サイバーエージェントの決算発表で注目の結果2つ。


昨日の記事が思いのほか好評で、
たくさんの方から私も同じような
悩みを抱えていました!という
感想をいただきました。

うーん、即席で思ってたことをそのまま
書いたのでノウハウでもないし申し訳ないなと
思いつつ出したんですけど、それはそれで
良かったみたいですね、ありがとうございます。

さて、多くの人が注目してた
サイバーエージェントの決算発表を眺めてました。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/eng7…

Ameba事業を見てると、大きく分けて
3つのターンに分かれてることが分かります。

1.PC/フィーチャーフォン繁栄期
2.スマートフォン投資期
3.収穫期

アメブロが始まったのは確か2007年頃。
同じようにあるけれど、
中身はまったく異なる良い例かなと。

当時、アクセスアップするならアメブロだと
かなり話題になったのを覚えています。

ガラケー全盛でブログが流行ってた頃は、
アメブロのアクセス数とサイバーエージェントの
売上、利益も大きく伸びていました。

それが利益が急落したことを受けて、
藤田社長はいち早く、スマホへの大転換を
一気に推し進め始めました。

この時って、確かにスマホシフトするだろうけど、
そこまで深刻な問題かなあなんて私は
のんきに受け取ってたような気がします。

この時サイバーエージェントが突っ走ったのは
スマホ転換とゲーム事業の2つでした。

今回2つともしっかり利益を出してますね。

さて、その中でやや物議を醸し出してたのが
トークライブアプリの755です。

藤田さんと堀江さんの合作で芸能人を起用して
CMをバンバン打った755でしたが、
結果は今のところ満足するものではなかった様子。

実はこの戦略、アメブロが他のブログサービスを
ごぼう抜きして成功した方法と全く一緒なんです。

アメブロは、芸能人や著名人に声を掛けて、
次々とオフィシャルブログにすることで、
芸能人の書き込みを一気に増やし、
一般にも広まったという方法を取ってました。

これを755にも当てはめたんですね。
同じ成功体験が、2回続くとは限らないのが
ビジネスの面白いところでもあり、
悩ましいところでもありますよね。

これだけ才覚あふれる大きな会社が
真剣に考えても失敗はするんだなあと。

しかしそれをもって余りある、
地味に突き抜けてるのが投資育成事業です。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/n4q5…

私もいま、変わろうとしています。
いままでとはまったく違ったエンジンで。

前向きに、もがいています。
次の収穫期に向けて。

aiygan


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)