海外居住者が語る、英語の発音を正しくする方法


「旦那さんどこ行ってるの?って聞かれて
 『タイ』って言ったんだけど伝わらなかったの。」

私はシンガポールに住んでいて、
ご近所さん達と会話したりするけれど、
発音の問題で伝わらないことがあります。

こっちの英語はシンガポールとイングリッシュを
掛け合わせてシングリッシュと呼ばれるほど
独特な英語を話すので、そもそも
お互い発音は乱れまくっています。

シングリッシュってつまりは
津軽弁みたいなもんかなと思ってます。

津軽弁しゃべってるYouTube動画あったので、
ここに貼っときますね。

津軽弁 雑談中のおばさま。
youtu.be/bmKOW46LaGo…

日本語字幕も付いてるので
字幕ONにしてください。

聞き取れた人は、地元の人か
言語学者でしょう。
私はまったく聞き取れませんでした笑

ジャパニーズイングリッシュは沖縄弁みたいなもんかな。
なんくるないさー的な。

ということで、一言に英語と言っても、
ツールとして第二言語で使ってる人が多いので、
話し方も人それぞれで、結構自由です。

でも、伝わらないとショック受けますよね?
そこで私が発音矯正のために使った
ツールを今日はあなたにお伝えします。

ただの転売やお小遣い稼ぎ程度で
満足なら英語は必要ないけれど、
あなたが事業を拡大して、経営者として
立派に成長したいなら英語は必須のスキルです。

何に一番使うのかと言うと、
クレームと、ギャグが多いですね。

この時、発音がおかしいとスベります。
日本語でさえ心が折れるのに、
英語だとなおさら辛い。

私の場合は、まず「話す」と
「書く」ことからはじめました。

日本の学校では画一的な授業しかしないので、
アウトプットを行う場を増やせば自然と耳が慣れます。

その上で、私は英語圏のプログラミングスクールで
完全英語でプログラミングをマスターしました。

その時、分からない単語がしょっちゅう出てきます。
例えば「every single time」とか。

なんかいっつもこの言葉を使ってるけど、
エブリシングルってなんやねん。

ちなみに字幕とか無いので英語で理解するしかありません。

そんな時に便利なのが、Google翻訳。
私の場合はスマホのアプリを入れてあるので、
これで聞いた音をそのまま音声入力してみます。

試しに日本語でしゃべってみると分かりますが、
最近のGoogle翻訳は非常に頭が良くて、
ネイティブの発音ならまず間違いなく正確に
文字に起こしてくれます。

なので英語で聞いた発音も正しければ
完璧に文字に起こされるので、
文字で読んで翻訳に掛けるより、
オウム返しで音声入力すると
スペルは分からないけどちゃんと
発音で翻訳できる的なことができるようになります。

「じゃあさ、アプリで『thailand』って言ってみ?」
「たいらんど。」
「hey lound」
「ちょっとなにこれー!」

最初は笑ってた妻でしたが
(10回ぐらいやってもできなかった)
Google翻訳にはスピーカーのマークがあって、
スペルを入力するとしゃべってくれるので、
そのままオウム返ししたら、一発で正しく表示されました。

「その発音が合ってるってことだよ。」
「へー!すごい!!」

ということで、今日のネタに採用しました。

何が言いたいかと言うと、
発音の問題はお互い様。

相手もネイティブじゃないし、
前後関係が分からなければ
聞き取れない場合もあるので
「オレの発音を理解せえ!」と開き直るか、
アプリで自分の発音を直すか。
両方大事にしてください。

最後に、コミュニケーションはナマモノです。
なんでもそうだけど、心が折れたら一旦離れて、
回数こなせばなんとかなるさ。

一通り学習すると、例えば
たった3ヶ月、1商品で7000万円売り上げた
凄腕セラーのセミナーとか無料で学習できたりします。
youtu.be/6GrmiRLjZyc…

日本に入ってくる前に、やっちゃったりできるので、
やっぱ英語は最強のツールですね。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)