【タイ編】自分事か、他人事か。


朝6時に起きたのに、日本はもう8時。
シンガポールでも1時間遅れなのに、
2時間遅れのタイはもっと焦る。

当社は日系企業なので、
日本時間を基準に動いています。

パソコンの時計は日本時間で、
スマホは日本時間と現地時間が
両方見れるようにセットされてる。

机に座った頃にはもう時計は9時を回りそうで、
遅刻した気分になって焦る。

前日の夜にタイの首都バンコクから
2時間ほど高速バスに乗って移動して、
到着して早々ミーティングに参加し、
その後飲みに行きました。

日本からのコンテナが入る直前。
以前に顔合わせをしたのがもう
3・4年前になるだろうか。

商売は順調に伸びているようだった。

途中から現地でお店と倉庫を
任されている責任者が合流した。

「あー!久しぶりですね。」
「こちらこそ。この店美味いんですよ。」

ふらっと屋台に顔を出した彼の顔を見て、
うん。と雰囲気の違いを感じた。

立ち振舞い、顔つき、所作。
すべてが自然体で、心地よく、
堂々としていて、謙虚だった。

初めて会った時はまだ20代だったのに、
今は32歳、バリバリ期だ。

成長したなあ。

私もたくさんの人を見てきているので、
パッと見でだいたいその人が、
イケてるかイケてないかが分かる。

どうしてそう感じるんだろうと
自己分析をしてみたら、
1つの明確な判断基準があった。

「自分事か、他人事か。」

仕事を自分のテリトリーだと考えて、
自分事として捉えている人は
発言にも重みがあって、話しが深い。

逆に、他人の仕事を手伝ってる感覚だと
話しが浅くて作業になり、愚痴が多くなる。

彼は圧倒的に前者だった。

現地で最初に合流したのは
日本での仕入れやマーケティングを
担当している方の人。

売上を作っても、現地でどんどん
溶けていったんですと嘆いていた。

その間、現地の彼が何をしていたのかは
容易に私にはイメージができた。

最初の頃は、タイ人を大量に雇って
どんどんクビを切っていったそうだ。

途中でネコババする人もいれば、
勝手にサボる人もいる。

雇ってはクビを切るので、
安いとはいえ人件費が利益を圧迫し、
3年ぐらいは利益が出なかったそうだ。

「無休で3年働けるか。」

シンガポールで今は大きく育った
ビジネスを展開している友人の
言葉を思い出す。

「場」から作る人達は、
3年は土台作りに時間を掛けなきゃいけない。

自分だけならまだしも、
他人を巻き込むためには
大きなウソが必要だ。

ボードメンバー全員に
1億ずつ配りたいと言ってたけど、
あの人は数年以内に
本当に配るだろう。

最初は私ですら「できたらいいね」
ぐらいの感覚で言ってんのかと
思ってたけど。

タイで1番になる、
コンテナいっぱいに荷物を詰め込んで、
巨大な倉庫を埋め尽くし、顧客を
バンバン連れてくる。

そう宣言して、実行に移す
精神的なタフさと行動力が
必要なのです。

今では3名の超優秀な店員を抱え、
少数精鋭で売上を作っている。

私もフィリピンで採用活動の指揮を
取っていたことがある。

人件費は安いけど、その代わりに
教育水準が低いので、
大卒でも精神年齢は小学生レベル。

言い訳したり、低レベルなウソをついたり、
給料の前借りをせびったりと大変。

頭数だけ揃えると、後々それが文化となり、
横領がはびこるチームになってしまう。

なので、100人面接して5人採用し、
1人に絞るぐらいの圧倒的に
非効率な採用をしていた。

今はもう、手離れしていて優秀なスタッフが
私の理念を受け継いて採用してくれてるけど、
方針を作ったのは確かに私でした。

「数じゃない、質なんだ。」

これはどこの部門でも言えることで、
例えば中国輸入にしても、
安かろう悪かろうでは長持ちしない。

品質管理は選別こそが価値。
安ければ品質が下がるので、
不良品を徹底的に間引くことが
最終的な価値を生み出すのです。

ノーブランドは品質管理してない。
ブランドは、その名の下に責任を持って
品質を一定に保っているのです。

長い目で見ると、そういう企業しか
生き残っていません。

そういうことで、採用も同じで、
手間暇を掛けていることが
手にとるように分かったので、
いよいよ土台が完成したんだなと
これまでの苦労をねぎらったのです。
(おごってもらったけど笑)

今や利益が出始めて、
強いチームになった彼ら。

で・・どうやってこんなヘンピな場所に
お客を集めてんのってことなんですが。

物凄くシンプルかつ強力な
ノウハウがあったのです。

これを公開できるかどうかは
まだわかんないので、続きが知りたいなら
私の記事を読み続けてください。

リアルタイムで進行しています。

とりあえず、今日はコンテナ開けるトコ
見に行ってきます。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)