LAMPを学校に例えてみる


今の時代って、本当になんでも
お膳立てがされてて便利な時代だなって思う。

昨日は家族でスッポン鍋を食べに行って
珍味だなあと舌鼓を打った。

「昔は近所でもスッポンが取れたんだけどなあ」

なんつって父親が言う。
スッポンもカニも松茸も取り放題。
お宝が身の回りにざっくざく。

不便さをどんどん便利に変えてく、
すごく良い時代だったんだろうなあと。

今はコンビニに行けば大抵のものは手に入るし、
生活に必要な物はネットで買える。

不便さを感じないぐらい便利になった。

インターネットの世界も昔はちょっと外へ出かけると
電波と電源を探しながら歩いていたけれど、
そういうこともなくなって、とても便利になった。

でも、そこには必ず縁の下の力持ち的な
存在があって、あなたが快適に過ごせるように
日夜努力を欠かさずにしてる。

レンタルサーバも今では本当に使いやすくなって、
契約してボタンをポンと押すだけでWordpressが
インストールできるようになったりしてる。

ボタンをポンに慣れてると、
その土台になってるサーバーを動かしてる人の
苦労に触れる機会があまりなくなる。

ここ数日はOSのインストールを
10回ぐらいやり直して、ゲンナリ。
学校をイメージしてもらうと分かりやすいかな。

PHPやHTMLがチョークで、MySQLが黒板。
学校の先生として授業を教えるだけならこれでいい。

だけど、学校を作るとなるとこれじゃダメで、
授業参観やってるのはこの教室ですよーって
開放するのがApacheというやつで、いわゆるWeb。

3年1組を開放するよって役割がポート。
教室や職員室に入れる人を区別するパーミッション。
職員室もあれば体育館もある校舎全体を表すOS。

学校があって初めて授業参観にやってこれる。
いろんな人が関わって初めて出来るんだなあと。
またこれそれぞれの専門家のスキルが凄い。

職員室に初めて入った時の、あのドキドキ感も
すぐに呼び出しをくらった生徒に変わる。

ユーザーがボタンをポンで
何でもできるようになるんだけどな。

無駄なことをたくさんやってるし、
遠回りもたくさんしているけれど、
まあ、ある程度のことはできるようになってきた。

あと一息のはずなんだけどな。
ちくしょう。

7266250916_a0816365d8_z


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)