ニュージーランドでは3歳でピアスを空ける子どもがいる。


「あの自販機で、コーヒー買いましたよ。」

ぎょ(°Σ°)、なになにまさかの・・
ととと特定されてる~!

ってまあ何を特定されたか言うと
特定されまくるので言わないことにして。

昨日はニュージーランドで輸出業のビジネスされてて
昨年の9月に日本に戻って来られた方と会ってきました。

なんでもニュージーランドから
私の記事を毎回見てくださってたようで。

読者さんの海外比率がどんどん増えてる気がする。
なんでか分からないけどそりゃまあ良いとして。

彼はいわゆる販路拡大のために営業交渉から
始めるタイプのビジネスだったので、
結局、英語はもっと頑張りましょうよと
開口一番で言われました(苦笑)

5144284031_3cee49c2c1_z

私はビジネスの組み立ては全部日本語で行ってます。
だからスキームを作るのに、第一言語の深い理解は
必要不可欠だと感じています。

特に人に作業をお願いする時は重要ですね。
A個の商品がB円でC個売れている時、X円にする。
といった公式を必ず作るようにしています。

そうすると、誰がその問題を
解いても同じ答えになるから。

もし、あなたが問題を作成できないなら、
それはまだ自分の中で整理できてない、
アナログの範囲でしか成長できないってことですね。

こういう論理方程式を作る時は
1つの言語を極めることが必要です。
そして問題をシンプルにすること。

でも、商談やクロージング等の場合は
こういうルール作成よりも
共感や気が合うことの方が大事です。

私も何度も機会はあったんですけど
かなりチャンスを逃してるので
そういう意味のことを言ってるんでしょう。
非常に鋭い洞察力でした。

大学入学時からずっとニュージーランドにいたせいか、
彼は日本の環境にまだ慣れていない様子。

奥様は香港人で、家では広東語と英語と
日本語が飛び交う環境のようです。

奥様と彼は英語で会話、
子供と奥様は広東語で会話。
彼と子供は日本語で会話という
聞くだけでややこしい環境(笑)

世の中、自分が普通だと思ってるもんだけど
色んな家庭環境があるんだなあと実感。

人生の転機なったのはニュージーランドの
大学に入学したこと。入学したキッカケは
洋画の世界に憧れて留学を決意したからです。

色んな人を見てますけど、留学で大きく
人生を変えた人が多いですね。
特に貿易業の世界では。

さて、ニュージーランドというのは小さな国で
気候もおだやかで、のどかな農業国です。

世界に先駆けた高福祉国家であることは
実は日本ではあまり知られていません。

同じ歳頃の子供がいる父親同士としては
子どもの教育に関しても少し会話が及びましたが、
彼がまず言ってたのは「子育て費用が高い」
ってことでしたね。

出産や育児にかかる費用はニュージーランドは
かなり補助が下りるので、日本よりも
出産しやすい環境にあるんだとのこと。

その他に驚いたのが、ニュージーランドでは
子供も3歳ぐらいになると、保育園でも
ピアスを開けてる赤ちゃんが増えるらしい。

子ども同士で自慢しあってるんだとか。
ステレオタイプな日本の教育とは
ぜんぜん違う環境ですよね。

お昼寝する時間帯もそれぞれみたいだし、
日本みたいに一緒の時間に一斉に寝る
ということをしないみたいです。

彼の目には日本が共産主義に
写ってることでしょう(笑)

こうやって日本にいる日本人なのに
日本人らしからぬ人を私はたくさん見ています。

あなたは日本人同士のビジネスしか
実感がないかもしれません。

多国籍で、文化も風習も肌の色も違う人達が
いったいどうやって一緒に生きていけるのか。

それは他者への理解と、同じ目的を
共有するからに他なりません。

もちろん日本にも良いところはたくさんあります。
どちらが良いとは言えないんですけれど、
1.相手に全てを分かってもらおうとしないこと。
2.目的を共有して、そこではしっかり結びつくこと。
ここを大事にしてる人は多いですね。

これから日本でも徐々に外国人を目に
することが多くなってきます。

相手に合わせるとか理解するという
視点で語っている人が多いですけれど、
正直理解なんて出来るワケない(笑)

自分と相手は違うということを認識した上で
共通の仕事や趣味を持つと仲良くなりやすい。

濃淡のハッキリした人付き合いが
文化や風習が違う人と上手く付き合う
ポイントなんだろうなと感じてます。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)