稼ぎたい人はしばらく注目してください


三角形を頭に思い浮かべてください。

テッペンの尖ってる部分が目標。
そして底辺の広い部分が土台です。

良く勉強して、良い大学に入り、
良い就職先に就職して、良い人と結婚する。
この「一般的な道筋」のことをベースアップと呼びます。

基礎があるから、目標に近づけるという考え方ですね。
しかしこの方法では一攫千金は得られません。

なぜなら、学ぶべきことが膨大過ぎて、
いつまで経っても結果を出せないからです。

私がフォーカスしてきたのは、
目的に究極的にフォーカスする方法でした。

海外販売で利益を出す。

という目的から逆算して考えます。
セミナーに出て、どんな方法があるのかを学ぶ。
物販がしたいならその関連のセミナーに足を運ぶ。

学んだら、その方法に従って、
まず何がどこで売れているかを調べて、
それをいくらで仕入れられるかを調べる。

目的外のことは無視して、
結果を出すことにだけ集中する。
この「破天荒」な方法をトップダウンと言います。

この方法の場合、三角形の上から見て、
底辺の中から必要な部分だけを取り出すので
無駄がほとんどありません。

あなたが最短距離で稼ぎたいなら、
その方法を教えることは可能です。

実際、非常に良い結果を出した人がいるので
今度その方法をあなたにだけ教えます。
稼ぎたい人は注目しておいてください。

ただ、私は今「土台」の部分に注目しています。

例えば英語。
英語が話せればビジネスで成功するかと言えば、
まったくそんなことありません。

辞書のAからZまで英単語を覚えても、
お金持ちにはなれないのです。

しかし。

ビジネスは予想外のことの連続です。
突然、アカウントが止まったり、
突然、担当者が辞めたり、
もしくは急激に売上が伸びたり。

ナナメ上から物事が降ってきた時に、
やはり頼りになるのは過去の経験や、
土台となる基礎の部分です。

英語勉強してても、元々単語量がある人は、
話す抵抗感さえなくなれば
単語を知らない人よりも伸びるのが早いです。

一流大学を卒業してる人の場合は、
学力の差そのものよりも、
物事に取り組む粘り強さが他と全然違います。

不測の事態が起きた時に、
大事なのは、人としての器だなと。

ではその余裕はどこから来るのか。
なぜ、人はどっしりと構えてられるのか。

どっしり構えられるのは、土台があるから。
ベースがしっかりしているからだよね。

だからまずは、トップダウンで結果を出し、
折り返しまで来たらボトムアップしましょう。

どちらも、最後には成功できます。
あなたはどちらが好きですか?

私は最近、難しいことを時間を掛けて
マスターすることにハマってます。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)