stickyimage

Menu

消費者庁からメールが届きました


「消費者庁からメールが届きました。」

未読メッセージ開いたらこんな報告があった。
青天の霹靂は、ある日突然やって来る。
だから気持ちよく寝れることなんてあんま無い。

朝起きた時が一番心臓がバクバクしてる。
溜まってる未読を開きながら、
不測の事態が起きてないか見るのが一番ヤだ。

それを処理していってようやく
1日が終わり、安心するって感じ。

だから思うように仕事ができないと
すっごいストレスが溜まりがちだった。

けど最近はこなれてきたこともあって、
心臓が止まるようなトラブルも減りました。

だから急にポッカリ穴が空いて
これからの時間どうしようって思う時がある。
何したらいいんだろね。

さて、消費者庁からメッセージが来たのは
商品説明ページ(LP)に対して
「不当表示につながるおそれがある表示」が
あるので、啓発するメールをくれたとのこと。

啓発ってなんだろ、独特な表現ですね。
ただ、いきなりこんなもんが来たら
初めてだったら普通驚きます。

気合の入ったLP作ったとしても、
誰にも見られていないうちは
何を書いても文句も言われないし、
反応もありません。

これはこれで不安だけど、
アクセスが増えて成約もするようになると
今度はコンプライアンスの問題など
今まで無かった問題に直面することになります。

もちろん最初から万全の体制なのが一番だけど、
会社も社長も法律知識があるワケじゃありません。

というか、急に売上が上がるタイミングって
今まで顕在化してなかった問題が
一気に噴出するタイミングでもあります。

ここに対応できる人は伸びるし、
対応できない人は消えていくでしょう。

では、どうやったら対応できるのか。

問題は法律のことだけじゃなくて、
例えばGoogleやAmazonやメルカリや
楽天やeBayからBANされそうになるのも
よくある青天の霹靂ですよね。

事故を未然に防ぐために勉強しすぎるのは
晴れの日に傘を差すぐらい意味ないです。

大事なことは、こういう指摘があったら
素直に話しを聞いて対応するということですね。
大体これでなんとかなります。

その返事のピントがズレていたとしても、
指摘→修正→指摘→修正を繰り返せば
どんどん知見が貯まって精度が上がります。

ということをたくさん繰り返して、
会社員時代はISOのコンサルタントしてました。

知らないことは別に問題じゃないので、
気づいたなら忘れず対策する姿勢ですね。

まあ今回は忙しくなって問題が発生したので
良かったけれど、それより困るのが
なんとなく売上が下がってきた場合。

原因がわかんないと対策もできないので、
私はこっちの方が苦手です。

伸びてることはいいことだ!
反応があったら、喜ぼう!


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
1年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved