給与.jpのビジネスニュース第18号

p>最後までお読みいただいた方に「本物」の就業規則を無料でプレゼント致します!

みなさんは本物の就業規則を見たことがありますか?

そもそも就業規則ってなんでしょうか。

就業規則とは会社の法律。

いわば会社で従業員が守らなければならない事項をまとめた大事なものです。

日本国の法律が憲法の内容から外れてはいけないのと同じように、

会社の法律(就業規則)も労働基準法から外れてはいけません。

労働基準法によると就業規則に最低限盛り込まなくてはならない事項が書いてあります。

1.始業・終業の時刻、休憩時間、休日、休暇、交代制の就業時転換に関する事項

2.賃金(臨時の賃金等を除く。)の決定、計算及び支払の方法、賃金の締め切

り及び支払の時期、昇給に関する事項

3.退職に関する事項(解雇の事由を含む。)

と、これぐらいのことはいまどきモノの本の1冊や2冊読めばどこにでも書いてあることです。

じゃあ法律通りの就業規則ってどんなもの?

これもどこかの一般書籍のヒナガタを見れば一目瞭然です。

私が今回お見せする就業規則とは、前述するものとはまったく異なるものです。

実は私はいわゆる中小零細企業から大企業まで、労務相談、解雇問題、給与計算

業務から就業規則作成、ISO、プライバシーマーク、人事考課制度設計等企業

の相談役として毎日8社程の訪問をし、月間平均100名程の代表取締役とお話

をさせていただく機会を持っている日本有数のコンサルタント会社に勤める企業

法務コンサルタントです。

私がこれほどのクライアントとお話をしながら常々感じていることは、企業は私

のような顧問を抱えあらゆる有益な情報を享受することができる反面、そこに勤

める従業員は知らなくて損をしていることがたくさんあるという現実です。

そこで私は何かそこに働く過酷な労働を強いられている従業員の方々のために、

何かしてあげられることはないかと日々考えを巡らせておりました。そして辿り

ついたのが、このブログの作成だったのです。

私が言う「本物」の就業規則とは、実際私が携わってきたクライアントの運用実

態(もちろん大企業から中小零細企業まで様々な業種、業態の企業がありますが)、

その中でも今回お見せするのは従業員20人未満の会社経営者の本音をまとめ

たものです。

これからは何事も交渉の時代です。

相手が会社であっても、個人であっても、まずは相手(法律)のことを理解し、

それを実践することで道は拓けるのではないでしょうか。

私はそのように進む人たちを応援していきたいと思っています。

このメールマガジンをお読みいただいているのもきっと何かのご縁ですから、こ

のブログと当ホームページ「給与.jp」にご興味をお持ちの方にのみ

、完全無料で「本物」の就業規則をお見せ致します。

従業員限定!「本物」の就業規則を大公開!~普段見ることのない就業規則、その運用実態とは~

tinyurl.com…




★給与.jpのホームページ

9-4.jp/…

★給与.jpのメールマガジン

www.mag2.com…


給与.jpのビジネスニュース第17号

p>私の会社のサービス内容が一部変更になったため、

その案内をするためとある競馬場の中にある会社に電話でアポイントを取りました。

ちょっとだけで構いませんのでお時間いただけますか?

との質問に社長は「いいけど、今日は大きなレースがあるから悪いけど競馬場の外に車止めてもらうことになると思うよ。

それでもいい?」とのこと。

いらっしゃらないことが多い社長なのでこの機会を逃してはいつになるか分からないと思い、私は即座にOKをしました。

さて、大きなレースってなんだろうと思いながら競馬場内に足を踏み入れたところ、

なんと今日はG1東京ダービー開催の日だったのです。

厳重なチェックを乗り越え、競走馬が走るトラックの真後ろにその会社はありました。

馬ってでっかいんですね(笑)

