攻めに集中、守りに集中。 吉田の海外販売ノウハウ!


私の会社では様々な事業部で海外販売を
行なっているのですが、
今回は1回400万円の取引を開始。

少額取引から高額取引に至るまで
たくさんのビジネスモデルを
実践しているところです。

ただ、上には上がいるもので
数千万円から数億円の取引を
日常的に行なっているセラーがいます。
いわゆる個人商社と呼ばれる人達。

円安による為替の考え方も
私とは根本的に異なりました。
お互い利益は大きく増加してますが、
その影響や形態が全然違う。

同じ海外販売でも金額が異なれば
全く違うリサーチ方法やアプローチが
必要になり、奥が深いなあと。
私の知らなかった世界が存在してます。

起業した当初と異なり、ビジネスが
そろそろ安定してきました。

拡大一辺倒だったこの数年間でしたが、
これからしばらくは
守りに転じたいと考えています。

これは何もしないワケではなくて、
現状の成長フローを
完璧に守るということ。

会社という大きな器を考えると
キャパやリソースは限られていて
無限ではありません。

新規がゼロの起業当初は
新規を獲りに行ってナンボの世界。

ただ、たくさんのお客様を相手に
している現在では器は既に一杯の
状態で、1件の新規を取ることは
1件のリピーターを
失うことに繋がります。

ということで今は守りに集中する方針。
よく選択と集中と言われていますが、
海外販売という1つのビジネスに
集中しながら、攻めに集中・守りに集中
する段階があります。

攻め=新規獲得
守り=継続回数

私はこの2つの指標しかみてません。
派手に攻めているように見える人ほど
継続が疎かになっていたり、
器を広げすぎてコスト高になり、
攻めざるを得ない環境にある。

あせらず、たゆまず、おこたらず。

守りに入ると、実は一番不安がるのが
周りの関係者だったりします。

ライバルの動向や調査報告、
変えたほうが良い点など
矢継ぎ早に私を変えさせようとしますが
守るというのは変えないこと。

変わるよりも変えないことのほうが
実は大変な労力がいるものです。

鉄壁の防御力はどんな
攻撃にもひるまない。

内なる強さ、内面が問われます。

【あとがき1】

こう考えると日々、
焦らされることが多い毎日でした。

1.早くお金下さい。
2.ライバルはこんなことやってます。
3.職場の環境が良くない。
4.見直しについて5個提案します。
5.どこか行きませんか?
6.企画を早く実行してください。

みんな良いオトナなので
直球では言わずに
後ろ髪引かれるような言い方をします。

動じないで、何が本当に必要なのか
見極めて動かないといけないですね。

一所懸命前に進んでるようで
後ろ向きに走ることもありますから。

【あとがき2】

アマゾン海外販売戦略大全集は
かなりの数のダウンロードが
されています。

インターネットのビジネスで
「販路拡大」を目指すなら
世界のアマゾンに飛び出しましょう!
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/rfe4…

【あとがき3】

エグゼクティブクラブ5周年
記念イベントで10日間限定で
配布していた175ページに及ぶ
マニュアルを無料配布しています。

このマニュアルから、
伝説のセラーが多数生み出されました。

あなたも、私達と一緒に海外販売で
世界進出してみませんか?
エグゼクティブクラブの
STEP1マニュアルの無料ダウンロードは
こちらから
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/5i86…

【あとがき4】

エグゼクティブクラブの
ご紹介制度はこちら
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/v3ca…

【あとがき5】

PayPalの本人確認書類の未提出で
各種サービスを受けられない方が
かなり多くいます。

当会のシステムはPayPal決済を
主に利用しております。

そのため、PayPalの本人確認を
終えなければ各種サービスが
ご利用いただけません。

エグゼクティブクラブ以外にも
たくさんの用途が発生するので
もしものためにも、本人確認は
必ず完了させてくださいね。

よろしくお願いいたします。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)