英語でpython


「ググれカス」という言葉が一般的になったように
とにかくググればなんでも出てくる時代です。
(いや一般市民までは認知されてないか)

ググれとはGoogleで検索しろという意味で、
カスは人に聞く前に自分で調べろという意味。

ところがコレ、お題が明確な場合は
検索ワードも頭をヒネれば出てくるもんですが、
そもそも何を聞けば良いか分からない場合は
探しものすら出来ません。

だから、勉強してます。

私は常に、目的から逆算して行動しています。
学歴はそんなに高くありませんが、
ビジネスではだれよりも成功したと自負してます。

なので「結果を出す」という意味では
我流ですが絶対的な自信を持っています。

オンラインの講座を取って
自宅でも学べる時代が来てますが、
測ってみると思ったより頑張ってなかったので
1日最大3時間はプログラミングやろうと決めてます。

私が作業時間の記録に使ってるのは
Be Focusedというアプリ
goo.gl/9YDpRz…

ちょっとアプデ催促がウルサいですが、
「頑張ってるのに結果が出ない」と
感じてる人は使ってみてください。
実は頑張ってないのかもしれません。

私の場合は英語でpythonの講座を取ってます。
とにかくわからない部分は眠たくなるし、
全然集中できません。

英語を学んで感じたことは、
「気にしない人ほど伸るな」ってこと。
全然分からなくても聞き流せるぐらいがちょうど良い。

ところが昨日、自分でも震えるぐらい
バババっと目の前の視界がひらけた出来事がありました。

phthonの講座が、本題に入ったのです。
今、私はスクレイピングの講座を取ってます。

いま、世界では情報を探しやすくなっただけではなく、
情報が爆発的な勢いでアップロードされています。

ホームページを持ってないという会社は今もう無いでしょう。
昔はネットに載せてない企業もたくさんありました。

ということは日本全国、もちろん世界中でも
住所情報や会社情報がインターネットに
上がっているということ。

それら情報を高速でデータ収集するために、
プログラミングのスキルは外せません。

しかも、私は人に言えない自分だけの
データベースを作りたいと考えてます。

これで実現すると思ったら、
ワクワクして眠れませんでした。

さすが海外のプログラマの人気講師は
単純明快で高速な方法を教えてくれました。

もちろんiterate(反復する)とか
専門用語は1つ1つ翻訳しながらなので
普通に学ぶ3倍ぐらいは時間かかってます。

それを差し引いても、今のうちに
やっとく価値はあるなあと。

掛けた時間の分だけ成長します。
人によって差はあります。

早い人もいれば、遅い人もいる。
だけど、掛けた時間の分だけ
能力は上がることはあっても下がることはない。

目的をもって、学習してください。
時間を、記録してください。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。