【2017年版】世界最新ソーシャルメディアマーケティング5選


ソーシャルメディアの活用は物販(その他一般的なマーケティング)において、これまで以上に大きな役割を果たしています。企業もマーケティング担当者もメディアを最大限に活用しています。

私達がソーシャルメディアを活用する方法は常に変化しています。最新動向やユーザーの変化に遅れを取らないようにしましょう。2017年のネット物販の戦略を練る際に時間と予算をかけるべき分野がいくつか存在します。

プライベートメッセージ

ソーシャルメディアはどんどんプライベートになりつつあります。たくさんのユーザーは個人チャットやグループチャットを好みます。WhatsApp、WeChat、Messenger、QC Chatは現在、トップのSNSよりも幅広いコミュニティを持っていると言われています。特にミレニアム世代でその傾向が顕著で、より深く親密なレベルでコミュニケーションを取っています。

そこで登場したのがチャットボットです。特にAIは2017年のゲームチェンジャーになるでしょう。なぜなら多くの企業が現在投資しているからです。販売者に変わって応対してくれるこのAIは以前よりかなり正しい判断と応対をしてくれるようになり、どんな質問にも即時に対応してくれる能力を発揮しつつあります。優れたAIはあなたのお客様のコミュニケーションを円滑にするだけでなく、質問の受け答えをして売上を伸ばすことすらできてしまいます。

2017年、ソーシャルメディアからソーシャルメッセージにユーザーが移行するにつれ、セラーはよりお客様とのリアルタイムに繋がることが出来ます。ライブチャットを効果的に活用して成功したオンラインストアの事例にCondor Cyclesがあります。このサイトはShopifyを使ってライブチャットを導入しました。

●お客様はメールの返信を待つのが嫌いです。ライブチャットなら即座に対応できます。スタッフがライブチャットの質問に答えるか、Botを使用するかどうかに関わらず、結果として顧客満足度が向上し、売上が伸びます。

●世界中の40億人以上のユーザーがメッセージングアプリを利用していることから、2017年はネット物販でもソーシャルメッセージングアプリが大きな役割を果たしています。サービス品質向上と売上増加になくてはならない存在です。

ソーシャルメディア上での直接販売

ミレニアム世代の約93%がSNSをずっと見ています。そのため現在ネット物販はSNS上にまで広がっています。Facebook、Instagram、Twitter、Pinterestは、スマートフォンでの購入が便利になるにつれて、引き続き2017年も拡大を続けるでしょう。ユーザーはSNSを信頼し、もっと興味深いコンテンツや商品を探してSNSを見る機会がより増えています。

●中国の人気アプリWeChatは、WeChat上で購入をした人数が前年比2倍の31%にまで増加しました。

●ソーシャルコマースは写真やビデオを活用して顧客を操作することが出来ます。ソーシャルメディアを通じてあなたのサイトの新規客やリピーターに何をさせたいですか?

有料広告

ネットショップがソーシャルメディアを活用するにつれて、競争はますます激化していきます。純粋な自然流入によって広告を出すのと同じ結果を手に入れるのは、ソーシャルメディアのアルゴリズムの性質から考えると難しいと言えるでしょう。そのため広告に投資したほうが結果が出やすいという性質があります。有料広告の利用者が増えれば、広告単価は残念ながら徐々に上がっていきます。無駄な広告費を払わないために必要なことは、予算と結果のバランスをしっかり取ることです。

有料広告は、下のSlackのように自然にタイムラインに流れていきます。

もしくはVacation Myrtle Beachのように楽しさを想像させるようなビデオかもしれません。

Facbook広告は、あなたの投稿が見られる頻度を増やしたり、Facebookページを宣伝したり、ネットショップを宣伝することができます。特にあなたの広告に興味を惹かせることが大事で、そうでなければお金をドブに捨てるような行為になってしまいます。

ライブビデオ

ライブビデオは、ブランドの認知を高めてビジネスのコミュニティを作るための素晴らしい方法です。2016年に始まりましたが、いまではもっと大きな取り組みへと進化しています。ソーシャルライブビデオを活用して4時間ものストリーミングイベントを配信できるので、理論上はソーシャルメディアで完全なライブイベントまで行うことが出来てしまいます。Facebook Live、YouTube、Periscope Proは全てライブビデオです。

動画は間違いなく、ソーシャルメディアにもっともマッチする手法です。ユーザーがタイムラインをスクロールすると、ビデオは浮かび上がってユーザーの注目を集めます。ライブビデオを使ったコンテンツは増加傾向で、マーケティング担当者の43%が2017年に動画広告を始めようと考えています。

あなたのターゲットがどのメディアで時間を費やしているかを考えて下さい。Facebookに参加するユーザーがTwitterを必ず見ているとは限りません。効果的なメディアに進出しましょう。ライブビデオで質問に回答したり、製品のデモを行ったりして積極的にライブビデオを活用しましょう。

●FacebookとYouTubeは2017年に360度のビデオを開始すると発表しました。これはマーケティングメディアとしてのビデオが非常に多く存在することを示しています。

●Dunkin’ Donutsは最近、Facebook Live経由でブロードキャスト配信を行い、36,000人が視聴しました。

Dunkin’ Donutsのファンは、インスタグラムにDunkin’ Donutsを食べてる写真などを共有して、1年分のコーヒーチケットやドーナツ、2500ドルなどおトクな特典を獲得しようとしていました。このコンテストの目標は、お客様が直接Dunkin’ Donutsに足を運び、写真を撮って共有してもらうことです。

バーチャル・リアリティ

IT企業は今後飛躍するであろうVRビジネスに投資をしています。VRはソーシャルメディアやネットショップにどのような影響をもたらすでしょうか?

ソーシャルメディアの在り方がVRで変わる可能性があります。いまはVR用のヘッドセットの値段は高いですが、多くの企業がヘッドセットを量産し始めれば値段は下がるでしょう。

VRの良い所はまるでその場にいるかのような感覚を得ることが出来ることで、ブランドはVRに大きな期待を寄せています。ネットショップはVRで自社製品を見込み客に試してもらうことが出来ます。まだ未来がどうなるかはわかりませんが、トムはペルーでの旅をVRで紹介してくれました。

マーケティングの観点から見ると、2017年どのように活用されるのかを見るのはとても面白いでしょう。ソーシャルメディアを通じてあなたのネットショップの新規客やリピーターをどのように集めるべきでしょか。これらのいずれかの方法を試しましたか?あなたの経験をコメント欄で共有してください。


The following two tabs change content below.

エグゼクティブクラブ編集部

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。