海外口座情報を共有 課税逃れ防止、G20合意へ

Money

comment_logo 国内所得を海外に移転するから問題になるんですよね。海外事業を作って、それぞれ独立採算制にすればいい。comment_logo

海外口座情報を共有 課税逃れ防止、G20合意へ

日米欧など主要20カ国・地域(G20)は資産隠しや税逃れを防ぐため、課税対象者が海外に持つ銀行口座の情報を得やすくする新たな仕組みをつくる。22、23日にオーストラリアで開くG20財務相・中央銀行総裁会議で合意し、2015年末までの導入をめざす。把握が難しい海外の口座情報を税務当局がオンライン上で提供し合う。主要国が連携し、課税回避の動きに歯止めをかける。

 G20で、34カ国が加盟する経済協力開…

記事を読む

円安加速でさすがの私も・・

吉田です、おはようございます。

年末年始の海外発送を万全な状態に保つために。
HASSO JAPANの募集は12月28日まで。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/prtp…

為替レートが1ドル104円まで上昇。
1ドル78円だった頃と比べると
20円以上も円安傾向が加速しています。

円安で輸出ビジネスに恩恵が!

外貨をそのままプールしておくよりも、
円転するごとに為替ボーナスが返ってくる状態。
これはかなり嬉しい状況ですね。

アベノミクスには期待していますが、
消費税増税と引き換えに法人税率引き下げを
検討していますが、これには待ったがかかった状況。

国際競争力を守り、優秀な企業を
日本にとどめておくためには
円安で、税率は低いほうが良い。

日本はアメリカに次いで税率が高いので、
優秀な企業が海外に流出するのを懸念してますね。

先送りになりましたが、まだ打つ手を
残している状況です。

法人税率の引き下げや円安傾向のおかげで
輸出企業はこれからかなり潤うことになるでしょう。
これは私達の家計にも直接反映されます。

以前は内需主導ということで国内で
買われやすくするための政策が多かった。

凄い勢いの風が吹いていることを感じますね。

政治に期待をしているワケではありませんが、
補助金や円安など、ビジネスが行いやすい環境が
どんどん加速しているので以前より楽になりました。

ああそれにしても・・
年じゃなくて為替レートで
過去を思い出すことが多いですね(笑)

為替レートにで読み解く過去10年間の歴史

私が輸出を始めたばっかりの時は123円。
ずーっと下がり基調だったから
円転のタイミングは計らないほうが良いという結論に。

FXじゃないので資金繰りのためにも
早め早めに円転するのがいいってことでした。

100円を切った時は大騒ぎで、
もう輸出は終わったとか、
そうだそうだ、あの時政権交代があったんだった。

1ドル90円に差し掛かった時は
確か反発した時があったんですよね。

あの時、差益をドカっと出した人がいて
半歩遅れて円転したらめっちゃ差損出した。

2012年は円高傾向が加速。
思えばずっと日陰の中でビジネスやってた気がする。

この感覚合ってるかな?って思って
今10年相場見たらピタリと一致してた(笑)
www.ginkou.info…

これからどういう風に変わっていくかは
もちろん誰にも分かりません。

ただ、このまま円安傾向が続くなら
余剰資金を外貨預金しておけますね。

あまり大きな声では言わないけれど、
しかし凄まじい追い風です。

【あとがき1】

一部の個人資産をユーロ建てで置いてあるんですけど、
今見たら40円も上がっていた(°Σ°)

ぬぬぬ。ぬあんと・・。

ずっと口座みてなかったけど大丈夫かな。
海外の口座は一定期間アクセスしないと
閉じられるので注意が必要です。

すごいなコレは。

悲観的な時に楽観的に買い、
楽観的な時に悲観的に売ると言われてますけど
まさしくその通りかも。

いやーいやー
あたふた。

日本国内の銀行口座での海外の銀行からの送金の受け取り方法

こんにちは山口です。
先日の記事で、直接取引が一番利益が出る為、出来るだけebay外の直接取引に持っていくように働きかけていると書きましたが、ちょうどその後にもebay messageでの問い合わせを
きっかけに、直接取引で1万ドルを超える高額な取引を行ったのですが、その際に初めてPaypalではなく、海外の銀行からの送金を国内の口座で受け取ったので、その体験をシェアさせて頂きたいと思います。

Paypalを利用するメリット

 photo good_zps2393c6cd.jpg
ebayを利用していればPaypalは必須ですが、ebay以外の取引でもPaypalは非常に便利です。お互いにPaypalのアカウントを持っていれば、Paypalに登録しているメールアドレスさえ分かれば
それだけで非常に簡単にお金のやり取りが出来ます。現に僕も直接取引の際には相手先のPaypalアカウントのメールアドレスを入力してinvoiceを送るだけで支払いをしてもらっています。

