インターネットの購入希望者はどこを見る?


くインターネット販売を手がけていると、カンが働くようになってきます。

海外販売をしよう!-ありがとう

インターネットでの販売形態はたくさんあります。

楽天やamazon、ヤフーショッピング、ヤフーオークションとeBay。それから自社サイト

例えば上記のショップサイトなら、

1.欲しい品物を見つけ、
2.大体の予算を把握し
3.お客様の声を見て
4.購入を決定する

だいたいこの手順で間違いないでしょう。
(新規のお客様は)

ずっと、「売れないな~、天気が悪いからかな~

な~んて最初の頃は思っていたものですが、
このお客様の目線(動線)を意識すると、やっぱり成約率は上がります。

ショッピングサイトなどに、「悪い評価」が入ったりすると
ビビビッとヤバイセンサーが働くようになるんですね(笑)

インターネットってリアル販売と違って直接苦情を言われたり
直接暴力を振るわれるわけではないので、どうしてもこの辺りの感性が鈍くなりがち。

ではホームページの場合はどうでしょう。

毎回お客様の声(フィードバック)は更新されませんから、
意図的にこちら側で作ってあげる必要があります。
また、悪いフィードバックにおびえなくてもいいですから
(良い声だけ更新すればいい)

長期的にはこちらからの成約を
伸ばして行きたい所ですね^^

動線を意識しましょ~


The following two tabs change content below.