
どんなモノを出しても、ほぼ売れます。

飲食にするのか、物販にするのか、
旅行代理店にするのかなんか
あんまり関係ありません。

当たり障りないことだけすればいいんです。
ここの「詰め」だけを私は徹底的に見ます。

割安で稼げる場所、そういう場所を
見つけることが先決です。

場所っていうのは物理的な場所もあれば
ネットのような仮想の場所もあります。

どの場所で、何を出すか。

これで8割決まっちゃうということです。

残り2割はオマケです。
あなた、まさかオマケに全力出してないですか?

4年前、知人でとても貧乏で、
超ビジネスセンスが無い若者がいましたが、
今は都心の一等地にマンションを持ってます。
現金一括で買いました。

相変わらずズレたことやってます。
従業員もたくさん離職してます。
ウェブサイトもショボすぎる。
メールの返事も遅い。電話でない。

でも、それだけ成功したのは
「儲かるキーワードでPPC広告出したから」
どんだけ聞いてもそれ以外の答えはありませんでした。

ライバルがいなくてニーズがある商売すれば
どんだけビジネスが下手くそでも、
センスが無くてもサボってても
ある程度は成功します。

問題は非常に真面目な人が、
価格差を探す作業をおろそかにして
儲からない商売ばかり請け負ってることです。

あなたが必死になるのはそこじゃない。

価格差を探すこと、リサーチをすることに
全力を尽くさないといけないんです。

就職活動でも同じです。

現状どのくらい給料がもらえるかで
転職先を探すのではなく、
その会社の扱うビジネスの価格差が大きいと
あなたが判断したら、最低賃金でもいいから
何としてでも入れということなんです。

よっぽど下手なことをしない限りは
入ってしまったもん勝ちです。

目先の仕事(出口)よりも
ニーズ(入口)の調査の方が圧倒的に大事。

価格差が大きいビジネスをすれば
1.ブラック企業にならず、定時で帰れる。
2.ビジネスは儲かり、次のビジネスを模索できる。
3.家庭は円満で、旅行にも行ける。
4.体調は良く、病気知らず。

そういうことでしょ?????

すぐには見つかりませんよ。

自分のやりたいことが調べてみると
ニーズが全然ない場合もある。

だからって言って、闇雲に営業活動したり、
手数増やして日銭を稼ぐ方のが、どれほど
後々苦労をすることになることか。

それなら、じっくり価格差を探した方が、
永年にわたって安定を手に入れられます。

マネジメントもマーケティングも
製造業もマーケッターもスキームは全部一緒。

これだけの能力がある人ばかりなのに、
なんで局所的にしかモノを見れないんだろう??

セールスは抜群なのに売ってるものが石ころだったり。
モノが抜群に良いのに砂漠の真ん中で売り始めたり。

なぜだ。なぜなんだ!?

私にはそれが分からない。

もっと真剣にみんな、
価格差と向き合うべきです。

必ず「ある」と確信して。

そして、日本国家にメリットがあって、
あなたも儲かるビジネスを探すんです。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)