それ以外にも、Paypalは分からない事があれば、電話で問い合わせをすればとても丁寧に対応してくれます。どうやらPaypalのオペレータースタッフはほとんどが外国人スタッフのようなのですが、
非常に日本語が上手で敬語もしっかりしていて、毎回電話する度に感心してしまいます。

Paypalを利用するデメリット

 photo 80033048308B9ED27D0B4ED8304D30DE30AB30AF30DE30BA30EB8DB3-485x728_zpsbea53b63.jpg
Paypalを利用するとebayを介していなくても、通常で一取引あたり3.6%+40円の手数料が掛かります。この3.6%の手数料に関しては、月間の受け取り総額が300,000円以上でしたらPaypalにマーチャントレートの
申請をする事で3.4%に割り引くことが出来ます。
マーチャントレートはこちらから申請しなければ適用されないのですが、一度申請してしまえば
月間取引が300,000円以上なら3.4%
1,000,001円以上なら3.2%
10,000,000円以上なら2.9%
が前月の売り上げに基づいて適用されます。なので月に30万円以上の売り上げのある方はぜひ一度Paypalに問い合わせされる事をお勧めします。

またその他に、アカウントに振り込まれたドル建ての資金を日本の口座に日本円で引き出すのにおよそ3%かかり、
且つ、引き出す金額が50,000円未満の場合には、一回引き出すごとに300円の手数料が発生します。つまり、おおよその計算で通常6.6%程掛かる計算になります。

さらにPaypalの場合だと、万が一バイヤーが異議やクレームを申し立てた場合、資金の一時保留や、最悪の場合はPaypalの判断でこちらのアカウントからチャージバックされてしまう可能性もあります。
僕も以前、ebayでの取引で明らかにこちらに落ち度は無かったのですが、バイヤー側の一方的な言いがかりでチャージバックされてしまった事があります。しかも、商品は返送されません。もちろんそのようなケースは稀では
あるのですが、Paypalも正しく全てを把握出来るわけではないので、何かあった場合には、どうしてもバイヤー寄りになってしまうと認識しておいた方がいいと思います。

銀行間による海外送金とPaypalの違い

 photo 05300000209541125548960986737_zps711aef03.jpg
今回僕が使用したのは三井住友銀行の普通口座なのですが、三井住友銀行では送金されたドルを公表相場のレートに基づいて円に換算し引き出す事が出来ます。このレートがPaypalの手数料と比べるととても安かったです。
為替が1ドルおよそ100円の時で、約99円なので手数料自体はたったの約1%です。その他に被仕向送金手数料という、受取る側が支払う手数料が1500円掛かるのですが、それでもPaypalと比較するとかなりの差に思います。
仮に1万ドルを引き出した場合、実際に口座に振り込まれる金額がPaypalだと934,000円なのに対し、海外送金だと988500円となり、なんとその差は54,500円になります。

そして引き出しにかかる期間ですが、Paypalは3~6営業日となっており、平均して3営業日程度なのに対し、銀行間取引は相手先が銀行で手続きをした2日以内に口座に反映されました。
もちろんこれは、相手先の国や銀行によってもかなりバラつきがあるので、正確な日数等は銀行側でも分からないそうなのですが、先進国同士であれば通常5営業日程度あれば反映されるようです。
ちなみに今回の相手先はスイスの銀行でした。

海外送金の方法

 photo 3573_1_zps3cbeb7c8.jpg
相手先が日本の銀行口座に送金するにあたり、必要な情報が
受取人取引銀行名
SWIFTコード(これは銀行ごとに割り振られたアルファベットのコードです)
受取人取引支店名
受取人取引支店住所
受取人口座名義
店番号-口座番号
受け取り人住所
受け取り人電話番号
です。
以上の内容を英語で先方に伝える必要があります。

まとめ

 photo 521D65E5306E51FA_zps39782836.jpg
今回僕が初めて銀行間取引をして一番に感じたのは、やはり手数料の安さでした。もちろん小額の取引では、被仕向送金手数料がある分Paypalより高くついてしまう場合もありますが、
今回のように高額の取引であればあるほど、手数料も抑えられるので利益も増えるし、何よりPaypalによるチャージバックのリスクが無いので、安心して取引する事が出来ました。
相手先からすれば海外送金をするほうが手間がかかってしますと思うのですが、今後はケースバイケースでpaypalと海外送金を使い分けて行こうと思います!

国際送金

a id=”i10232002955″ class=”detailOn” href=”http://ameblo.jp/9-4/image-10319869843-10232002955.html”>海外販売をしよう!-国際送金

海外から日本への送金手段として、
PayPalなどの決済サービスのほかに
Wire transfer(国際送金)という手段があります。

im affraid waaaaaaa,
(私は心配です。わあああTT)

お客様、大変ご心配の様子。

結果
3日程度で到着しました。

良かった良かった^^