定額制音楽ストリーミングと資金調達


定額制の音楽ストリーミングサービス「Spotify」が
つい最近3億5000万ドル(約420億円)の
資金調達に成功しました。

投資ってどんな順番になってるかは
以前お話したことがあるよね。

シード(種)ラウンドから始まって、
シリーズA投資ラウンド、シリーズB投資ラウンドと
ラウンドを積み重ねて企業は強くなっていきます。

いま、シリコンバレーではこういった手堅い
シリーズが後ろのラウンドに投資が集中してて、
シードラウンドに資金が集まらないという
逆転現象が起こっています。

今回のラウンドでSpotifyへの最大の
投資を行ったのがゴールドマン・サックスだけど、
具体的な投資額は明らかにしてません。

日本はこういったVCがこれから始まるので
どういう分野がこれから流行って
どれだけ資金調達してるのかを
日頃から見ておくのは面白いし勉強になります。

シリコンバレーでたくさんのスタートアップを
見てきた感想なんだけど資金調達が必要な理由って
意外と単純なんだなあというところ。

1.まず、自己資金で行うには巨大すぎる市場だから。
2.その市場を狙ってくる黒船に対抗するため。

例えばニュースアプリやゲームアプリなんかは
テレビCMがよく効くなんて言われてます。

こういったマスの広告を使うには
多額の資金が必要なので普通はできませんが、
資金調達をすればそれが可能になります。

一気に認知をかっさらって
ライバルを全部消し飛ばす。

気持ちいい~!なんてことができるんです。

あと、これはマーケティングをやってる人なら
分かると思いますが、アクセス数やコンバージョンを
少ない母数の中から測定するより、大きな
母数の中から絞り込むほうがすごく楽。

そういった意味でも、気になる選択肢を
全部試せるというのは、少ない自己資金で
ケチケチするより、よっぽど
ストレスフリーなんですよね。

当然、テレビCMが必要ないぐらいニッチな市場だと
420億円なんて使い切れないので
巨大な市場じゃないといけません。

もっと言うとワンピースのルフィが持つような
壮大な夢じゃないといけません(笑)

資金調達を積み重ねるもう1つの理由として
ある日突然黒船がやってくることがあります。

美味しい市場にはライバルがやってくるもの。
「定額制音楽ストリーミング」というジャンルに
やってきたのはアップルミュージックですね。

月額9.99ドルで3000万曲が聴き放題だと
これは音楽業界のパイが全部取って代わる勢い。

これに対抗するべく行ったのが今回の
Spotifyの資金調達だと予想できますね。

で、Spotifyもまだ日本に上陸してないし、
アップルミュージックも日本での
サービス開始は発表されませんでした。

とにかく分厚い壁に覆われている日本。
言葉の壁も分厚いし、この商圏に海外勢が
入ってくるのは容易なことではありません。

大気圏ぐらい強力なバリアではあるけれど、
包囲網が、どんどん狭まってくるのを感じます。

sdiughs


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)