その会社は競走馬を先導する、先導馬を持っている会社。競馬に関する企画等も行っています。

さて、サービス内容の説明をし、ハンコをいただいて帰ろうとすると、レースが始まるファンファーレが鳴り響きました。

社長はいきなり立ち上がり、「ハンコは後でいいから目の前でレースを見せてあげよう!」と言い、

そのまま粋なはからいでレースを間近で見せてもらうことになりました。

ゲートが開き、手の届きそうな距離で疾走する競走馬の迫力に圧倒されてしまいました。

意外に静かに走るものですね。ちょっとびっくりです。

一息ついて、競馬場内の社長が運営するショップにも立ち寄りました。

なぜこの仕事なんですか?と聞いてみることにしました。

社長はずっと西武百貨店で馬の買い付けをしていたそうです。

その経験を元にこの商売を始められたとのこと。だからここの競馬場には西武百貨店のOBも数多くいるとのことでした。

今は中国の工場と直接契約を結び競馬Tシャツの販売も手がけているとのこと。今のところ年商5000万円程度のようです。

伝説の騎手や、競馬場のVIPともお話が出来て、非常に有意義な一日でした。

ちなみに私が観戦したレースには23万円がついていました。

100円買ったら23万円。万馬券ならぬ10万馬券・・・。

買っときゃよかった、と後で後悔しました(笑)

★給与.jpのホームページ

9-4.jp/…

★給与.jpのメールマガジン

www.mag2.com…

給与.jpのビジネスニュース第16号

p>今日はとても興味深い話を聞くことができました。

とあるバイクの部品を販売していた社長の話です。

聞くところによると、バイク部品店は元従業員に譲ったとのこと。

社長は主力事業から撤退し、開店休業状態かと思い訪問しました。

この社長、前まではカワサキ系旧車のバイク部品を売っていたとのこと。

当時は細々とやっていましたが、好きな仕事であり、固定客もいたため生活には困っていなかったとのこと。

しかし、ここ数年急に旧車ブームに火がつき(社長は漫画や映画の影響かなあなんて言ってました)、

暴走族かぶれの客が多くなった様子。社長曰く、平気でバイクは盗むくせに部品代は惜しまなかったとの談。

けれどこの社長のすごいところは、

電話掛けてくる客が「もしもし~、アレの部品ある~?」

なんてナマイキな奴とは商売をしないと決め、相当な利益が出ているにもかかわらず会社を譲ってしまったところです。

その後仕事もなくなり急に暇になったため、

店舗のいらない金属製のフックなどを片付け、

業者に引き取ってもらっても二束三文にしかならないとネットオークションに出してみることにしたそうです。

そしたらバカ売れ。

今は中国の生産工場を通じて現地生産したものを日本で販売しているそうです。

会社は、社長一名。儲けは独り占め。

東京都港区内の豪華な住まい兼事務所には納品前の段ボール箱で溢れ返ってました。

「とりあえず借金返さなきゃいけないんだよね」なんて言ってる社長の顔は少しも曇ってませんでした。

社長曰く、「バイク部品も元々中国で作ってもらっていたから、工場までつきとめて直接取引きしているとのこと。

商社入れると高くなっちゃうからね。」なんてことを言ってました。

これが人生の転機ってやつでしょうか。

また盛り返して従業員でも雇ってくれればいいお客になってくれるんだろうな。

なんて思いながら、従業員ゼロのため、契約解除のハンコをいただきました。

★給与.jpのホームページ

9-4.jp/…

★給与.jpのメールマガジン

www.mag2.com…

給与.jpのビジネスニュース第15号

p>少し前に事故に遭いました・・・。

私は軽自動車で毎日運転をしているのですが、信号停止中にでっかいワゴンに後ろから激突されたのです。

車が爆発したかと思いました(笑)

その日は土砂降りの雨で、おまけにこんな都会のど真ん中で山車を引いてお祭りをやっていたので、道路は大渋滞でした。

そのお祭りを抜けて車がビュンビュンスピードを出しているところに私の車は止まっていたわけです。

おかげで私の車はフレームまで損傷する大事故。

警察官が7人も来ておまけに祭りの歩行ルートを変更させてしまう大惨事となってしまいました。

それにもかかわらず、私の体はまったくダメージを受けておらず、健康そのもの。なんて強靭な体力の持ち主でしょうか(笑)

事故がおきたのが朝の10時前でしたが、

一応病院に行ったり警察と調書を取ったり車をディーラーに出しに行ったりで結局一日潰れてしまいました。

まったく問題がないのに、レントゲンだMRIだとうるさいもんです。

おまけに同僚や病院の先生までもムチウチは10年経ってから痺れだすなんて脅かす始末。

ここまで大げさにされると、どっかちょっとぐらい悪くなっていて欲しい、と思ってしまいます(笑)

★給与.jpのホームページ

9-4.jp/…

★給与.jpのメールマガジン

www.mag2.com…

給与.jpのビジネスニュース第14号

p>今回はちょっと趣向を変えて私の実体験をお知らせします。

成果主義賃金とは一体なんでしょうか?

