日本で認知度が低い国との貿易ビジネスを形にする


●日本で認知度が低い国との貿易ビジネスを形にする

●自己紹介
おはようございます!こんにちは!こんばんは!初めましての方は初めまして!
初めに少し私の自己紹介をさせて頂きます!誠に勝手ながらごりごり押す感じのメッセージでごめんなさい>< でもごりごりいきます(笑)。
私は今年4月に15年勤めた会社から脱サラしまして貿易会社を設立致しました。
15年のサラリーマン人生で経験した海外は、南米ボリビアと中米エルサルバドル。
なかなか日本人が旅行に行かない若しくは遠くて行けない国での仕事を経験させてもらった中で、中南米の方々は本当に日本が大好き!ラブジャパン!なんです。
休暇で日本へ帰る度に、あれ買って来てくれ、これは手に入らないのか?などの依頼を受けていました。そんな依頼をこなし、商品を持って行った時のあの喜んだ顔は今でも忘れられません。人から本当に感謝されている。喜ばれている。お互いに国籍は違えど心が通じ合ってるな〜としみじみ思っていました。
それから私の中でこんなに人が喜んでくれるのなら本格的に貿易で日本の商品がたくさん手に入るようになったら・・・・もっとたくさんの人たちが喜んでくれる!もっとたくさんの人たちへクォリティーの高いメイドインジャパンの商品を使ってもらえる!本当に日本の商品は手に入りにくいのが現状なんです。でも日本の商品は人気がある。だったら私にしか出来ない中米のゲートウェイ戦略企業を一人で目指そうとなったわけです。

●ビジネスの明確化

インターネット上でひたすら貿易を勉強する日々が続いている中で出会ったのが、吉田ゆうすけさんです。
吉田ゆうすけさんも、脱サラして家族と共に奮闘しつつ、海外販売ビジネスを形にして稼ぎに稼ぎまくっているお方。
私からみたら、うらやましいな〜 私もこうなれたらいいな〜と思いつつ毎日配信される記事を読んでいたところ・・・・・

ん?んん?

なんとその吉田ゆうすけさん主催のセミナーで、個人商社セミナーなるものが開催されるとの記事が!私の会社のビジネスの一つにも考えがあったことからこれは参加するしかないっ!
ということでセミナーへ参加させて頂きました。
内容は・・・日本国内の商材をメーカーさんと一緒になって海外展開していきましょうでした。日本の素晴らしい商材をもっともっと海外の方に知ってもらいたい!と以前から考えていた私はこれだ!と教えられた内容を私の中でどのように行動すればいいのかを考案。
これは地元の商工会議所へ突撃〜〜〜♫
元々私の地元の工芸品を輸出のメイン商材に考えていましたが、セミナーで教わった内容で再度その商材が大丈夫かチェック!
すると・・・・がっちり条件(次の回に条件内容をご紹介しますね)に当てはまる商材があるじゃないですかっ!善は急げとメーカーさんへ直接電話アポを取り、熱く語っていると、一緒に海外展開をしましょうとお話に乗ってくれました。この瞬間は本当に嬉しかったです。

●まとめ

さ〜後は実際に物を運び、物販する。そしてお互いに喜んでもらえる架け橋を私が掛ける。取引量が大きくなって来たら商社へルートの権利ごと売り抜く。そうすることによって更に安心して輸出や輸入を行える業者さんが増えてくる。中米全域にゲートウェイ戦略が浸透すれば、中米も更に発展していける。日本と中米。これだけ愛されているのに一緒にビジネスをやらないわけにはいきません!

まずは自己紹介と私の活動内容のほんの一部をご紹介させて頂きました。暑苦しい文章かもしれませんが・・・不器用なのでご勘弁を(笑)
では!

あたなへ加藤拝