海外に住んでも、英語力が伸びないワケ


海外に行って、とにかく心配なのがネット環境。

特に私は毎日英語のレッスンを受けてるので、
動画会議が安定して出来るのが最低条件になってます。

海外で英語のレッスンなんて受ける必要あるの?

私も以前は海外に行けば自然に
しゃべれるようになると思ってました。

でも、海外に住んでてもしゃべれない人はたくさんいます。
日本人同士で一緒に集まってたりすると特にそう。

今はスマホがあるので、SNSで日本語で会話してたり
日本語のYouTube見たりしてたら語学力は全然伸びません。

この前、英語話せる人はアホだと言う話しをしました。
ちょっと言葉間違えましたね、バカでした。

スキルは低いけれど、彼らが私より優れている所。
それは「自ら環境を変えた」という点です。

例えば今回こっちに来てて、やっぱり
たくさんの人にご飯食べに行きましょうと
お誘いも頂いたし、ビザの申請なんかも
協力しますよってお話をいただいたりしました。

特に外国に住んでると「味噌汁飲みてー」と
言っただけでガッチリ友達になれちゃうので
お言葉に甘えることはとても簡単です。

他の国の言葉をマスターした人は、
そういう「日本語での付き合い」を拒絶した経験がある。
そこが凄いなって感じますね。

以前の私に出来ただろうか、無理でした。
だからこそ、私達は彼らを尊敬するのです。

ただ何が言いたいかというと日本に住んでるとか
海外に住んでるからと言うのは全く関係ないということ。

「英語脳」これがあるか無いかの差です。

私たちは普段、日本語で会話をしています。
そして日本語で「考え事」をしています。

言葉には出していなくても、頭のなかで
将来について考えたり、家族のことを考えたり、
あ、お正月はどう過ごそうとか考えたりしてます。

これが日本語である限り、
あなたの脳みそは日本語脳のままで、
どこに居ようと上達なんてするワケありません。

では、どうするべきなのか。

目の前に外人が立っていて、道を聞かれたとします。
あなたは必死になって英語を組み立てるでしょう。

このリアルな外人があなたの中に1人いるだけで、
日頃から、あれって英語でなんて言うんだっけ?
と考えるようになります。

私はこの前、日本のコンビニで英語で
しゃべりそうになってしまったことがあったのは、
私の中に英語脳が残っているからですね。

だから、別に高いお金払って留学する必要もないし、
日本人の人間関係を整理する必要もありません。

インフルエンザのワクチンと一緒で、
ちょっとした英語ストレスを毎日与え続けることで
抗体ができるようになってきます。

その期間が約3ヶ月。

この期間はレッスンを休んではいけません。
自転車の乗り方を覚えるのと同じで、
休むのはコツを掴んだ後にした方が良いのです。

この間は中国に行ってる間も新幹線に乗ってる間も
サーフィンしてる間もシンガポールにいる間も
1日も休まずレッスンを受けていました。

もちろん、レッスンが楽しかったから
続けられたんですけどね。

なので、どんな過酷な条件でもレッスンを受講することは
可能だということを私自ら証明しました(笑)

明日は私のネット環境についてお伝えします。
これを知ってれば、世界中どこでもパソコン1台で
プラプラすることが可能です。

パソコン1台あれば世界中の叡智と100億ぐらい
簡単に動かせる時代だってことですよ。
もう、ワクワクしかしないよね。

liveinsingapore


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)