働く人が年齢や勤続年数にしばられず、仕事の内容で公平に給料が決まる夢のような仕組み作り。

これが一般的に言われている成果主義賃金の説明です。

しかし、私が企業に「売る」成果主義はまったく別のものです。

会社から見れば人件費は「コスト」です。創業期は若い人が多く、

さほど売上からの比率を見ても問題視されなかったものが、組織が肥大化する、

もしくは高齢化するごとにその経費を圧迫することになっていきます。

そこで、成果主義の名の下に「賃下げ」を行うことができる制度。これが私の扱う成果主義なのです。

つまり、私が売っていた人事考課制度。それは「公平でなくても透明な制度」これに尽きます。

その仕組とは・・・

まず、一般職、主任、係長など職務等級に応じてこのレベルの人材であれば、どの程度の仕事を望みたいか。

と考えられる要求事項を社長、もしくは役員に書き出してもらいます。書き出してもらう内容はなんでも構いません。

一般職であれば

・ハキハキと大きな声で挨拶をする。

・朝は掃除をかかさない。

・気配りができる。

・電話をワンコールで取るetc・・・

これに対して社員は半期ごとに自己評価をし、自らに点数をつけます。

また上司もしくは社長が社員に対して点数付けを行い総合点で給料が決まるという仕組です。

もちろん、上司がつける点数が非常に大きなウェイトを占めるところがポイントです。

「ウチの社員であればこれぐらいのことはやってもらわなければならない、

ただ、評価したところ、君はこれとこれだけしかやっていない。これでは給料を上げることはできないな。」

としっかり「理由」をつけて賃金を下げることができる。従って給料の不利益変更にはあたらない。という理屈です。

さて、この制度にはいくつかのワナがあります。

つまり、上記の例で言う「ハキハキと大きな声で・・・」などの評価項目はあまりにも抽象的な項目のことです。

あまり出世して欲しくない人間にはここの評価点数を厳しく見ることができます。

また、頑張って欲しい人間にはこの点数を甘く見ることができます。

だからこそ「公平ではない」が社員には分かりやすい「透明」な制度が出来上がるわけです。

恐ろしいですよね・・・。

かくいう私も転々と部署を変わっているため、社歴はあるものの、異動のたびに新入社員扱いになります。

人事考課制度構築コンサルをやっていた頃はその部署の方針で賃金「以外」の部分に成果主義を導入したため、

席は私が一番後ろ。所属長の伝達事項を聞こうにも話が聞こえないため部署の先輩(実際は後輩)にこっそり聞く始末。

何聞いてるんですか、と舌打ちされ、周りからは「あの人誰?」と本当に新入社員扱い。

あの時は本当に気が狂いそうになってました(笑)

