なぜ外国人は急に仕事を休むのか


「ふんぬら、こんらあ!バカヤロ!」

しれっと始めようとしたので出会い頭で怒りました。
ということで昨日はテレビ会議を5連ちゃんぐらい。
外国人との直接の打ち合わせや面接も増やしてる。

私の会社では、たくさんの外国人が
リモートで働いています。

私の会社の文化として、今までは言葉が
上手くなかったこともあったので放置してたけど、
これからは絶対ここだけは譲らない部分を作りました。

それが「無断欠勤」

いや、当たり前といえば当たり前なんだけど、
外国の感覚では看過すべき事情もあります。

実は日本は世界一のインフラを持っている国です。
1つは通信インフラ。2つは通信インフラ。
特にこの2つが安定してる国は世界中どこ見てもありません。

ところが、外国ではトラブルは日常茶飯事です。
国や地域によっては突然の停電が1週間続くこともあるし、
送った荷物がいつまで経っても届かないこともザラにある。

配送手段はアップグレードすれば良いけれど、
停電や天災については仕方がないと諦める人も多い。

その度にこちらは作業が止まってしまって苦労してます。
テキストベースなら転送サイズも小さいので
だましだましやってもらうことが可能だったけど、
結局彼らのフォローアップでバタバタしたり。

そんで忘れた頃になって
「復帰しましたこんにちは。仕事ください」とか来るワケです。
そこで私はこう言ってやりたい。

おめーに食わせるタンメンはねえ!(゜Σ゜)
(by河本準一)と。

だってしょうがないじゃん停電なんだから。
という外国人にはこう言ってやりたい。

だから君の国は発展しないんだよと。
(言わないけど)

英語のレッスンもそうだけど、
これからは動画でコミュニケーションを取るのが
当たり前の時代になってくるでしょう。

いつでも、安定して繋がるサポート環境を
構築しなければと考えるようになって、
ちょっとその環境構築に今は燃えています。

妥協はしない。出来る方法を考える。

品質管理とか、安定供給とかにこだわってしまうのは
多分、日本人の血筋なんでしょうね。
ちょっとでも繋がらないとイライラするし。

だから遠慮なく、のほほんと作業を
再開しようとする人には英語で
「まず謝るのが先だろがー!」と言います。

でも、そういう風にしゃべってるのを見て
周りの人は「英語上達しましたねー」と言ってくれます。

自分では分からないんですか?
と言われるけど、実感はまるで無し。

だけど、どうやら上達はしてるようです。
全然まだまだだけど・・。

午後はスペイン在住のイギリス人と面接しました。
ブリティッシュ訛は日本人には聞き取りやすい。

アジアにハマる欧米人の典型的なパターンで、
スキューバダイビングで東南アジアを巡って歩き、
ウチの求人が出てたから応募してきたみたい。

実は全然別の国に求人出したのに、
英語で出したので、別の国の人が
応募してきちゃう所が英語ってグローバル。

なんか忘れかけてたけど思い出しそう。
なぜ、私は海外販売を選んだのかって。

トラブルもあるし上手く行かないこともあるけど
それすらも、なぜか楽しい。

「世界を相手にビジネスしてるんだ」って気がする。

It’s gonna be a huge!

この感覚が、たまらないんだ。

lodfhigwrs


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)