烈火の如く駆け上がろうぜ2015年


どこへ行っても久しぶり攻撃でタイヘン。。

今年1年を振り返ると「人事」だって話しをしたけど、
この話し反響なかったら辞めよっかなと考えてたら
意外に良い感想もらえたので続けます。

スティーブ・ジョブズ
「スタンフォード大学に行くよりも、
 パリで数年間、詩の勉強をすることを強く勧める。」
1521247

これによると

> 大量生産、大量消費で経済が回っていた20世紀であれば、
> 産業革命当初に作られた教育方法を、
> そのまま使い続けるのは十分理解できますが、
> 1990年代から始まったIT革命によって、
> 多くのものが自動化され、人間には機械のような
> 「効率性」ではなく、機械には
> 到底生み出すことのできない「創造性」が
> 求められるようになりました。

その中でも

> イノベーションの代表格とされてきた、
> スティーブ・ジョブズはまだ世の中に無いものは、
> 今存在するモノとモノの組み合わせで、
> 創造性とは、その「組み合わせ」を見つける経験を
> どれだけ行っているかと述べた上で、
> 「スタンフォード大学に入ることも悪くはないが、
> パリで数年間、詩の勉強をしたり、
> 発展途上国の生活を自分の目で見てみることを強く勧める。」http://lrandcom.com/different_approach

という言葉は解釈を間違えるとタイヘンだけど、
的を得てるなと考えています。

ビジネスは想像力だと私はよく言っています。

将棋で言えば、詰将棋。
ビジネスは「壮大な詰将棋」なんですよね。

機械やツールは演算処理を得意とします。
演算にはルールがありますよね。

サッカーや野球、将棋やチェスなど、
長く楽しまれるゲームには美しいルールがあります。

将棋であれば「金」の駒の動きをプレイヤーが
変えることはできません。

この徹底したルールをまず作り上げることが大事。
そしたら、どんな風に戦おうかという戦略に、
想像力が膨らむようになりますよね。

その先の創造力を身につけるために、
芸術性や美しいフォントの勉強など
機械に出来ないことを身につけるべきと言ってます。

この「軸」となるルールを明確にすることなしに、
芸術性を磨くことは、あまり意味がありません。

1.ルールを作るために試行錯誤し、
2.ルールを変えることを止め、
3.ルールの中で全員が想像力を働かせる。

私の場合、ルールを考えるのは1人でやります。
孤独な作業ですけど、全部1人で組み上げる。

これで良いなと納得するまで作り上げたら
リリースして様子をみます。
長いものでは3年以上ルールを変えないことがあります。

その中で優秀な人が議論をして戦略が発展します。
将棋で言えば「穴熊」のような囲いや
サッカーならオフサイドトラップ、
野球ならゲッツーのような技術が生まれます。

ルールとは理論、理屈、数学です。
戦略とは閃き、経験、芸術です。

会社を経営する人、トップに立つ人は、
このルールをどう組み立てるのかを
理解することが非常に重要になります。

みんな与えられた枠組みの中で
優秀な成績を取ることは出来ても、
ルールの作り方を知ってる人はいません。

優秀な成績で一流大学を卒業した。
サッカーでキャプテンを務め全国大会に出場した。
最難関の資格試験に合格した。
TOEICで満点を取った。

これは優秀そうに見えるけど、
実は経営センスが何も身についてません。
ルールの中で上手くやっただけです。

優秀な人を、もう一段階引き上げるために
今年は奔走していたと言っても過言じゃなかったです。

とは言ってもマネージャークラスでも
会うべき人は多かったので、
1週間毎に色々な場所に飛んでました。

私は毎日会う人が違うのが当たり前だけど、
相手はいつも、私に久しぶりに会う。

そうすると「お久しぶりです!」と
元気よく挨拶されたり、迎えに来られたり。

お久しぶりなのでご飯でも行きましょうとか
お久しぶりなので人をご紹介しますとか
お久しぶりなのでもっと詳しく教えてくれとか
お久しぶりなのでお供しますとか。

気がついたら毎晩2週間連続で焼肉食べてたり。
(みんなは久しぶりだけど私は毎日。)

郷土料理やローカルフードのゲテモノばかり食べたり。
(毎朝ちゃんと普通のお味噌汁飲みたい。)

常に荷物の大半をお土産が占める。
(私は運び屋じゃない。)

もうどこへ行ってもお久しぶり攻撃で、
白目むいてたこともあります(笑)

これは精神的にキツかったですねえ。
もちろん、ありがたいんですよ。
みんな心待ちにしてくれてるから。

でも、私自身の体力の限界を感じました。
会食って、続くとしんどいんだね。

Facebookのマーク・ザッカーバーグが
「なぜザッカーバーグ氏は、毎日同じTシャツを着ているのか」
という質問にこう答えています。

MEXICO-US-ZUCKERBERG

FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は11月6日、アメリカ本社で「Q&A with Mark」を開催し、一般ユーザーからの質問に答えた。なかには「なぜザッカーバーグ氏は、毎日同じTシャツを着ているのか」というものもあり観客を沸かせたが、ザッカーバーグ氏は着るものについて「エネルギーを使うのは無駄」と回答した。http://tinyurl.com/lsrsn7k

人に会うのにキレイな格好をすべき。
人に会うのにお土産が必要。
出張にはスーツケースが必要。
秘書でも雇うべきだ。

こうやってどんどんエスカレートしてくもんだから
逆に「久しぶり」と「お土産禁止」令を出しました。
海外出張もカバン1つ、10kg以内に制限した。

一貫したルールと、鉄の掟が私にはあります。
今年は7年間の起業生活の中で磨かれたものを
伝えるステージでした。

伝えるのは、情熱。

ここで始めて理屈じゃなくて
感情で人を動かすことになります。

熱は高い場所から低い場所に流れる。
だから、私が常に熱くないといけない。

それが炭火のように周りに蓄積してくまで、
紙切れのように燃えて途切れないように
完全に理解するまで続ける必要がありました。

そしてようやく、それが終わったと
思えるフェーズにたどり着いた気がします。

チャットワークやメッセージも空っぽ。
私のタスクは極限までゼロに近づきました。

みんなが自発的に行動し、
利益コントロールが出来るようになりました。

家族との時間も持てるようになり、
娘と毎日散歩に出かけ、
自宅の引っ越し準備にも取り掛かります。

「守らば則ち余あり」

守備に時間を掛け、余力が生まれた2014年。
いよいよ2015年は攻めに転じるタイミングです。

107A2_024.9

まさしくこれから九天の上に動く。
九天とは大地を中心に回転する九つの天体。

日天・月天・水星天・金星天・火星天
木星天・土星天・恒星天・宗動天を指します。

烈火の如く駆け上がろうぜ2015年。
変革のタイミングです。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。