強いリーダーになってもらえませんか?


過去の実績があるお陰で、
話を聞いてもらいやすくなった。

取引先から有望な案件を一番最初にもらえるし、
勝ち馬に乗るから勝つという循環が続いてる。

「昔自分でやってた頃はねえ」なんて
年寄りの自慢話のようなセリフも
初めて会う人は興味深く聞いてくれる。

場合によっては、つまんないんですよと
ボヤいたセリフがまた人を惹きつけたりもする。

それでも、過去は過去でしかない。
だからズルいようだけど、過去の実績をネタに
未来へ、如何に価値を転換していくかがポイントで。

イノベーションを起こすことが私の仕事になってきた。
そして私も起業して9年目。

なのに周りを見渡すと、規模に見合った人が
全く育っていないことに気づく。
崩壊の足音が、すぐ近くまで鳴り響いてるようだ。

ちょうど瀬戸際に来てる実感がある。

このままプレーヤーとして続けるのか、
それとも、もっともっと大きなビジョンで
事業を大きく拡大していくのか。

プレーヤーとして続けることになると、
自分の範疇でしか物事を続けられない。

もし、私の実力不足が露呈して、
人を育てられなかったら、何個か
ビジネスの整理を始めなきゃいけない。

得意な分野だけに集中して、
仕事はある程度断らなきゃいけないだろう。

もしも、強いリーダーの育成に成功したら。
それこそ、もっと大きく飛躍が出来る。

だから私は賭けに出ました。

今は自分でなるべく仕事を抱えず、
人に任せて、ひたすらペン入れ(添削)を
するということを繰り返しています。

自分でやった方が早いのに・・
この座組は私ならこうするのに・・

そうこうしているウチに時間は過ぎていく。
これは落とせない案件なのに、大丈夫かな。
人に任せるのが、ホントは怖い。

自分でやってしまいたい衝動を抑えて、
ひたすら来るのを待つ、そしてペン入れをする。
見るのは1日30分で終わってしまう。

そして長い長い、苦悶の時間が続く。

デカい案件を取るだけ取って、
人に任せて自分はUSJなんか遊びに行って、
それで出来なかったら、オレ終わりだな。

覚悟の下半期が始まりました。
すべてを失う覚悟で、私はあなたに託したい。

1人前になってほしいと、心から願っています。

15345275407_aa9177af32_z


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。