アジアで今もっとも勢いのあるビジネスを独り占め


夏頃から英語にフォーカスするようになったけど、
フォーカスしてるのはそれだけじゃありません。

実は何度か禁煙してたことを過去にも書いてますが、
なんだかんだで復活したりしてたので、
今回は禁煙外来に通ったのでちゃんと卒業するつもり。
今のところ3週間経過して順調です。

それ以外にもアウトドアのスポーツで
サーフィンを始めたり、ジムに通って
体を作ったりしています。

とは言っても、全部がこれから。
これから良くなることばかりです。

サーフィンはまだ波までちゃぷちゃぷしてる程度だし、
ジムでもストレッチに掛けてる時間が半分以上。

英語も毎日どんどん使ってはいるけど、
まだ身内でなんとか聞いてもらえてる程度。

早寝早起きをして、身体にリズムを作る。
病気知らずの体になろうとしています。

起業してからずっと、休みを取ったことが無いというか、
翻弄されながらここまで来たというのが今までの感覚。

ビジネスとか絶好のチャンスとかって待ってくれないので、
自分から合わせに行ってたというイメージでした。

いつも、パソコン触ってるか寝てるかだけ。
そういう生活を長く続けてました。

でも、それで頑張り続けるのは
ムリだとハッキリ言えるまでになりました。

ありがたいことに、集中して取り組んだおかげで
ビジネス的にはものすごく結果は出たワケだけど、
稼ぎ続ける、の「続ける」にフォーカスしたら、
答えは父が昔から言ってた当たり前の言葉に置き換わる。

体が資本。

まあその通りなんですけどね。

それで、体のことや今後10年の成長とか
そういうことを考えるようになったら、
勉強だとか、体調管理とかそういうことになってきて。

それだけじゃモチベーション湧かないので
1.英語ペラペラになって自慢したいとか
2.イケメン社長になって良いニオイさせたいだとか、
まあそういう妄想を始めたワケです。はい。

別に死ぬわけじゃないから気にしてなかったけど、
小汚いより小綺麗な方が良いし、
貧乏より小金持ちの方が良いもんね。

そしたら色々やりたくなってきて、
こだわりがどんどん強くなってきて、
なんだか今更、私の中の何かが爆発しております。

例えば英語。

いま、私の会社では英語の先生を正社員採用して、
ゼロから私と一緒にペラペラになってもらおうとしてます。

考えてみると実は私も情弱の英語オタクで、
今までオンライン英会話は一通り試したし、
ロゼッタストーンみたいな10万円する教材も買ったけど、
まったくもって語学力は伸びませんでした。

夏に語学学校に通ったのは良かったけれど、
その時は良くても帰ったらまた忘れます。

とにかく、日本人は圧倒的に
外人と対面してしゃべってないのと
自分で文章を書いてないのが原因だというのは分かったので、
もう、相手してくれる外人を雇っちゃえと。

雇ったら給料払ってんだから
頼むから言う通りにやってくれと。

もう完全に自己満足の世界に没入することにしました。
私がペラペラになればそれで良いんで。

色々裏事情も分かってきました。

いま、2人目の採用を目指して面接してるんだけど、
前職のオンライン英会話では5分前でも予約ができるので、
突然レッスンが入って5分後にスタートして、
誰だか分からないまま英語棒読みしてましたという人がいたり。

生徒は寝ててもオウム返ししてるだけでも良いじゃんと。
そんな生ぬるく終わるレッスンじゃ絶対身につかん。

どんな人がホントに使える英語をマスターしてんだろ。
幸い私は海外販売をしてるので、
周りにはたくさんしゃべれる人達の苦労話を
聞く機会があります。

日本から海外に留学した経験のあるバイリンガルは、
大学の初日から論文書いて発表しろと言われることもあるそうで。

大学では、英語は学ぶものではなくて使うもの。
使えて当たり前という前提から入ると聞いて驚きました。

当然、最初から完ぺきな人なんていません。
デタラメでも良いから、やる。ってトコから
みんなスタートしてたはずです。

なんでよりによって現地に行ってから苦労すんだと。
それは、今までの学校教育が下手すぎて意味ないからだと
私はもう完全に結論づけました。

だったらもう、私がやりたいようにやる。
理想のもんを、私が作る。

タイの駐在員の人も同じ、
外資系ビジネスマンも同じです。
行ってから苦労して、そして身につけてる。

だけど、その方法はある意味正解なのです。

そこまでじゃなくても良いので、
レッスンの時間だけでも、
ぶっつけ本番の環境に置くことが必要なんじゃないかと。

別に進学にも査定にも影響しないんだから
外人にどう思われようが、どーってことないでしょ。

そして生徒が上達するまでしっかりと
見届けるようなプロセスが必要だと考えました。

それで、そういう手間のかかるレッスンを
引き受けてくれる経験のある外国人の先生を
いま絶賛獲得に向けて探し続けてます。

文化の違いもありますよね。
大爆笑したのが国によって子供も性格が出るって所。

中国人の子供は席に座らないけど
よくしゃべるそうです。

でも、日本人の子供は席には
座るけど一切しゃべらないんだって(笑)
行儀よすぎる、日本人らしいよね。

あとは、普段英語の仕事に関わってないスタッフが、
レッスンを受けてて、まだ英語のビジネス記事を読める
レベルにありませんと先生から報告受けたりしてます。

いやいや、やらせてあげようよ。
悔しくてもどかしい想いをさせれば良いじゃんか。

と、ちょっと前のめりでしゃべったら、
それよりも、少しシンプルな記事読みで慣れてもらってから
徐々にレベルを上げていったほうが上達が早いとか。

スタッフがやりたいことをやらせてあげて、
読みたい記事を読ませて、下手でもなんでも
聞いて、逐一直してあげて欲しい。

それが私の願いですが、ここはスタッフと先生の
せめぎあいだと思うので、グッとこらえました。

スタッフが自ら、この記事読みたいこれに興味があると
自分から言えるようになったらレベルの如何を問わず、
それに合わせるようにと。

私は明日、アジアで今もっとも勢いのある
新興のプラットフォームの英語ビジネス記事を
読んでしゃべることになっています。

日本にも、パラパラとは記事あるんだけど、
あんま深く掘り下げたものがないし、
実践者の声をググっても出てこないのでね。

ところが、英語だと出るわ出るわ。
私にとっては宝の山だったりするワケです。

こういう人の知らないところに食い込むのは
ちょっと快感。

てことで、別に死ぬわけじゃないけど
しゃべれないより、しゃべれた方が良いでしょ?

だから、やるのだ。

bitnner


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)