本年総括。良いお年をお過ごしください


本日は大晦日。
本年も一年大変お世話になりました。
来年もまた、よろしくお願いいたします。

今年は初めて、ビジネスの始まりから
終わりまでを全部経験しました。

今まで新しくビジネスを始めたり、
規模を拡大したことはあったけれど、
辞めたという経験は一度もありませんでした。

たくさんの人にご心配をいただきましたが、
新しい発見がたくさんあって、自分自身が
成長できたことをこの経験で実感できました。

むしろ、大半の会社が潰れるのは
辞められないからじゃないかと
考えるようになりました。

実際やってみて驚いたのは
「捨てた方が安い」ということ。

不良在庫とかオフィスの備品だとか、
もっと高価なものもありました。

何度も何度も試算したけれど、
例えばセールをするとかヤフオクで売るとか、
少しでも回収することを考えるよりも
全部廃棄処分した方が断然コストが安くて早い。

計算してて目を疑いましたね。
捨てた方がコスパ良いなんて、
そんなことってあるんだろうかと。

あとは完全にマイナス、ということなら
まだ諦めもつくんですが、決して全部が
マイナスではないということ。

中には成長の余地を残してるものだとか、
良い商品、顧客が残っていたりします。
これがまた判断を鈍らせる原因になりますね。

もうちょっと、もうちょっとと
粘るか降りるかで、お金が残せるか
どうかが決まります。

麻雀のような勝負事とよく似てる所があるけれど、
勝つよりもオリれない人は、結局負ける人。
アガれる人こそ、オリれる人です。

法人化したビジネスを
辞める方法は3つだけ。

1つ目は、上場
2つ目は、売却
3つ目は、精算

実は昨年、1つのビジネスを
上場させるかどうかっていう決断に
迫られたことがありました。

色んな人にチラリと聞いて回ったんですが、
経験者の方は誰1人私に上場を勧めませんでした。

そもそも上場は、株主が利益確定して
市場で売れるからしたがるのであって、
他人資本が入ってないならする必要もないでしょうと。

2つ目の売却についてはM&A関連の人と
関わってるだけで色んな情報を得られました。

売り案件を持ってると、
買い案件も回ってくるんだなあと。

ただ、ブームに先駆けに始めたビジネスを
終わり前に売り抜けるようなことはしたくないので
売却するからにはキチンと引き継いでもらえる
案件でなければダメですね。

あとはビジネスの設計の部分です。

今までビジネスって右肩上がりの
スキームしか組んだことがありませんでした。

そりゃそうですよね、始める時に
終わりのことなんて考えるワケありません。

もちろん、最初は右肩上がりのものを選びますが、
下がってきた時にどうするかも次のビジネスには
最初から想定しておくことができます。

これって物凄い強みになったなと。
本当に良い経験をしました。

あとは、何度かギリギリの所まで
追い込まれたこともありました。

あの時、確実に生命を絶たれててもおかしくなかった。

なんかそう考えたら生きてること
自体が拾いもんだなと(笑)

やりたいことやろう。
好きなことやろう。
思う存分やろう。

そう思うに至ったわけです。

あなたもせっかくなので今日は
今年一年を振り返ってみましょう。

今年のうちは、今年のうちに。
振り替えれるのは今日が最後です。

今日で全てを置いてしまって、
明日からはまた新しい一年が始まります。

それでは、良いお年をお過ごしください。

newyearseve


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)