中国から米国への海外販売


体験をする、というのと主催をする
というのは同じようで全く違うこと。

自分から声を掛けて集めることもあれば、
人に誘われて参加することもある。

2017年も、1月の終盤。
もう新年とも言えない日付になってきた。
早いなあ、年々早くなる。時間が過ぎるのが。

いつシンガポールに引っ越すんですかと
聞かれるけれど、今は春節(中国の旧正月)なので
華僑の多いシンガポールも休みに入ってる。

2月に入ってから部屋を探しに行って、
それからベースを移すことになりそうです。

なんだか遠い所に行くイメージを
持たれる人も多いけど、イマドキSNSとか
毎日更新してたりすると、距離感が近くて
実際の距離とのギャップが埋まらない。

そんなに遠くないんですよと。
東京にも別宅があるのでこれからは
シンガポールと東京どちらかにいるでしょう。

毎日同じ場所を往復してる生活だと、
体は楽なんだけど、アイデアは湧いてこない。

新しい場所に行ったり久しぶりの人に会ったり、
旅行をしたり、刺激的な非日常生活を送ると
体は酷使するけれどアイデアの宝庫だ。

今回私の中でのMVPは、中国から
米国へのAmazon輸出でした。

日本から米国、中国から日本、日本から日本など、
Amazonを使った物販は色んな「方向」があるけれど、
中国から米国で目立った成果を出してる人が出てきてるのは
私にとってはかなり新鮮な出来事でした。

ちょうどやってる人が少ないので
今年ぐらいはライバルが少ないかも。

いや、私がキッカケで参入者増えたりして(苦笑)
いずれにせよ横展開しやすいジャンルですね。

痛い目を見た人もいて、私が
辛かったでしょうと傷を舐めに行ったら
それでも回数をこなすと言われてハネられた。

トラウマになるような出来事があったとしても、
やるしかないじゃんっていうのは
誰もがたどり着く結論で、泣いても
笑っても、最後はやるしかないわけです。

イジけてるヒマがあったら、数こなせ。
そういう元気ももらいましたね。

いまって海外販売が相当バブル期に来てます。
今のうちに全力で稼ぎ切るのも全然アリです。
多少ケガしたとしても、命までは持ってかれない。

だけどファっと昇った売上の先に、
残ったモノってあんま無かったんだよね。
お金と経験は残ったけど、次に繋がらないというか。

もっと応用が効く根本の部分をしっかりやりたい。
「自分の体を思った通りに動かす」ことだとか
「ハッキリと相手に伝える」ことだとか、
当たり前だけど、みんな出来てないこと。

学びたいという意欲が止まらない。
どうしちゃったんだろう。

感じ方は、人それぞれ。
好きなことで、生きて行こう。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)