ビットコイン取引所のMt. Gox(マウント・ゴックス)が倒産 社長サンは「悲劇の当事者」


73345

comment_logo 38.4億円も資産があったということは、一生使っても使い切れないぐらいの資産だったはず。ビジネスは薄氷を踏むようなもの。こういう浸透してないグレーなビジネスが一番稼げるけれど、法整備がされてないビジネスは危うく儚い。以前、弊社のSEにサイトにポイント制を導入したいと申し出したことがあったけれど、「このアクセス数で軽くポイント制導入したらどうなると思ってんの!!」と思いっきり怒られた。ポイントは現金と同じ価値を持つ。Money3.0。通貨はこれからどこに行くのか。ポイントの価値が、これからより大きくなる。

ビットコイン取引所のMt. Gox(マウント・ゴックス)が倒産 社長サンは「悲劇の当事者」

金曜日に渋谷に本社があるビットコインの取引所、Mt. Gox(マウント・ゴックス)が倒産しました。債務総額は65億円、同社の資産は38.4億円だそうです。それとは別に約10万ビットコイン(現在の価値にして470億円)相当の顧客のビットコインを紛失したとの発表がありました。

【ビットコインって、何?】
ビットコインとは暗号化通貨(Crypto-currency)の一種です。世界には100種類以上の暗号化通貨が出回っており、ビットコインはその中で最も取引量が多いです。

ビットコインはAさんからBさんに電子コインの所有権を委譲した場合、「Bさんのものになりましたよ」ということを、電子コインを使用しているコミュニティ全体に常にリアルタイムで通知、徹底することで、ひとつの電子コインに対して二人の取引参加者が同時に「これは僕のものだ」と主張することがないようにしています。

これは昔、株券が紙に印刷されたカタチをしていて、それをひっくり返すと名義人(=その株の正当な保有者)の名前がずらっと並んでいた……あの感覚に似ています。名義書き換えが済んで、昔の保有者の名前が斜線で消されて、新しい名前になるとそのオーナーが変わった事実はユーザー・コミュニティ全体に周知徹底されるわけです。

この確認作業のことをブロックチェインと言い、周知徹底が済んでしまえば、昔の取引はちょうどウインナ・ソーセージが数珠つなぎ(=ブロックチェイン)になっているように腸詰にされ、ひとまとまりに「これは、済み!」のカテゴリーに入れられるわけです。

記事を読む


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)