ヤフーの爆速経営に学ぶ2倍成功の秘訣とは?


yoshidalogo2

「10倍挑戦、5倍失敗、2倍成功」

いま、ヤフーの新戦略が面白い。
社長が交代して平均年齢が10歳以上若返った。

これからの数年間で営業利益を2倍にするために
掲げたスローガンが、これだった。

さらにもう1つ「爆速」を掲げて
未開のスマホ市場に攻め入ってます。

売上高の2桁成長が続いてます。
ヤフーのような大きい会社は人的資源や
サービス資源が豊富にあります。

これだけ大きな組織が売上を伸ばすためには、
頭数を増やすよりも省エネや効率化、再編によって
「背筋を伸ばす」ことがまず必要。

元々身長は高かったけれど、背筋が歪んでた。
まだ前経営陣の資産で成長の恩恵を受けているので
これからの新体制がシャキンと目を覚まさせないとですね。

さて、ヤフーが元々成功したのは
国内最大の利用者を抱えるポータルサイトの存在。
これで15年間ネット業界を牽引してきた。

ただ、ブログやSNS、スマホ関連の事業では
軒並み撤退を余儀なくされています。

「強み」については圧倒的な地位を確立してる企業。
ただ「これから」について本気で
取り組み始めたという印象です。

さて、私も場合は海外販売を行っていると
世界のあらゆる「稼ぎネタ」が集まってくるので
複数の事業の展開を同時に行っています。

ほとんどがまだ認知すらされていないビジネスなので
当然ググっても何も情報は出てきません。

私が最初にeBayを始めた状況ととても良く似ています。

正解か不正解かも分からない中で
始めるべきか、辞めるべきかは
常に試行錯誤してます。

私の場合は2年で自動化、3年で手離れを目指してる。

例えば在庫を持つビジネスの場合は
仕入れが先行するので、もし仮に大量の商品に
一斉にリコール(不具合)などが起こったら
一気に収益化の見通しが後ろにズレ込みます。

私の場合は長期で続けられるのか
という点を重要視しているのですが、
やはりeBayやAmazonほど素早く手離れはできません。

そういった意味では「本業とは何か」そして
「新規ビジネスとはなにか」を明確にして
比率を考えて突っ走り過ぎないように
工夫することも大事だと考えています。

つまり、利益が大きいビジネスはそのまま拡大し、
利益が見込めるビジネスは可能な限り「小テスト」を
繰り返し、小さく小さく始めてから一気にねじり上げる。

これが一番ですね。
勇み足は本当に失敗すると痛い。

私の教訓を、あなたに活かしてください。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)