ビジネスチャンスと保育園の運動会、あなたはどっちを選びますか?


「知り合いがSOHOさんに在庫持ち逃げされて。。」

ビジネスしてるとこういうことはよくあります。
過去私も同じような経験がありました。
(その人の4倍ぐらい私のが額大きかったけど)

1人でビジネスしてるうち、
全員に目が届くうちはいいんだけど、
やっぱりある時はあるもんですよね。

大抵の場合、ビジネスの設計に問題があります。

ビジネスは大きなサプライチェーン(供給連鎖)
で出来ています。

Franchising Concept

Win x Winの関係が良いってよく言われてるでしょ?
ビジネスは1つ1つの取引の大きな連鎖で出来てます。

1つのビジネスの輪の中で、
誰か1人でも損を続けてると
そのビジネスはいずれ崩壊します。

仕入、出品、メール対応、落札、発送。
1連の取引に5つの部門があるとします。

1つの取引の利益率が20%だとすると、
全部自分でやればこの20%は全て
自分の手に入りますけど、誰かに仕事を任せると
全員でこの20%を分け合う形になります。

月商100万円なら月の利益は20万円。
これだと1人で全部こなすレベル。

月商1000万円なら月の利益は200万円。
5部門に20万円ずつ支払って、
余った分を管理費や仕入、内部留保に回します。

こういうお金の使い方をすると
みんなそれぞれ頑張ろうという気持ちになる。

物販の価格差もそうだけど、
働く人の給料も全部相場があります。

もし、そのうち発送を行う人だけ
極端に低い給料で働かされてたりすると
全体の利益から取り戻そうとする力が働きます。

1915297_1362022704

いわゆる、持ち逃げや横領ですね。
たった1部門にそういうことがあっただけで
全体のビジネスが崩壊します。

だから、その人の能力や仕事の質に応じて
均等に配分し、Win x Winにするのはとても大事。

均等っていうのは職業の相場ですよ。
相場以上に払う必要はありません。

奪い合うんじゃなくて、力技で獲得するんじゃなくて、
均等に分け合えるレベルを探ること。
これが、バランス感覚というものです。

最初は、このバランスが分からないので、
歪みの調整に苦労したりします。

それがピッタリハマると、
色々と楽になってくるようになる。

ではもっと輪を大きくしてみましょう。

取引先や購入してくれる相手のことがある。

利益率を高くしすぎたり、
取引先が儲からないのに受注だけ
いっぱい取ってしまったりする。

そうするとその取引はいずれ無くなるでしょう。
内輪の組織だけでなく、外側にも
このバランス感覚って大事になってきます。

そういう取引のバランス、
ビジネスのバランスばかり見てきましたけど、
最近、別のバランスにも注目するようになりました。

最初に気づいたのは心と体のバランス。

古舘伊知郎トーキングブルース2014で
古舘さんも言ってましたけど、
視聴者からもらう感想の95%以上が
誹謗中傷だそうです。
141222

毎日100本以上やってくるという視聴者からの電話・メール。それを翌日必ず目を通すというが、「95%以上が誹謗中傷」。内容は「古舘バカ死ね」。古舘は「そりゃ傷つくよ、メッタ打ちされるからな」と言いつつも、そんな心ない声にも「強烈な俺のファンじゃないか。ありがとうありがとうって無理矢理言い聞かせる」らしいのだ。そして、今年ネット上で炎上した「小保方さんのSTAP細胞のときの、古舘がパワポ知らなかった騒動」にも触れ、「パワポ知らないから何だっつうんだホントに!」と反論。「いちばん頭きたのが、『歳も歳だから仕方なくね?』って。バカヤロー! 上から目線で言いやがって若者よ」と、ここぞとばかりに叫んだ。http://lite-ra.com/i/2014/12/post-722.html

ビジネスが成功すればするほど、そして
目立てば目立つほどこういう声は大きくなる。

見てる人の母数が大きいテレビだからこそ
誰かがなんか言いたくなるんでしょうね。

そういうことがあると
すっごい心のバランスが悪くなるので
外に飲みに行ったり浮気の1つや2つもしたくなる。

お金も欲しいけど、なぜか
「褒められたい!」という訳ワカラナイ
衝動にかられたりするんです。
心がすさんでるからですね。

風俗嬢がホストクラブで
散財するのと同じ理屈です。

稼いだ分だけ吸われてる。
その循環と呼吸そのものが血みどろです。

稼ぐことは大事ですが、
私が最近目立ちすぎ、稼ぎすぎに
ブレーキかけてるのはそういう理由です。

こういうのに組織全体の鬱憤が貯まると
それこそタチが悪くなります。
これは伸びてる会社に多いです。

ノー残業やブラック企業から脱却すると
業績が伸びたというケースがあるけど、
個々人のパフォーマンスが向上するという
報道を耳にしたことがありますよね?

