商品の問い合わせ対応はAIがするようになる


海外のネットショップでよく見かけて
日本のネットショップでは
あまり見かけないサービスに
「ライブチャット機能」があります。

これはサイトに「ご質問下さい」みたいな
チャットボックスがあって、そこに
メッセージを入れたらカスタマーサービスに
繋がるという仕様です。

海外ではWhatsAppやWeChatをはじめとして
チャットが本当にたくさん利用されてます。
日本だとLINEがそれに当たります。

みんな「既読」がついたら
すぐに返事が来るのを期待しています。

そういう意味でチャットですぐに返事ができると
売上はますます伸びるはずですよね。

それで期待されているのが、AI。

2017年はソーシャルメディアから
ソーシャルメッセージに市場が移ると言われてます。

ソーシャルメディアとはFacebookのことで、
繋がってるみんなに向けて発信するツール。

ソーシャルメッセージとはFacebook Messengerのことで、
1人1人に個別で発信するツールのこと。

なんでFacebookがこの2つの機能の
アプリを分けて別物にしたかったのかがわかりますね。

海外ではこのソーシャルメッセージで
AIを取り入れようと、いまかなりの投資がされてます。

例えば、Microsoftが発表してる女子高生AIのりんなちゃん。
rinna.jp/…

こういう人達に、直接Botとしてネットショップに入り、
カスタマーサポートをしてもらおうという取り組みが
既に英語圏の一部のネットショップでは始まっています。

実際には最初の質問の受け答えはAIがして、
AIの想定問答に入ってない場合は
人間にバトンタッチされる仕様。

最初はAIだと気づかず長々と文章入力しちゃいました。
そのぐらい、自然な感じになりつつあります。
まあでも途中で「あれ?」ってなるんだけど。

商品の問い合わせ対応とかAIがやるようになると
もっと自動化出来て楽になるんだろうなー
とかいう想像をしてワクワクしてます。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。