メルカリ初出品で気づいたこととは?


「えーっと、何も考えずに左上の棚からと。」

手にとった大きな箱と小さな箱。
それを見るなりスタッフから全力で止められた。

「それ!クリスマスツリーですよ!」

・・・。確かに(°Σ°)

真夏にクリスマスツリーは
どう考えたって売れません。
しかもデカいし。

それにもう1つは車のパーツだったという。
まあちょっと、特殊な品物だし。

ということで、半分ネタではあったけど、
さすがにコレはマズいよねということで、
一旦棚に戻しました。

じゃあ今度はメルカリで売れそうな
在庫品を探そうと、また戻ったら、
あったあった、オルゴール。

これならイケるだろうと思って1000円!
と値付けをしようと思ったら、
またしても青ざめた顔の視線を感じる。

「あのー、それ仕入値24000円です。」

ええっ!?このボロ・・いやレトロな
オルゴールが2万円もするの?
絶対買わな・・いやそんなもんかなあ?

ということで、最初っからぎこちなく
始めたメルカリ出品でしたけど、
見てたら随分と色々なことが分かりました。

まず、メルカリの商品は商品名を指定して
詳細検索を行うことができます。

販売状況を「売切れ」に指定すると
落札された商品の一覧が出てきます。

それらを分析してみると「フリマアプリ」と
言うだけあって、ビジネス感覚の人は
あまり存在していません。

ということは、ポロリと
お値打ち品が転がってることが
あるということです(ていうかあった)。

ヤフオクと同じように自己紹介欄には
返品返金お断りと言った文言が
定型文として並んでいます。

意外と多かったのが◯◯様専用というタイトル。
購入希望者の専用ページみたいなもんですね。

ということで、どちらかと言えば、
販売よりも仕入れの方が向いてるなと。
そういうプラットフォームですね。

なぜ、本業が海外販売なのにこういった
国内のアプリを使ってみようかと思ったのかと言うと、
実は無在庫販売をしててどうしても在庫がない場合に
たまにこういったスマホ系のアプリから
購入をすることがあるからです。

出品してみたらどうなるかなーと思ったんですが、
メルカリの場合は出品期間の定めがないので、
販売チャネルの1つとして置いとく分には良いでしょう。

表示は出品したもの順なので、
eBay輸出で言うところのBest matchや
Amazon輸出のカートを取るという発想はありません。
新着よりもタイトルに気をつけた方が売れるでしょう。

最近は全体の数字を見ることが多かったので、
1つ1つの商材の目利きが相当落ちてるなと。

これを機会にもう一度ガッツリと
本気のリサーチをしてみます。

mercari_logo_horizontal


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)