労働脳と投資脳とストップ高。


140511mixi

「なんてことだ、倍になってる・・。」

全身がヒリついて、背筋が伸びた。
なんだかとんでもないものを見つけた。

以前紹介したミクシィ株ですが、
たった半月で倍近く株価が跳ね上がりました。

時価総額はDeNA超え、
強烈な伸びを見せている。

途中参加ではあるけれど
売り時を勉強するため保有してましたが
月曜朝イチで売ります。
キャプチャ取っとこ。

他の2銘柄も、えーと現在15%アップか。

ビリビリと、鳥肌が立つのが止まらない。
こういうことなのかと思った。

これは投資でなく投機に近いので
不本意ですが、不本意が分かった。

海外販売をはじめて、
商売の基本は「価格差」だという
ごくごく基本的なことを忠実に行ってきた。

かつ、それだけでは面白く無いので
リピーターを増やすための施策を考えた。

さらに毎日の出来事を記事にして公開して
仲間を増やそうとこちらは気長に
今日まで続けてきました。

全てが繋がってはいるんだけど、
マグレの部分もあったんじゃないか。

そう考えて、テスト的に全然関係のない
ビジネスに手を出してみたりするんですが、
これがまた全部成功しています。

私の中でのセオリーがはっきりして
全部がピッタリはまった瞬間でした。

ビジネスとは・・
「安く買って、高く売る。」
それ以外の何物でもありません。

株価の場合は時間差、
海外販売の新商品販売の場合は
主に地域差を狙います。

安いか高いかは地域差、時間差の
2種類しかなくて、非常にシンプルです。

他のことはイロをつける程度のもので
ゼロにいくら工夫をこらしてもゼロ。

つまりビジネスとは世の中にある、
ありとあらゆる価格差を
探すことから始まります。

いや、これ以外から始めちゃいけないんです。
資格試験や学校教育というのは全て
この真逆の視点から始まっています。

これはきっと、出口戦略と呼ばれてるもので
利益を確定させてから物事に取り組む
姿勢そのものを表しています。

10年、30年スパンの出口ではなく、
物事1つに対して出口を決めること。
これが鉄則です。

だから私には人生設計がありません。
どうやっても見つけられないのは
そもそも価格差の取りようがないから。

しかし目に見える価格差は
オープンな世の中になったので
より測りやすい時代になりました。

そこで登場するのがビッグデータの存在です。
ビッグデータとは物販の場合なら
いつ、何が、どこで、どれだけ売れたのか。

eBayならAdvanced Search、
Amazonならセールスランク。

これら1つ1つのナゾを解くこと。

バラバラな個々のデータは意味がなくても
集めてみると濃淡がハッキリしてくる。
価格差の信ぴょう性を高めるのに有効です。

全てはここから始まっていて、
その先に「売るためにはどうしたら良いか」
と前向きに考えていく作業があります。

法律的な問題や、マンパワーの問題、
お金の問題もあれば、物量の問題もあります。

答えは自分の中にある。

必ず見つかると思えば見つけられるし、
見つからないと思えば見つからない。

何の問題があるのかを書き出していって、
解決方法を編み出して消しこんでいくだけ。

不安がゼロになった時点でスタートして、
スタートする前からゴールが見えてる。

利益が出ることが分かっていて、
リスクの芽を全部消して挑むということ。

これが、ビジネスの必勝法だ。

分かっててやるのと分からないで
やるのとでは大違い。

って熱く語りすぎましたね・・。

とりあえず「ドラゴン桜」の漫画家が
株式投資をテーマにした「インベスターZ」
っていう漫画を描いてるので買って読んだ。

メンタルに関する考え方が面白かった。
労働と投資は、体の使い方が違うから。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。