stickyimage

Menu

届くメールは意外なカタチをしてた


私のメルマガって、自分のメールボックスを
確認する限りでは迷惑メールに
最近では8割方入ってました。

まあ、それでも読んでくれる人はいるワケだし、
読みたい人だけ読んでくれればいいやと、
半分あきらめと、割り切りがあったんですよね。

で、昨日も配信前にずーっとテストを繰り返してました。
1人の配信だと、到着までに1秒もかからないので、
迷惑メールに入るかどうかの判定は、
もちろん誰かが見てるわけではなくてGmailの自動判定。

Outlookとか別のメーラー使ってる人も
いるかもしれないけれど、大半が今はGmailですよね。

それでずっと本文削ったり、あとがき削ったり、
短くしたり、長くしたりとテクニック的なことを
続けてたら、1時間後にようやく私の環境では
迷惑メールに入らなくなりました。

で、分かったのが確かに到達しやすいメールの
「カタチ」があるということ。

いま、コミュニケーションを取る手段はたくさんあって、
メールの時代は終わったと言われた時もありました。

ただメールアドレスというのは全てのキーになるもので、
何かのサービスに登録する時のログインに必要だったり、
商品を購入した時に受け取るものであったりと、
無くてはならない、必須のツールです。

だからこそ、ちゃんと届ける工夫を
しなきゃいけないですよね。

で、ここ3通ほどを徹底的にチェックをしてみた結果、
届きやすいメールの特徴は、なんだか
私にとって、懐かしいものでした。

それは、「私信メール」。

本来、メールというのはごちゃごちゃヘッダーに
第2053号とか目次とかが入ってる
ニュースレターじゃなくて、

○○さんへ。と相手の名前を最初に入れて
こんにちは、お元気ですか。と本文が入り、
○○でした。と最後に自分の名前が入って締める。

こういう、私からあなたへの手紙というのが、
そもそもシンプルなメールだよねと。

そういう形式に近づけたところ、
迷惑メールに入りにくくなりました。

あとは、リンクがやたら定位置に
固まりすぎててもダメっぽいです。

自然に文章書いてたら、確かにリンクを
数行おきに貼るなんてこと、ないもんね。

Gmailって、そういう判定するんだなあと、
なんかこー、気付かされたというか。

例えば、ネットショップやメディアの場合は
よほど良い記事を書いたとしても
Googleの検索エンジンでせめて1ページ目に
表示されなきゃ誰にも読んでもらえません。

Facebookでも、投稿の頻度や時間帯で
相手のタイムラインに表示されるか
どうかが大きく変わります。

やっぱり、まず見てもらわないことには始まらない。

テクニックだろうとなんだろうと、
いやそこまで必死じゃなくてもいいとか、
色々あるかもしれないけど、
まず、ここからのスタートです。

あなたも一斉送信のメールを送ることがあるなら
見てもらえる工夫をしましょう。
メールの場合は「配信テスト」でしたよね。

それにしても、ぶっちゃけ人に好かれる前に
Googleに好かれないといけないだなんて
なんだかアレな時代ですよね。

もちろんGoogleもユーザーの利便性を
第一に考えてるので、合わせるべきだけど、
質問しても返事くれるワケじゃないしねー。

キリがない。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
2年 ago by in メルマガを書く方法. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved