マウントゴックスが再生法を申請した日に、シンガポールのATMでビットコインを買ってみる


9472

comment_logo すごい人がいるもんだ。ある意味正解だけど。こうやって新しい人が入ってくる限り、ウネリながらもビットコインは「終了できない」通貨として生き物のように成長を続けるのかもしれない。

マウントゴックスCEOの在日フランス人は高技能移民

日本でも世界でも大騒ぎのビットコイン(Bitcoin)。ビットコインの最大手私的取引所の一つマウントゴックスが民事再生法の適用を申請しました。

まず最初に、マウントゴックスの日本在住フランス人マーク・カーペレスCEO(28歳)は、悪意の有無や彼の管理を超えるビジネスに膨らんだことへの評価は今後されるとして、日本政府が誘致を目指す高度技能移民であった言えることは注目です。

アニメをきっかけに日本に興味を持った
有能なソフトウェア開発者が、リスクを取って起業
日本語を話す
再生法申請記者会見で(実際に影響を受けた顧客でなく)マスコミの前で頭を下げるなど、他国では見ないような日本文化への適応性も高い
WSJ: マウントゴックスのトップは自称「技術オタク」の在日フランス人

WSJ: マウントゴックス、民事再生法の適用申請

シンガポールとビットコイン

シンガポールとビットコインの関係では世界初のものがあります。それは金融先進国シンガポールの税務当局(IRAS: The Inland Revenue Authority of Singapore)が税の指針を出したということです。正確には「ビットコインを例とする仮想通貨」が包括して対象になっています。

税務当局の公式サイトに指針が掲載。要点は、仮想通貨は金銭・通貨・製品でなくサービスの提供ということです。そのためGSTと呼ばれる消費税の対象です。トレードの利益には法人税が課せられますが、長期保有でキャピタルゲインとみなされるものはシンガポールではキャピタルゲイン非課税のため無税です。(編注1)

シンガポールにできたアジア初のビットコインATM

そんなお騒がせなアジア初のビットコインATMがシンガポールにできた、ということで早速出かけて、ビットコインを購入してきました。在シンガポールのテンブス・ターミナル社が提供。

ATMと言ってますが、口座からお金を引き出す仕組みではありません。ビットコインを購入できる機械です。

現金でビットコインを購入できる
ビットコインを現金には換金できない
という「行きは良い良い、帰りは怖い♪」が頭によぎります。購入したビットコインを換金するには、ATM以外の手段で行う必要があります。

設置場所はボートキーという繁華街の2階のバー”The Spiffy Dapper”。

こんな入口の閉ざされたドアを通って行くと、薄暗い店内に端末が置いています。

9472

バーの店員と話すとS$2(160円)から購入可能とのこと。思い切って、$50冊を2枚(8千円)入れます。そして購入。そうするとビットコイン受け取りに利用するQRコードとプライベートキーが、ATM画面に表示され、印刷でも出力されます。これを携帯アプリでスキャンすると、私のビットコイン財布に送金完了。時間はわずか数分。

肝心の為替レートですが、SGD100 で 0.13132616 BTC(ビットコイン)。これを購入10分後のレートで見ると、S$95で5%も抜かれていて驚き。

記事を読む


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)