収入が3倍になる方法


私はシステムの開発をすることがあるのですが、
プログラミングこそ英語でしか拾えない情報が
たくさんあると感じる出来事にたくさん出会ってます。

例えばAPI(ソフト同士の連携機能)や
SandBox(開発者用の仮環境)などを扱う場合、
ユーザーが使う環境は日本語化されていても、
プログラムの解説は英語だけで書かれてることが多い。

それをみなさん、読み解いてコード書いてるから
みんな英語できるんですね凄いなって言うと。

「まあ仕事のことなんでなんとなく。」

専門用語ばかりで内容は日本語で行ってる仕事と
ほとんど一緒なのでなんとなく理解できるということ。

この場合「英語を日本語に変換して」読んでますよね。
当たり前のことかもしれないけど。

もちろんみんな、英語なんて勉強したこと無いばかりか
全然ダメだと言いながら、資料だけは深夜0時回って
英語で読んで環境作ってたりするから驚きです。

たくさん触れてるはずなのに、
一向に自信が持てないのはなぜだろう?
それは分野を広げていないからだろうなと。

書き言葉としゃべり言葉は違います。

読んだ文章を、英語で誰かに説明する訓練をすれば
英語で説明できるようにもなるでしょう。

でもそれを発表する場もなければ
聞いてくれる人もいないですよね、
だからしゃべれないのかなと。

今だと、どうしてこうなるのかがわかります。

私は今まで英語が話せる、というと
ネイティブの外国人とおしゃべりを
してる様子を真っ先に思い浮かべていました。

ところが実際の会話は当たり障りのない
天気の話しや旅行の話しの後に、
大抵「本題」に入ります。

映画や歌を聞いて英語を学んでも、
ましてや英会話スクールがよくやってる
教科書読んで話したとしても、
プログラマーと話しはできません。

当たり前の話し、英語の先生も
英語は話せてもプログラミングは知りません。

なら、プログラミング初心者の先生に、
プログラミングの魅力を、中学1年生でも分かるように
中学1年生レベルの英語で説明した方が
よっぽど「現場に即した英語力」が身につくだろうにと。

そしたら同僚との会議がいつの間にか英語になって
上司が外国人になって収入が3倍になるんじゃない?
と、私は思うわけです。

アンスピ!の募集は
5月24日24時まで
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/qe2h…


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)