「池上彰が紐解く、アラブの今と未来」in 六本木アートカレッジ


zlriye2

comment_logo 最近ウチでムスリムスタッフが増えてます。今回のスタッフは中東のスンニ派らしいので勉強勉強!

「池上彰が紐解く、アラブの今と未来」in 六本木アートカレッジ

池上彰: イスラム世界で「スンニ派とシーア派の対立」というニュースがよくありますよね。なぜ対立するようになったのでしょうか?

ムハンマドが亡くなった後、信者たちは集団の中で一番信頼できる人物を後継者として選びました。これを「カリフ」と呼びます。カリフは「預言者の代理人」という意味です。2代目カリフ、3代目カリフと続いていったのですが、「『従弟で娘婿のアリーこそが後継者だ』とムハンマドは言っていた」と言う人たちが現れます。そこから対立が始まるのですが、4代目カリフにアリーが選ばれて、ひとまず対立は収まります。

しかし、「ムハンマドの血筋を引く者こそがカリフにふさわしい」と考える人たちは、アリーの息子たちにつき従うようになります。そしてアリーを初代の「イマーム」と呼ぶようになります。イマームとは「きちんとした教えを伝えていく指導者」という意味です。そして、アリーの息子たちが2代目イマーム、3代目イマームとなっていきます。

一方、「血筋に関係なく、コーランやハディース(ムハンマドの言行録)に書いてあることや、イスラムの慣習——これをスンナと言います——を守っていくことが大事だ」と考える人たちは、別のカリフを選びます。この人たちが「スンナ派」と呼ばれるようになります。なぜか日本のマスコミは、スンナの形容詞形のスンニを使って「スンニ派」と呼んでいますが、一般的にはスンナ派です。

一方、アリーにつき従う人たちは「アリーのシーア」と呼ばれるようになります。シーアは「党派」という意味です。最初は「アリーのシーア」だったのが、いつの間かアリーが抜けて、ただの「シーア」と呼ばれるようになります。これを日本のマスコミは「シーア派」と呼んじゃうんです。シーアは党派ですから、「シーア派」と呼ぶと「派派」と言っていることになります(笑)。

記事を読む


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)