ターミネーターに追われている感覚


隠すより、広める方が幸せになれる時代。
それに心がまだ追いつかない黎明期。

それが21世紀初頭。

これから個人情報はおろか、
位置情報も家族や信条などの機微な情報も
連番付けられてオープンになっていく。

エンジニアの中には未だに
情報が抜かれるのを恐れて
ガラケーにしてる人もいるけれど
(スマホのセキュリティは非常に甘い)
近い将来、ガラケーが無くなり、
見の隠し場所も無くなるでしょう。

アメリカではスマホ経由での買い物総額が
700億ドル(7兆円)です。

調査会社の報告に寄ると2018年は3倍になり、
1730億円(18兆円)になる予想。

なんかもう当たり前すぎて忘れてました。
私達は追い風をずっと受けています。

風向きを間違えてスピードが上がらないことはあれど
チャンスの近くにいる限り、必ず成功する市場です。

ただ、それだけ伸びてる市場でも
10年前と今では環境が大きく変わってきています。

パソコンからモバイルへのシフトもそうだけど、
それ以前にトラフィックの激増が凄いです。

Webサイトの数、商品の数、つぶやきの数など、
あらゆる情報が「アップロード」されていて、
その数が膨大になってきています。

二番煎じ、三番煎じのノイズデータも上がっていて
オリジナルを発見しにくくなっています。
なのでリサーチも目視でする時代では無くなりつつあります。

商品寿命や、情報の寿命はどんどん短くなっています。
今までは5年という感じでしたが、3年周期になりつつある。

3年の間に大きく稼いで、
その後撤退しなきゃいけない。
かなりの体力を使います。

追いつかれるスピードが
近年、早くなった気がする。

それこそターミネーターに追われてる感じ。
人間じゃないスピードってことです。
ならこちらもギアを上げる必要があります。

ただし、上がり相場の商品は違います。
総量が決まっていて、目利きが必要なジャンルは
これからもニッチな市場で生き残るでしょう。

データサイエンスの時代で、
人工知能が活躍しますが、
彼らがなんでもやってくれるワケじゃありません。

中2病っていうのかな、AIって
「何かを与えてくれればなんでもやりますよ」
ということなんですよね。

だから、量産に持っていく前の
仕掛りは人間がやらなきゃいけないし、
何をさせるかを決めるのも当面人間です。

何にビビビと来るのか、
何がワクワクするのかを知ってるのは人間だけで、
だからCDが売れなくなってライブが流行るのかなと。

私の今年のテーマである
「アイディアは移動距離に比例する」と
同じじゃないかなと考えています。

セミナーでもいいし、旅行でもいいし、
あなたも一度冒険してみることをオススメします。

ていうのも最近、オンラインのウェビナーで
人工知能講座のサンプルを受講してみたんですが、
日本だと30万円ぐらいする100時間ぐらいの講座が
なんと10ドルで受けられちゃうんですよ。
(もちろん全部英語です)

しかも、レビュー数が桁違いの1万187件もあって、
評価が星4.5もついてるんですよね。

ズルいわ。こんなん身につけたら
タダみたいな値段で天才になっちゃうじゃないか。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)