★給与.jpのホームページ

9-4.jp/…

★給与.jpのメールマガジン

www.mag2.com…

給与.jpのビジネスニュース第13号

p>今日は、ソフト関係の販売を手がけている、いや、手がけていた会社を訪問しました。

私が訪問したときは、会社と言えるような場所と状況ではなく、

社長の付き合いのあった会社の一角を借りて、間借りしているような状態でした。

私どもの会社にも連絡が滞っている様子。何かありましたか?とお伺いしました。

その社長から出てきたのは驚愕の事実・・・。

この会社は20数年に渡って都内に10箇所近くの営業拠点を持つ中堅の会社でした。

手堅く経営を続けてきたのでしょう。社長は実務にはほとんど携わらず、信頼のおける部下に仕事を任せている状況でした。

しかし1年前、パートナーとなっている会社から架空の売上の報告を受けた、とおっしゃっていました。

それに対して実際は売上がまったくないにもかかわらず、数億円のコミッションを支払ってしまったのです。

売上がないと知ったときには時既に遅し。いっきに会社の経営は傾き、

会社はおろか、社長の自宅まで差し押さえられ、この前久しぶりに自宅を見てみたら、既に更地になっていたとのことでした。

ところが、手形は一切落としていないため、倒産する必要がないというのです。

待てよ・・・。似たようなケースがもう一件あったな・・・。

借金しないで社長一人・・・。そして間借り・・・。意外に社長は元気・・・。ほとんど一緒だ。

そのクライアントは確か裁判をしたと言っていたが・・・。ふと気になり目の前の社長に裁判について聞いてみたところ、

「裁判しても勝ち目がないから途中で辞めろと言われた、

裁判官にあなたは別に借金してるわけでもないんだから、またイチからやり直した方がいい」と説得されたそうです。

んん?そうすると、裁判で勝ったときの金を当てにしているもうひとつのクライアントは少しまずいな。

給料が未払いになっているはずの従業員の待遇が一番まずい。これは早く手を打たなければ・・・。

同時期に同じ手口の犯罪が2つ。

憤りを感じながらもどうしようもない。このブログの読者で経営者の方がいらっしゃったら気をつけてくださいね!

★給与.jpのホームページ

9-4.jp/…

★給与.jpのメールマガジン

www.mag2.com…

給与.jpのビジネスニュース第12号

p>私の同期が退職しました。

入社して以来、異動を繰り返しながらもお互いのことを思い合い、

久しぶりに会っても久しぶりに会った気がしない、そんな最高の仲間でした。

今まで中途採用ばかり採用していた会社にとって、私達は初めての新卒採用でした。

右も左も分からぬまま入社してきた私達に、会社には即戦力としての能力を期待され、

最初から拷問のような仕打ちをされる毎日。辞表を持ち歩きながら仕事をしていた仲間もいます。

会社は中途採用は今後採用しないと断言し、

私達は後に続く後輩ができるのかどうかも定かでないまま長い長い1年目を過ごしました。

それが今となっては全国に数百名の後輩たちを持ち、

相変わらず異動で住む場所を転々としながらも、わずかながら胸を張って歩くことができるようになった気がします。

東京に最初に配属になった5名のうち、これで残るは私を含め後1名のみ。

今回退職した同期とは、最後の半年間だけ同じ部署で仕事をすることができました。

うちの会社はタテ社会。部署が違えばお互いのプライドが交錯し、いがみ合うことも少なくありません。

その中で、損得勘定抜きに話し合えたのが今回退職した同期でした。

最後の半年間。同じ部署で仕事をし、よりお互い通じ合うところが多くなったと思った矢先の出来事でした。

「オレ、仕事やめんねん」

当時会社は1年で一番忙しい繁忙期のまっただなか。

書類が宙を舞い、幹部達の怒号が響き渡る中、こっそり私に耳打ちをしてきたのです。

私は止めませんでした。

昼間の仕事を終えて、夜こうやってブログを書き、

退職に悩んでいる方の相談を受けていると、なんとなく同期の気持ちが分かるのです。

最後の日の終礼で、同期は会社に対して感謝の言葉を述べました。

少し涙ぐんだかもしれません。

私は同期にイギリス製の手帳と、一冊の本をプレゼントしました。

参考までにURLを載せておきます。

www.amazon.co.jp/gp/product/4761261439/249-4597340-0695567?v=glance&n=465392&s=gateway…

