stickyimage

Menu

【残り1日】プロに褒められたのでダブルスキルのコツを伝授します


プログラミングのこと書いたら
プロに褒められた!!!

すごいですね!プログラミングで食べてる人も、
最近はサーバ間の通信やらcronを使ったものなど
知らない人も多いのに、独学でやってしまったんですね!

すごいなあ、私はプログラミングはできても
活かす方法をしらないので、請負仕事しかできてませんߒƍ
英語ペラペラの姉も貧乏してますし。。
技術をお金に換える部分が一番難しいなあと思うので
そこがある吉田さんはすごいです!だから勉強が活きるのですね!

自分の技術はどう活かせるかなあ、と考えつつ、、
今後のご活躍も楽しみにしています!

分かってくれる人がいることが分かったので
今日はガッツリとエンジニアの人なら共感するはずの
超濃いオタク記事を書きます笑

今、空港のラウンジで時間あるので。

まず、プログラミングで「こんなものを作りたい」という
具体的な目的があることが重要です。

こんな処理を自動化したい、とか
こんなことができたらいいなって。

想像に夢を膨らませます。
これは起業家の役割ですね。

例えば私の場合は直近で2つのツールを作りました。
1つ目は私だけの秘密で、2つ目はタイマー。

ポモドーロ・テクニックという
25分ずつ短い時間に区切って
タスクを消化するという手法です。

ただ、このタイマーだけだと、
どうもタスクを何時間やったのか、
ゴールが見えない。

300時間やれば、誰でも何でも
プロになれることを身をもって体験しました。
おいら億万長者なんで、自信ある。

例えば1日1時間の英語と、
1日1時間のプログラミングをやったら、
30分を2コマずつ消化したという形で、
それを累積したいと考えました。

ここで、25分x300時間という
まったく新しいコンセプトにたどり着きました。

25分刻みで300時間に到達した時、
あなたにダブルスキルが手に入るのです。

収入は軽く5倍以上増えます。
そうさせる自信ある。

色んなアプリを試したけど、
私がやりたいことを実現できる
最高のアプリには出会えませんでした。

車輪の二重発明はしてはいけない。
あればそれを使うし、無ければ作る。
ここまでが起業家的発想です。

では、どうやって作るのか。

まずはフレームワークを作ります。
フレームワークっていうのは骨組みとか
構造とかっていう意味。

ここのフォームでボタンを押したら
その後、サンクスページに飛ぶとか
そういうことを図に書くわけです。

要件定義とか仕様とか言うのかな。
上級エンジニアが行う仕事とされてます。

そんで私はBootstrapという
フレームワークを使ってみることにしました。

フレームワークって、処理の塊というか、
なんかログインシステムがパッケージになってて
Wordpressみたいにもう入ってんのかなあと
勝手に思ってたんだけど、実際はただのHTML。

ただのテンプレじゃん!PHPとか一個もないやん!
というところからのスタートです。

でも、これでフォームの数とか、
どこに何を表示するのかを自然に考えてました。
確かにロジック入れるのはその後だわ。

その構成が固まったらようやくボチボチと
作業に入ることになります。

まずはheader.phpとfooter.phpに
切り分けてとか、1つのページをバラバラにする感じ。

ここからプログラマの仕事になります。
ロジックを考えるのはバックエンドエンジニアの仕事。

バックエンドって結局CRUD。
Create=データを挿入する
Read=データを取り出す
Update=データを上書き
Delete=データを削除

なんだけども、MySQLの
Createは実際はInsert文だし、
ReadはSELECT文と言って読み方違う。
これだけで最初は混乱してました。

1個目に作ったツールは
Curlでとあるサイトにログインして
データ10万個配列で抜くとかやってたので、
技術的にはかなり激しいことやってたけど、
今回のはフォームに入力した情報を
POSTやGETでCRUDするだけなので楽でした。

