タイ人パートナーと英語オンリー食事会


「なるべくね、彼を囲んで英語で話したくて。」

バンコクから高速バスで遙かに南下した街で、
私は別の組の人達と合流した。

彼らはまた勝負をかけていた。

日本の中古品は海外でよく売れる。
露天商から始めて大きく
広げようとしてるチームに呼ばれたのだ。

現地集合ってことだったので、
私は別のドミトリーに宿泊し、
バイクタクシーを乗りこなして現場に到着。

既に彼らは最初の取引(ディール)を済ませていた。
日本から持ち込んだ品々は、彼らにとっては珍しい。

ナイトマーケットに持ち込むと
黒山の人だかりが出来るので
贔屓のバイヤーに先に品物を見せるのだ。

日本から世界へ海外販売をする際に
中古市場はかなりアツい、独特の雰囲気がある。

彼は日本で中古品を大量に買付け
オンラインで販売するということをやってる。

eBayなどのオンラインでビジネスして上手くいくと
オフラインで、もっと人と繋がりたいと
考えるようになるのは自然な流れ。

ついには自分から現地に行って、
お客さんと会って交渉するようになった。

見かけは普通のサラリーマンという
風貌なのにタイ人相手に箱単位で
これはいくら、これはいくらと次から次へと
商品をセリにかけてる様子は業者そのもの。

買付け方法も素人さんお断りの世界だし、
ホントに特殊な業界なんだなと感じる。

「吉田さん、変わりましたよね。」

レンタルバイクを借りて現地で合流し、
ちょっと時間が出来た頃にそう言われた。

え?なにが?

「なんか貫禄が出てきたというか、風格があるというか。」

実は彼らとタイで会うのは2回目。
初めて会った時は、少年のように
目がキラキラしてたらしい(笑)

ところが今はなんでも1人で出来るようになってて
何かにつけ慣れてる感じがしてるようだ。

1回目会った以降に吉田さんは
経験を積んだんだろうなって噂になってたんだって。

多分、英語が話せるようになって
視野が広がったんじゃないかな。

もちろん、現地で新しい事する時は
急にジャパニーズイングリッシュになったりする。

なんでこんなにムラがあるのか
自分でもよくわからないけれど、
ペラペラしゃべれる分野と、
カタコトになる分野がある。

だけど、例えばレンタルバイクなら、
ググるよりも先にバイクタクシーの兄ちゃんに
どっかバイク屋連れてってと話しかけることが出来る。

もし彼に英語が話せなければ、
近くにいるリーダーか仲間が話せるはず。

分からなければ自分で聞いたり、
誰かとはぐれても自分でなんとかできるのが
いままでとぜんぜん違う所なんだろなと。

以前はスマホの充電が切れたらオワリだったので
常に残量チェックしながらビビってたし、
ネットだってローミングだったので高かったし。

いまは知らない場所に何も無しで
放り出されても帰ってこれる自信がある。

それが貫禄になって見えるのかな。
自分の器、広がってるといいな。

夜はバイヤーを囲んで食事会。

前回はバイヤーが歓迎して場を
作ってくれたにも関わらず
日本人同士が日本語で話しちゃったので
バイヤーだけ仲間はずれになった感じだった。

意を決して、今日はみんなで英語だけで話そうと。

最初は英語だけって宣言した瞬間から
急に静かになっちゃったけど、
途中から徐々に盛り上がってギャグも飛び出した。

すげー、微笑ましかった。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)