そんな私の経歴はホームページを見ていただければお分かりになるかと思いますが、

私は一企業人でありながら、経営者側の立場に立ってお話をする少し珍しい仕事をしています。

普段は会社に勤め、クライアントである経営者の立場でアドバイスをしておりますが、

働く人が知らなくて損をしたり、悩んだり、泣き寝入りをしている現実を多く見てきたことから、

少しでもそんな方のお手伝いをしたいと思い、サイトの運営を継続してきました。

「仕事に笑って仕事に泣く」が私のモットーです。

ご意見・ご感想は下記アドレスまでお寄せ下さい。

webmaster@9-4.jp

★給与.jpのホームページ

9-4.jp/…

★給与.jpのメールマガジン

www.mag2.com…

給与.jpのビジネスニュース第11号

p>今回は東京都中野区の歯医者さんに訪問しました。

すごく眺めがよく、とてもリラックスしてお話することができました。

先生も非常におおらかな方でした。でもひと目見て経営センスがありそうだと感じました。

先生は歯科補助員の募集を定期的に行っているとのことでしたが、最近若年齢化が進んでいる傾向にあるようです。

一昔前は大卒の就職予備軍が面接に来ることが多かったようです。

それが高卒が多くなり、最近では高校中退者が募集の多くを占めるようになってきたとのこと。

高校中退者の仕事といえば、とび職やパチンコ店のアルバイト、飲食店のホールスタッフ等が相場だと思っていましたが・・・。

私も実際大学時代日雇のアルバイトで食いつないでいた経験があったため、

高校中退者といえば茶髪とピアスで、しっかり働いたお金を車につぎ込むイメージですね、と正直に話しました。

ところが最近の高校中退者はそうでもないようです。

容姿は普通、特にはみ出し者という雰囲気でもなく、面接していても採用できない程に教養のない子はあまりいないようです。

けれども金銭面についてもあまり貧欲ではなく、

週3日程度働いて自分が生活できるお金があればいいと考える人が多いそうです。

大抵の子が一人暮らしで、月10万ぐらい稼げれば良いとのこと。

もしくは彼氏と一緒に暮らしているので、さらに収入が少なくても困らない、と面接時に口々に言われるそうです。

当然仕事にもこだわりが無く、実際仕事を任せてみてもそれなり、

とのことだったため、募集者の時給を若干下げてみてはどうですか?とアドバイスしました。

確かに、14インチのブラウン管のテレビがプラズマになったって見る番組は結局同じ。

外国に旅行に行ったって英会話教室に通ったって結局私は日本人。

世の中付加価値と呼ぶものが多すぎて、無意味なものが増えてきた。

シンプルな生活、これもまたいいかもしれない。

と、ふと考えてしまいました(笑)

★給与.jpのホームページ

9-4.jp/…

★給与.jpのメールマガジン

www.mag2.com…

給与.jpのビジネスニュース第10号

p>仕事が終わって家に帰る途中のこと。

大きな声で「ああ嫌だ」とつぶやいていました(笑)

はっと我にかえって周りを見渡し、誰もいないことを確認してまた考え事をしてしまいました。

仕事から離れているにもかかわらず、私の心はまだ職場を彷徨っているようです。

何もかもがうまくいかないとき、考えに考え抜いて息を止めたままずっと潜り続けるかのように、

深い思考の海を漂うのが私の悪いクセです。

そんなとき私は「ここはどこですか?」と自分自身に問いかけるようにしています。

大丈夫、もう駅につくじゃないか。

ふっと息をつき、一人苦笑いしながら、さっきよりは少し足取りも軽く、家路につきました。

★給与.jpのホームページ

9-4.jp/…

★給与.jpのメールマガジン

www.mag2.com…

給与.jpのビジネスニュース第9号

p>今回は事故車のレッカーを専門に扱っている会社を訪問しました。

東京都も杉並区等は畑が広がっていて、コンビニにも駐車場があります。

都心に近くなるほど、コンビニにトイレがなかったり、

愛想が悪かったりと世知辛い思いをたくさんしますが、こういうところはゆったり時間が流れているせいか、

非常に雰囲気が良いですね。私の好きなところです。

今日の社長は寝巻き姿で、初対面にも関わらず「よう!」なんて陽気でした(笑)

さて、最近のレッカー業界は景気があまり良くないようです。

昔と比べて客数(ここでは事故の数)はかなり減少しているとのこと。

原因は飲酒運転の激減にあるようです。

めちゃくちゃに壊れた車の写真をいっぱい見せてもらいましたが、やはり高速道路や幹線道路の事故が多いようです。

事故があればすぐ飛んで行く仕事ですが、普段は事故待ちが多く、朝夜の区切りがないことから、大変な仕事と言えそうです。

★給与.jpのホームページ

9-4.jp/…

★給与.jpのメールマガジン

www.mag2.com…