トランプ大統領誕生で世界は止まる


「これはイギリスのEU離脱以上の衝撃だ!」

トランプ次期大統領の誕生を受けて、
こんな見出しが次々にニュースで流れてきました。

私もずっと開票速報を追いかけてましたが、
いやー、まさかこうなるとは思いもしなかったですね。

最初から最後までずーっと優勢に
進んでいたトランプ陣営。

フロリダを始めとする要所を完全に抑えて、
最後まで危なげのない戦いをしたという印象です。

でも、トランプ氏が勝利したらなんだか面白い。
こんな風に考えてたのは私だけではないはず。

私はクリントン氏になると思っていたので、
この番狂わせにずーっと昼間は釘付けになってました。

私が幼い頃は、テレビのチャンネルと言えば
取り合いが当たり前だったのに、
今はライブストリーミング再生で見ると
1人で3画面ぐらい繋げちゃうので多すぎるぐらい(笑)

クリントン陣営のストリーミングと
トランプ陣営のストリーミングと
ヤフーの同時通訳ニュースを同時に立ち上げて
1人で3画面を見比べてました。

正直、演説そのものはなんとなく理解できたけど、
討論番組とかになると半分も理解できない。

これ関係の英語記事も非常に長くて難しいものが多いので、
こういうのもスラスラ読んだり聞いたりできるように頑張ります。

それにしても、私の中でこの選挙は
世界が開放路線か閉鎖路線かを決定づける選挙として
かなり注目して追いかけていました。

イギリスのEU離脱から始まって、
反移民政策を掲げるトランプ氏が次期大統領に決まったことで、
風向きは今後大きく変わることを実感してます。

インターネットの世界にも国境はありません。

世界中の人と繋がることも出来るし、
世界中の人と取引をすることも出来ます。

それだけじゃなくて、
お金やモノの移動も21世紀に入って
グローバルになりました。

でも、こうやって海外販売を長くやってると、
グローバルっていうのはみんな平等で良いイメージなのに、
大きな偏りが目立つように感じるんですよね。

例えばトランプ氏が常々言っているのは
米国第一を掲げ、不法移民を阻止するために
国境に壁を作ると言ったこと。

人で言うと、自分と家族を最優先して、
友人と関わるのを辞めるって言ったようなもんで、
内向きなイメージがありますよね。

つまり、外国の安い製品や安い労働力が
たくさん入ってきたおかげで、アメリカの白人が
仕事と産業を失ったので、安い外国製品には
高い関税をかけ、移民のビザを厳しくするという意味。

問題は、まさかこれが多数派になったということです。

はっきりとグローバル路線から自国を守る路線に
世界の感情が移り変わった事が伝わりました。

イギリスもアメリカも、人が自由に国境を超えて
往来するのは迷惑だと宣言したことになります。

国が勝手に決めたっていうことじゃなくて、
過半数の人が迷惑だと言ったって所が大事で、
投票してない人がいるにしても、
しょうがなくトランプ氏を選んだとしても、
相当大きな人数が迷惑がってるということです。

先進2カ国のこの決断はとても大きいと感じています。
壁を作る方向になるんだなあ、世界は。

そしてインターネットと、
影響力のある個人も、きっと同じ方向へ向かうだろうと。
21世紀中盤は閉ざされていくことになるでしょう。

次の解放運動が始まるまで。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)