クラウドソーシングを徹底活用して君嶋式の凄さを実感。

140718

つい先日、私のもとに一通の
メッセージが届きました。

> お礼を言うのを忘れていました。すいません。
> クラウドソーシング活用大全集購入後、
> -中略-
>
> クラウドソーシング活用大全集に沿って
> SOHOさんを募集して Nijuyonでの
> 出品をお願いしているのですが、
> 300ほどだった出品数が今日1000を越えました。
> (自分だけでは絶対無理でした・・・。)
>
> -中略-
> もちろん自分なりの課題はまだまだありますが、
> 自分の時間が増えるというのは何事にも変えられません。
>
> というわけで 「 僕もいつかは一人旅。」
> と手帳に書くことにします。
>
> それでは一人旅 お気をつけて!

ということで、非常に満足だった
という御礼のメッセージでした。

すごく嬉しかった。

教材を制作するのって非常に時間がかかるのと
やっぱり作ってて興味があるものじゃないと
中々筆が進まないんですよね。

だから、渾身の力を込めたものしか
教材化をしていません。

そして私自身が一番学習して
活用をしています。

自分を超えてくるノウハウって
なかなかお目にかかれませんから。

で、君嶋さんのクラウドソーシング活用大全集は
どうかと言うと、危険なほど効果がありました。

今ではこのノウハウを元に私も
実際に採用活動を行っています。

集客と同じで採用も一撃離脱。

今回は各クラウドソーシングサイトや
ハローワーク含め、どーんと一括で
募集を行って、100名以上の
応募者が来てしまいました。

その中から選りすぐりの5名~10名を
選抜していくことになるんですが、
何も考えずに募集をするだけだと
正直返事すらできないで放置になって
しまう人が多いです。

しっかりマニュアルを作成して全員採用し、
手順通りに採用フローを予め作っておけば
滞り無く選抜部隊を編成できるということ。

ここまでは当然私も日頃から行っていて
流れ上は活用し、会員のみんなにも
公開はしていたのですが・・。

君嶋さんのノウハウの凄いところは採用後。
パスワードなどの情報も渡していかないと
手離れできないと言い切っているところ。

他、報酬の設定方法なども
群を抜いて大胆なものでした。

さらに、特にメール対応など
返信や対応スピードが重要な仕事には
穴が空いたらいけないので
補充人員を揃えておかないといけないんです。

私の場合は待機になったり辞められるのが
とても辛かったので、少数採用して
脱落者を出さないというところを
重要視してました。

これが私のなんというか、
甘いところだったんですよね。

ところが君嶋さんのチャットワークを
見ると、グループチャットで出入りが
結構頻繁にあって活性化してました。

お客様のことを考えると、
まず迅速に穴がなく対応するのが一番。
お仕事をお任せする人には
大変申し訳無いのですが、依頼される側の人に
翻弄されているようではダメだということ。

その辺りが体制を変更してみて
かなり有効だったと言えます。

また、全員採用した後で能力のある人財に
教育するのは非常に楽で、かつ
成長スピードも早くリテラシーも高い。

それが顧客の利益につながり、
ひいては私達の利益に繋がるということ。

だから即手離れできて、
欠員補充にヤキモキすることも
今ではもう無くなりました。

だからこうやってお仕事をお任せして
旅に出られるということなんですね。
(本当は2日前に出てるハズだったけど 苦笑)

ある程度余裕ができたら
パソコン眺めててもやること無いので
本当に旅行や健康などに気を使って
とにかく外に目を向けることをオススメします。

クラウドソーシングの無料コンテンツは
無料で閲覧できますから、
働かない稼ぎ方を身につけたい方は
是非ご覧下さいね。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/lobv…

君嶋さんはあまりにも正直すぎたので
ちょっとバッサリしすぎじゃないかと
制作時は思ってたものですが、
そのぐらいハッキリ言ってもらったからこそ
一気に構造転換出来ました。

それでは、行ってきます!

SOHOが不真面目になる原因

aseit2

comment_logo ごもっともだね。

SOHOが不真面目になる原因

「SOHOには不真面目な人が多い」

っていうのは、僕らみたいな、SOHOさんを活用する人の定説という感じですよね。

仕事をやってくれないなんて別に普通、

音信不通なんて当たり前。

だから、僕らは頑張って、その石の山からダイヤを見つけるわけですけども、

「そもそも、なぜそんなに不真面目な人が多いのか?」

ということを、考えたことがあるでしょうか。

もちろん、人それぞれのことなので、一概には言えませんし、

SOHOという働き方の性質上、ある程度は仕方ないというところですが、

一つだけ、原因として挙げられることがあります。

それは、

「雇う側も不真面目である」

ということです。