グーグル翻訳のアップデートで英会話が更に便利になる方法とは?


実は最近、めちゃくちゃ英語力が
アップしてる実感があります。

完全なる我流なんですけど
なんかしゃべれてる実感がある。

もちろん、まだネイティブで言えば
小学生レベルなので、ニュース記事なんかを
サクサク読むのは当然無理。

だけど、例えばAmazonに出品する場合なんかだと
日本のAmazonに出した経験があれば、
アメリカのAmazonに出品するのも
感覚でなんとなく触れるでしょ?

日本語でサーバーと契約した経験があれば
英語のサーバーの内容も理解できる。
だって中身一緒だもん。

日本語のメールフォームを使った経験があれば
英語のメールフォームもなんとなく分かる。
私のルーツはここにあるワケです。

「Required」ってなんだろ?

メールフォームを見る時によく出てくる単語ですけど
もちろん学校のテキストでは見たことありません。
必須っていう意味です。

あなたは今まで日本語の世界だけで
検索をしてないでしょうか?

もしくは、日本人の友だちしか
いないんじゃないでしょうか?

日本語圏は英語圏と比べて情報量が圧倒的に少ない。
ということは、モノや情報の値段も高いです。

英語で検索すればもっと便利で安価なツールが
ゴロゴロしてたりするので驚きを隠せません。

英語で検索して、英語で質問し、
英語圏の人と繋がるようになると、
拾える情報も圧倒的に広がります。

例えばパソコンで調べ物をする時は
自分で調べたいキーワードを入力することになります。

これは自分の頭の中にあるキッカケでしか
調べようがないので、しばらくすると頭打ちに。

でも、FacebookやTwitterはタイムラインという
概念があって、友達から流れてくる情報を
受け取るということが出来るようになりました。

スマホの場合はそれがもっと顕著で、
アプリを開けば欲しい情報が友達から
どんどん流れてくるようになります。

どこで最初のキッカケを掴んだのか。

日本語で情報を検索するクセが抜けなければ
友達もみんな日本人で、日本語の閉ざされた
範囲の情報しかやってこないはずです。

でも、英語で検索して見つけたサイトやフィードで
気になる人をフォローすれば、今度は
英語で情報が流れてくるようになります。

1.検索の入口を英語にして
2.トモダチをチューニングする。

そうすると、ありえない世界がまた広がります。
とは言っても最初は分からない単語だらけ。

そこで活躍するのが翻訳アプリ。

つい昨日、めちゃくちゃ嬉しいアップデートが
あったので是非あなたにも使って欲しいです。

それはGoogle翻訳

iPhone版はこちら
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/mgaa…

Android版はこちら
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/0elg…

1つ目が「Word lens」というもので、
なんとパソコンや紙の文字を
スマホで写真取るだけで英語に翻訳してくれるという
私が一番欲しかった機能です。

2015-01-16 09.52.04
Google翻訳アプリで文字の写真を撮ると

2015-01-16 09.49.15
スキャンが始まって

2015-01-16 09.49.30
翻訳したい箇所を指でなぞると和訳を教えてくれる!

Androidには既にあったとかなかったとか。
私はiPhoneユーザーなので、レビュー見てて
以前からかなり気になってました。

今までは分からない単語をコピペしたり
音声でスマホにしゃべって調べてましたが、
これからは写真とればその部分を全部
Google翻訳が読んでくれるようになりました。

2つ目が「リアルタイム会話翻訳」で、
これからは日本語と英語どっちで話しかけても
勝手にもう一方の言語に変換してくれます。

2015-01-16 09.57.48

切り替えがストレスだったので、
この機能も本当に助かっています。

インターネットの世界は
ハードよりハートだよ。

環境は既にある。
あとはあなた次第だ。

ちょっとした心がけで、
誰でも世界進出できちゃうのだ。

日本は退屈?その壁破って世界へ出よう!


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)