stickyimage

Menu

【本日終了】ネット物販で稼ぐ普遍のノウハウとは


「LINEのグループで聞いてみたんだけど。」

例のドッジボールの大会のTシャツを妻が
デザイン担当することになって、夜なべして
10パターンぐらい候補を作ってた。

「ダントツだったんだよね。」

なんでも、12人ぐらいいるグループで
9票が1つのTシャツに集まり、
3票ぐらいだけ別のシャツという結果だったらしい。

「でも、私の一押しはコレだったんだけどなー。」

そう言って、指差した。
指差した先にはLINEのグループがあって、
ラジオボタンで1個だけ選べるようになってる。

妻が指差したシャツは真ん中ぐらいにある。

「なあんだ、理由は簡単じゃん。」

私は言った。

だって、全ての票が「一番左上」に
集中してたからだ。

まるでインターネットマーケティングの
教科書のような結果だな。
私はその結果を面白がった。

「なんでイチオシを左上に持ってこなかったんだよ。」
「えー、そんなこと考えなかったもん。」

全てのマーケティングはシンプルな
上位表示対策だ。

内容がどうであれ、一番上に表示されてるものを
ニンゲンは選ぶ習性があるってこと。

こんな手作りのLINEのグループですら
同じ結果が出てしまうし、アンケートを作って初めて
それに気づくことができる。

答える側は、何も考えていない。
「私が選んだ」と思い込んでる。

選んでもらうんじゃなくて、
選ばせるんだよ。そう言った。

アルゴリズムの花形はソート関数。
新しいものから順番に並べる関数や、
新着順、評価順、アルファベット順に
並べる方法など様々ある。

こう言った思考回路が「芯」を食っていれば、
何やっても稼げます。

分からなければ、いくらプログラミングができても、
どれだけ良いモノ作っても、何も売れない。

つまりは、それが韓国輸出だろうが、
中国輸入だろうが、せどりだろうが
考え方は何でも一緒だってこと。

韓国輸出の対談は本日で終了です。
固定概念を外してご覧ください。
ca94.biz…

検索に上位表示するための
打ち手を考える。それだけ。

では、無在庫販売の場合は
どうやって上位表示をするのだろうか。

無在庫の特徴は大量に出品できること。
アルゴリズムはプラットフォームによって違い、
韓国の検索エンジンは独自のスタイル。

それにしたって何が上がるか最初はわかんないので、
まずは出品してみて上がったものを残し、
上がらないものを下げるだけ。

シンプルにそれを繰り返す。
それが原理原則です。

例えば世界はGoogleでできてるけど、
中国は百度だし韓国はNAVERという
世界的にも珍しいガラパゴスです。

でも、ソースをひっくりかえせば結局みんな
コンピュータ言語で書かれてる。
テレパシーで動いてるワケじゃない。

ニンゲンはみんな上にあるものから選ぶ。
下から順番に検索する人はいない。

問題なのは、国や言語の違いではない。

ライバルが多ければ上がりにくいし、
ライバルが少なければ上がりやすい。

韓国輸出の場合は、あなたがそうやって
ちょっとした抵抗があって手が出せてないので、
ライバルが少なく、上がりやすいということ。

韓国語を見ただけで、99%の日本人は
おそらく出品までたどり着けないでしょう。

どこにフォーカスするかで
稼ぐ金額は2桁ぐらい変わってくる。
曇りなき眼で、見定めよ。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)

3か月 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved