中南米へ商品を輸出する方法


中南米へ輸出商品をビジネス展開する方法

まずはしっかりとした戦略を練ろう

おはようございます!中南米と日本を結ぶゲートウェイ戦略企業の加藤です。最近の私の中で取捨選択がしっかりと出来てビジネスにひたすら真摯に向き合い進む道がはっきりとしてきました。普段から悩む事もあったり回り道をしたり(笑)困難が毎日のように襲ってきますが、つらいときほど笑ってどんどんと進んで行こうと思います。あなたも悩んでいる時は一人で悩まずに私の記事を見て元気を出してくださいね!私と言えば小・中・高・社会人(プロではないですよw)とサッカー部でしたので体力には自信があるのですが、さすがに連日連夜半分徹夜のような生活に少し疲れが・・・・もう年なのかな?いやいやそんなことは認めたくない!と自分自身を奮起させてメーカーさんの工場へ向かいました。エルサルバドル国旗をデザインして商材を作成頂いた彫金メーカーさんと今後の展開についてお話をさせて頂きました。やはり一回の注文だけでなく継続した注文が入るのが好ましいですものね。急に作成のお話を持っていったところで、私の戦略をお話しなければただの一方通行になってしまいますので、しっかりと説明をさせて頂きました。

世界各国への活動になる

私の戦略は、メイドインジャパンの彫金細工の商材を作成し、各国の観光業界で販売しませんか?というものです。その第1弾がエルサルバドル。エルサルバドルというのは、治安の関係で日本人旅行者は少ないのですが、中米のハブ空港になっていることもあり、中米の旅行者は空港及びその周辺施設を以外に多く使用しているのです。空港やホテルでメイドインジャパンの彫金技術を駆使したエルサルバドルならではのお土産物が売られていたらどうでしょう?購買率は高まります!観光からの売上が上がればしっかりとした税収=国益が獲得できるわけです。国益確保のお手伝いを日本唯一の技術で一緒に盛り上げていきませんか?というものです。本格的な商品をメイドインジャパンと表記して売りまくる!これが出来るような場所へ片っ端から営業をかけましょうということをお話させて頂きました。ではどうやって商材をアピールするのか?

まずは行動してみよう

以下に私が実際に行動した内容を記載致します。1 関係したい国の大使館へ連絡を取ってみよう 世界各国にはそれぞれの国の大使館や領事館が存在しています。勤務している方々は外交官!では外交官って何をするの?といえば自分の国を如何に相手国に知ってもらうか?や如何に国益になるように活動できるか?が一つの目的になっているはずです。ですから日本国内にある大使館では日本市場を相手に国益に繋がるように活動を行っているはずですので、あなたの国の商材を日本市場へ輸入したい、若しくは日本の技術を使ってあなたの国の発展に寄与したいという人間がいれば興味を示すはずです。皆様が思っているよりも以外にお話を聞いてくださると思いますので敷居が高く感じていてもまずはお電話してみてもいいと思います。日本人にはなじみの低い国でも日本人関係者は必ずいるものです。そこで大使館を通してご紹介を頂けたら更にビジネスが加速しますね!ここが狙い所なのです。日本国内で活躍している方は必ずいます。大使館がビジネスマッチングをしてくれる・・・・となれば人脈に幅が出来る可能性が上がります。2 各国の展示会をチェックしよう ジェトロのHP等に記載されているのでみてみましょう。見本市・展示会情➡http://www.jetro.go.jp/j-messe/色々なジャンルの展示会情報が満載となっています。そこで私が選ぶのは商材に適した展示会へ参加をすること。この参加に関しては、日本に居ながらですと非常に難しいのでジェトロからも側方支援を頂けますので、参加するように意思表示をジェトロ側にすると相談に乗って頂けます。これを利用しない手はありませんね!輸出する際や輸入する際にも注意点やビジネスの進め方をアドバイスしてくれますので非常にいい情報が満載です。しかも無料で相談を受けられるのがいいですね!3 代理店契約を結べる方を探してみよう 各国での営業は大変です。しかしあなたの海外進出業務を支援しますという企業は日本国内を探しても沢山あります。あなたが展開をしたい国への支援企業があれば必ず電話をしてみましょう。きっと国の情勢から展開方法まで相談に乗ってくれることと思います。着手金を請求される場合がありますが、私の場合は必ず成功報酬という形を取らさせてもらっています。売上の数%を実績と共にお支払い致しますのであなた達も営業を頑張ってください!という契約です。極力先払いは避けましょう。営業成績が悪い・・・払って損した・・・・ということが無いように契約をしていきます。
契約内容によっては販売ルートの権利を営業代理店側に委託するようなことになっている場合も要注意です。商材の権利だけは相手側にもっていかれないように契約内容を確認しましょう。

まとめ

さて結構沢山の情報量になったと思いますが、行動を一つ一つ起こして行ければ、必ず人脈が広がりあなたのビジネスを加速してくれる人間が現れてきます。一人で行動して来たことが、多馬力になっていくのは本当に心強いです。行動をしているとそれに伴う出費が怖いです。どんどんと減っていく活動資金。でも結果が出ない焦り。安易な稼げます系商材に手を出しそうになりますが、そこはぐっとこらえて「自分が何ものになりたいのか?何をして人生を過ごしたいのか?」もう一度自分へベクトルを向けて考えましょう!私も相当にきついです。しかし諦めたら結果は出なくなります。諦めなければビジネスとしてやってはいけない事を学べる機会がありますし、取捨選択が早まります。どんどんと経験してあなたの中に方程式を作りましょう。ここまで活動をしてみて感じるのは、実際に行動してみるとエルサルバドル大使館から私のビジネスを加速する為の人材を沢山ご紹介して頂きました。初め大使館に顔を出した時は「誰?あなた?」から始まりましたもの。でも熱い気持ちを伝えたら相手の方が真剣になってきます。ちょっと怖いくらい(笑)。でもでも電話1本入れる行動をしていなかったら・・・・今でも一人で喘いでいたのでしょうね。この気づきは吉田さんからもたらされたものです。ここで気づきが得られたのも行動をしてこそなのです。セミナーで学んだことを行動に移すとこのように見えてくるんですね!

では!

あなたへ加藤拝