見た目労働時間は減るけど
生産効率が上がるからです。

次に体のバランスですね。

私は普段の仕事はノートパソコン見てるか
スマホみてるかのどっちかです。
これは体を内側に丸め込んでる姿勢。

naked-boy-with-laptop

さっき母と話しをしてたら
家事もほとんど前傾姿勢が多い。

体を開くスポーツやストレッチをしないと
バランスが崩れて仕事にも影響してきます。

体調管理や健康も大事なんです。

あとは家庭環境。

女性と男性はそもそも考え方が違います。

オリエンタルラジオの中田敦彦さんも
言ってますが、女性は家族が一番、仕事が二番。
男性は反対で仕事が一番、家族が二番だと。
1417485608-b217a155434812b488c0aa5a2885c7f4

僕は、家族のために外でバリバリ働くということが夫の最大の務めだと思っていたんです。家にはあまりいられないかもしれないけど、そうやって収入を増やすことが家族のために一番だし、嫁も暮らしやすいだろうって。
そしてこの考え方って、男性からすると結構納得感があるんですよ。
(ここでママスタ女性スタッフから「えー?!」」という声が)
女性からすると「えっ?」て思うかもしれないけど、こういう風に考える男性は多いと思いますよ。
僕の場合でいえば、家族の生活を支えるために仕事を長時間頑張り!、先輩に飲みに誘われても断って家に直帰し!、女遊びもしないし、趣味に費やす時間もほとんど削っているんですよ!
僕は家族のために本当に頑張っていると、もう夫として全うしていると思ってました。他に何が出来るんだろうって。
でも嫁からしたら、「その仕事を減らしてくれ」っていうことだったんですよね。
そこには考えが及ばなかったです。http://select.mamastar.jp/2014/12/13/22939/

男性の30代、40代といえば
脂が一番乗ってる時期。

女性の30代、40代といえば
子供が小さく、今が一番可愛い時期。

「ビジネスチャンスと保育園の運動会。」

男性は迷わずビジネスチャンスを選び、
女性は迷わず保育園の運動会を選びます。

ここにもバランスがあります。
男性はビジネスチャンスを削ってでも
運動会に出席した方が良い時があります。

女性は子供の晴れの舞台の
一度や二度の旦那の欠席を
許した方が良い時があります。

仕事、家庭、健康。
それぞれのバランスを完璧に取ってこそ、
あなたの人生が幸せになる。

では、
なぜあなたの会社はブラック企業なんでしょうか?
なぜあなたのビジネスは儲からないんでしょうか?
なぜあなたの家庭は崩壊寸前なんでしょうか?
なぜあなたの体調はすぐれないんでしょうか?

根本にあるのは、価格差です。

価格差があるから利益が生まれる。

利益が生まれるから、生活が成り立つ。
生活が成り立つから、分け与えられる。
分け与えられるから、幸せになれるのです。

良い市場、良いビジネスであること。
小さな価格差よりも大きな価格差。
少ない個数よりも大きな個数がいい。

それで十分な利益を分かち合う余裕と
ビジネスの設計図があること。

価格差があるからバランスが取れる。
上流のビジネスであること。

上流とは、衣食住を指します。

生活のために必要不可欠なもの、
ライフラインやインフラのことです。

その他にもあらゆる場所に価格差は存在します。
より大きく、安定した市場が良いに決まってます。

価格差が無くなると、
お互いの食い合いが発生します。

何を選ぶか。誰を選ぶか。

それで全てが決まります。
もっと真剣に考えてください。

幸せとは、バランス。
バランスの根幹は市場を見る目、人を見る目。

鍛えよう、あなたの幸せ感覚を。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)