sudoの名の下にイフリートを召喚


「英語で召喚獣ってなんて言うんだっけ?」

パソコンを開いてゲームの名作、
ファイナルファンタジーの召喚獣の一覧を
英語で検索してみる。

「イフリート。Iflyteか」

高校時代にハマったゲームのFF7が
プレステ4でリメイクされるので、
発売されたら買おうと思ってる。

大体好きな人は、アメリカ版と
日本語版の両方買うので、
次は私もそうするつもり。

Ubuntu18.04LTSサーバにアクセスして、
sudoの名の下に、adduserコマンドで、
Iflyteを召喚する。

PHPでHello World!をホームに設置し、
コマンドラインで表示されることを確認。

上のディレクトリに戻って私のフォルダにある
scriptが動くか試したら、動いちゃった。
んー、ダメじゃん。

Linuxサーバは、1つのOSで複数人が
同時に作業できるように作られている。

その複数人が全部のファイルを実行できると
勝手に実行されたり、勝手にDLされたり、
余計な機能をインストールされたりして困る。

$ chmod 760 ディレクトリ名。

こういったパーミッションの設定をすることで、
1人1人の権限を限定することができる。
私はroot。このサーバを支配する者。

召喚獣は、召喚された時のみ、
活躍しなければならない。

続いて、MariaDBにアクセスし、
Iflyteのデータベースを作成する。

動いた、入った、整った。

フルスタックエンジニアデビューをして、
経営者としてはどの分野に
注力すべきか考えている。

プログラミングの世界は日進月歩で
あまりにも広範囲すぎるので、
得意分野を決めなければ勝てない。

経営者の役割は「環境構築」。

事務所を借りて、机と椅子を用意し、
組織図作って部署を分ける。

入退室の管理やセキュリティを守り、
チームに仕事を与えるのが経営者の務め。

後は、優秀なPGに働いてもらう。

ということで、サーバ立てて
ユーザ作成して、パーミッション切ったので、
いよいよ人材集めに入ります。

スナップショット取ってあるので、
次のサーバは秒で立てられる。

最初は苦労したけど、これが
プログラミングの良いところ。
2回目以降は自動化できる。

まずは、我々エンジニアにしか見えない
バックエンドの部分から作り込む。

Iflyte(イフリート)
Shiva(シヴァ)
Odin(オーディン)

前は、こんな感じで作ってくだサーイと指示しても、
鼻であしらわれることが多かった。

これからは、世界中に散らばるエンジニアと共に、
英語で採用を掛け、本番前のテストに移っていく。

その前に、彼ら召喚獣を倒さなければ仲間にできない。
ちゃんと動いてくれるだろうか。

新しい世界だ、ワクワクとドキドキ。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)