データベースの設計も1個目は
非常に複雑な正規化が必要だったけど、
今回はテーブル数が少ないので簡単。
joinも不要なのでSQL文がシンプル。

これでどのスキルが300時間から逆算して
何分目まで行ったのかが視覚的に
把握できるようになりました。

例えばメルマガとかも、始めたばかりの頃は
「ご飯食べました、美味しかったです」ぐらいしか
書けなかったんですよ。

これ書くのが毎日だいたい1時間ぐらいなので、
ここまでで1687文字書いてるワケです。

300時間前後のスキルが伸び率一番高い。
ここまでくれば、惰性でも勝手に伸びます。

さて、次はタイマー機能の実装です。
ここから先はフロントエンドエンジニアの仕事。

タイマーが秒を刻んでくのって、
PHPじゃ書けない。
リロードしなきゃいけないので。

PHPはサーバサイドスクリプトで、
Javascriptはブラウザ上で動きます。

なので、タイマーのカウントが減る動作は
Javascriptで書いていくことになります。

カウントダウンはなんとか動いたけど、
今度はフォントが美しくないことに気づきました。

CSSのフォントファミリーが外国仕様。
海外のソースパクるとよくあること。

フォントをチェックして、見栄えを良くして、
タイマーがゼロになったら音が鳴るようにする。

ほとんどのカウントダウンタイマーが
終了時に「ポコッ」としか鳴らないけど、
それじゃ終わったことに気づかない場合が多い。

なので、終了の合図は
学校のチャイムにすることにしました。
こういうのはフロント(見栄え)担当。

で、ボタンを押したらカウントダウンが始まるのと、
ボタンを押したら1コマを記録する動作は
両方同時にできないことが分かりました。

なぜなら記録するのはPHPで
カウントダウンするのはJavascript。

PHPはサーバで動き、
Javascriptはブラウザで動く。

どうしたもんかと思案して、stackoverflowで
英語で識者に質問をしたらAjaxはどう?と返ってきた。
stackoverflow.com…

いつも大変お世話になっておりますstackoverflow。

AjaxとはWeb2.0の技術。
Googleマップなんかに搭載されてます。
リロード無しで、ぬるぬる動きます。

Ajaxというヒントだけもらって、
あとは英語と日本語でググりまくって
基本的なことを頭に叩き込みます。

で、実装してみる。動いた。
それからどうしたっけ。えーと。

そうだ。それまで自分のPC内のXamppで
動かしてたものを、サーバにアップして、
ドメインからアクセスしたんだっけ。

そして累積のタスクとは別に、
毎日のタスクはリセットしたいので、
最初はMySQLのイベントで実行したけど、
本番のレンサバだとroot権限ないので
cronに作戦変更。

bash書いてシェルスクリプトを実行し、
1日1回発動して今日のタスクをリセット。

この時、ログイン周りを改修します。
ここが一番やりたかったことです。

ユーザ登録は別システムで行って、
そこからサンクスメールや決済を完了させ、
ユーザIDとパスワードを付与して
ログインだけ行いたいということ。

メールアドレスや決済等の機微な情報を
わざわざ二重に管理して漏洩リスクを
増やしたり、自動返信メール等のロジックに
余計なコストを掛けたくなかったからです。

これをできる技術者が誰もいなくて、
結局自分で連携しました。

ユーザ登録のロジックがいらないので、
工数減ったのに難度が上がって
コストが増える謎の現象が発生。

ま、次からはコピペで済むけど。
LTVで考えるなら安いもんか。

別システムで予めIDとPassを
連番で登録しておいて、ユーザ登録が
あるごとに、私の作ったシステムにPOSTし
MySQLにハッシュ化して登録、
サンクスメールでユーザに通知する流れ。

セッションとかクッキーとかもここで学びました。
ログイン周りを書けるエンジニアは少ない。

てかクッキーはヤバい。
色々な行動を解析できてしまう。

で、ここまでできたら検収に入ります。
デバックとも言って、エラーがないかとか
想定外の動作をしないかをチェックします。

これは起業家の仕事ですね。

私の場合、自分で作りたいツールだったので、
自分で使い倒していきます。

そうすると、textareaのメモ書きが途中で切れてた。
仮でデータを入れたときには気づかなかったこと。
MySQLのvarcharの長さが255になってたから。

使って初めて気づく部分を修正していきます。
SQLインジェクションとか、自分で自分の
ツールに攻撃を仕掛けてみたりします。

SSL無しで上げて通信傍受してみたりとか。
ここでホワイトハッカーになれた気がする。

覚えたばかりの技術を使って
空港で何気なく起動すると、
ポケモンGOばりにヒットする。
アカンよこれは!アカン警察。

ある程度バグが無くなったら検収完了。
これがバージョン1.0ってことなのかな。

しかし、ここまででようやく「半分」です。

ここからはみんなに使ってもらわなければなりません。
ここからが起業家の本領発揮。

自分が作ったなら集客は、より簡単になる。
なぜなら熱い気持ちがそこに乗るからだ。

そして自分が一番のユーザだからこそ、
使い方の指導にも熱が入るというもの。

私の場合なら弊社のスタッフ全員に
配布して使ってもらうことにします。
これでユーザ60名ゲット。

そして全員のスキルが私レベルで
アップして業績も倍増します。

そこでのフィードバックを元に、
動画マニュアルやreadme.txtを作成。
本番サーバにアップしてバージョン2.0です。

一般ユーザに販売する方法はたくさんあるけど、
ツールは使ってもらえばもらうほど、べっぴんさんになる。

ランディングページを作って、
広告を打ったり、紹介してもらったり、
ゼロからだと私の経験上収益化まで3年掛かります。

私の場合はメルマガという媒体があるので、
満足するものができたら紹介できたりします。

ちなみにこのメルマガは登録者が4万人ほどいるので、
一瞬でユーザ1000人は超えて行きそう。
みんなそれで稼げるようになれば、いいじゃないか。

以上、集客力のある起業家が
フルスタックエンジニアになるまでの道のりでした。

300時間だとこのぐらい。
細かいこと言えばソースがほとんど
ハードコーディングなので、散らかってます。

ここからfunctionとかクラスとか使って
整頓したり、複数人でコミットするとかいう、
そういうことができるようにしようかなと。

ちなみに、現段階としては弊社スタッフに
配布するところなので、一般公開するかどうかは
まったく決めていません。

それよりも、このスキルを
手に入れたところがデカい。

最後にアドバイスだけど、
起業家なら、1日たった1時間だけ、
プログラミングを学ぶべき。

エンジニアなら、1日たった1時間だけ、
ネットで販売する方法を学ぶべき。

技術をお金に変えるのが難しいという読者さん。
私は逆に技術はお金で買えないと思ってます。

慣れてることを続けてる方が楽。
しかしそれは本当に楽なのだろうか?
お互いジリ貧でしたよね。

どんなに3日坊主でも300時間で
人生を変えさせる能力も得ました。

私が本気を出した時、その時は。

触れた者を全員、幸せにしてあげる。

nor


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)

2か月 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved