4年前に、私の事業が失敗したワケ。


yoshidalogo2

ビジネスにおいて成功するために
一番大事なことはなんだろう?

テクニックとかノウハウとか、
稼げる方法とか、それは基礎レベルの話しで
最終的には「それにどこまで賭けられるか」
つまり、情熱です。

私は海外販売を初めとする物販事業がメインだけど、
それ以外にもサービス事業や情報事業など
たくさんのビジネスを生み出してきました。

その中でも、あれをちゃんとやっておけば
良かったなあと思うのが「動画メディア」ですね。

あれは海外販売がちょうど軌道に乗り始めた頃。
歌手やアーティストがYouTubeがキッカケで
ブレイクしたという話しをよくお客様から聞いてた。

アーティストのことは知らなかったけど、
Facebookもしかり、海外で流行ってるものは
必ず日本に遅れて入ってくるということを知ってたので
動画は好きだったしすぐに動くことにした。

じゃあどんな動画を撮ろうか。
テーマを決める時、参考にしたのが
賢者TVさんでした。
www.kenja.tv…

このサイト面白いですよ。
リブセンスやサイバーエージェントの経営者など
今を輝く経営者インタビューをしてる動画サイトです。
普通のテレビ番組見るよりよっぽど面白い。

数年前からテレビ番組も持つようになりました。
ネットからテレビに行った、珍しいパターンです。

あ、今はKENJA GLOBALって名前になってるのか。
しかしですね、昔はこんなんじゃなかったんです。

実は立ち上がり当初は、いわゆる私みたいな
ネット起業家をターゲットに取材をしてて、今みたいに
有名どころが揃ったメディアではなかったんですよね。

見た瞬間、コレだ!と思って。

まず、取材という名目で経営者の方に会えば
直接お話を聞く機会をタダで持つ口実が出来るわけです。

最初は大変だろうけど、地道に取材を続ければ
いろんな話が聞けたりビジネスにも繋がるだろう。

玩具メーカーの社長さんとか、
楽器メーカーの社長さんなんかと
お話しをさせてもらって、
海外向けに販路拡大する話が後々出てきて
Webサイト作ったりとか自然に発生することがあるだろう。

当時、ケーブルテレビの番組制作してた
メンバーと一緒に、やろうよって
私が誘って何社か一緒に回り始めました。

だけど、彼らはすぐにお金にならない
仕事を敬遠してたし、何よりも職人肌だった。

キチンとロケハン(事前取材)をやって、
レフ板当てて、ホン(台本)作って、みたいな。

1本作るとホントは30万円は
かかるんだよーとかワケわからん説教されて。

あなたが仕事こねくり回すから高くなるんじゃん。
・・とは言えず。

そしてその先の未来を見せることも
説得をして引っ張り回すこともできなかった。

電話帳で100人ぐらい社長に片っ端から
電話掛けて強引に予定作ったのかっていうと、
やっぱそれを私はしなかった。

そこまでの「情熱」が無かったんだと思う。
だから、この分野では成功できなかった。

今見たらKENJA GLOBALの運営会社は
資本金3億円にもなって、海外展開も始めてますね。
そうそう、このシナリオが最高のカタチ。

始めたタイミングは彼らとそんなに変わらなかった。
でも、彼らはこの事業に真剣に「賭けた」んだと思う。
それが私と彼らの違い。

例えば今、海外Amazonに挑戦してる人なら、
少し手をつけて辞める人はとても多い。

今回の世界物販カンファレンスに出てる人たちは
みんなそうだけど、一途に続けている。

粘り強さと情熱があれば、どんなビジネスでも、
今からでも成功できると、あなたに
自信を持ってここだけは伝えたい。

あとは周囲を引きずり回すこと。
成功者ほど情熱を持って人の説得をし続ける。

結果を出すために情熱を持つんじゃなくて。
情熱があるから結果が出るんです。
分かるかな?

4年前収録した社長インタビュー動画を
1つだけYouTubeに再アップしてみた。

先輩経営者の言葉っていうのは
どんなことしゃべられたって沁みる。

良いこと言ってるなあ。
またやりたいな。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)