外国語を3ヶ月でマスターする方法


言葉が好きな人の中には英語が話せるようになったら
他の言葉もマスターしようと頑張る人達がいます。

英語だけでも大変なのにロシア語を
学ぶのに留学してる人もいる。
(たまに連絡もらいます)

日本語を勉強した中国人スタッフは
今度は韓国語にハマってるようです。
(いやいや、日本語をもっと極めてくれ)

でも、なんでそんなにできるようになるのか、
私には不思議でなりませんでした。
私なんか、ようやく本気で始めたトコなのに。

言語習得をいかに効率よく行うかは
私の中での最近の大きな関心事だけど、
そんな中で「タイ語」を、たった3ヶ月で
マスターする方法を書いてくれた人がいます。
wp.me/p4kkyZ-2MF…

これは本来、限定コンテンツなので一般公開はしてませんが、
タイに10年住んでいる日本人が、どうやって外国語を
短期間でマスターするかということのコツを書いてくれてます。

実践的かつ実体験に基づいた記事なので、
あえて一般公開をさせていただくことにしました。

英語ならまだしも、タイ語ともなると
文字のカタチすら理解が不能です。

そこから言葉を覚えるとなると普通はムリだと思われがちですが、
タイに初めてきた駐在員でも3ヶ月でタイ語をマスターすることは
可能だと彼は断言しています。

この記事の中で一番私が腑に落ちたのは
言葉を話せるというのは母国語と同じように
考えてしゃべれるようになるということじゃない
ということを言ってる部分でしたね。

言葉はあくまで自分の意思を伝えるツール。
3ヶ月で話せるためには全てをマスターしようとしないで
コツを掴むという点が大事だと言っています。

特に、このメソッドで共感したのは
「自分が主体の会話になってる」ってところ。

自分が質問しているから、相手の返事がある程度分かる。
相手の話しを聞こうとするのではなくて、
まずは「質問したい言葉の外国語から覚える」
ことから始めてるトコですね。

よくある英会話スクールだと、
テキストがあってそれに沿って学習してるだけで、
現場で使いたい言葉を学んでいないし、非常に退屈です。

高校英語も単語を丸暗記して試験をするだけ。
1000個覚えて、その中から100個ぐらい
将来必要になった時使えれば良いよねってスタンス。

てことは残り900個は一生使わない
無駄な言葉をただ覚えただけってことです。

それに点数をつけて評価するのはいいけど、
それってナンボ儲かるねん、と。
多分、1円にもなりません。

そういう「合格」を餌にした
資格ビジネスが世の中には多すぎます。

そういう意味では、英語の教材なんてくそくらえで、
自分が普段しゃべってる内容を他の国の言葉に
直してもらう訓練をすべきだよと私は考えてます。

ただ、このやり方をなんで語学学校がしないのかというと、
生徒のやりたいことに先生が合わせる方法なので、
準備にものすごく時間がかかってコストもかかるから。

だからテンプレート的に教材配られて、
型にハメられた授業を受けさせられるんですよね。

ちなみにうちでは英語の先生を実際に採用して
カリキュラム組んでやってもらってますが、
1人のスタッフは「ユニセフ募金について」がテーマの
記事を英語で書くようにと宿題が出たそうです。

んなもん、英語のレベルごとに単語数とか
考えて書かれてるサイトの記事かなんか知らんけどさ。

ユニセフなんて、興味ねーんだよ!(゜Σ゜)

それより、日本にまだ入ってきてない
稼げる情報があったら食い入るように読むけどね。

ということで私は「稼げる情報が知りたい」と
リクエストを先生に送っていて、それについて
あーだこーだ議論をしたいワケです。

例えばアマゾンフレックスは、あんまり広がってないけど
結局日本には来るのかよ、とか。
ドライバーは本当に時給2000円も稼いでんのかとか。
(アマゾンフレックスは現在日本未上陸です)

自分で読んでるだけだと正しいか間違ってるか分からないけど、
一緒に話しをすると「それって逆の意味じゃない?」と
指摘を受けることがあります。

下手でもいい。

おとなしく言われたことを学ぶくらいだったら、
主体的に先生を振り回してくれ、と言いました。
そうすれば、あなた好みの言葉を覚えられるから。

dnsirg8u


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)